企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『ビジネスガイド』提携

「社外からの 社外への」×「セクハラ パワハラ」対応策

弁護士

岸田 鑑彦(杜若経営法律事務所)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1 パワーハラスメントの外縁

少し前になりますが、財務省の事務次官による女性記者への発言や、レスリングの監督による選手への言動が問題になり、その報道において、「セクハラ」、「パワハラ」という表現が用いられました。

これらは、一つの職場内における人間関係を前提としたセクハラ・パワハラではありません。そのためこれらをセクハラ、パワハラ問題というくくりで捉えてよいのかという疑問が生じます。

この点、言動の是非が問題であり、(職場内を前提とした)セクハラ、パワハラの定義に厳密にこだわらず、セクハラ、パワハラ問題として捉えるべきであるという意見もあるでしょう。逆に、セクハラ、パワハラは、職務上の地位や優位性の利用、業務の適正な範囲を超えるものというように、職場内における人間関係を主に想定し、その防止を従業員に規律していることを考えれば、厳密に定義すべきであり、定義に当たらないものについては、セクハラ、パワハラと表現すべきではないのではないかという意見もあるでしょう。

「社外からの 社外への」×「セクハラ パワハラ」対応策

個人的にはどちらの意見も正しいと思います。社会的に、職場環境的に、法的に許されない行為という意味で用いる場合には、広くセクハラ、パワハラと呼んでも、会社がすべきことに変わりがないからです。

もっとも、実務上は、セクハラやパワハラに該当しないものについてもセクハラ、パワハラに該当すると主張し、会社に安全配慮義務違反の責任追及をしてくるケースもあり、セクハラ、パワハラの外縁はある程度明確にすべきです。

平成30年3月30日に厚生労働省から公表された「職場のパワーハラスメント防止対策についての検討会」報告書(以下、「報告書」という)においても、「相談に来た被害者が一方的な主張をしており、被害者にも非があるのではないかと思われるケースや、調査の結果、被害を主張していた労働者が反対にパワーハラスメントの行為者であったことが発覚したケース、また、客観的にはパワーハラスメントではなかったにもかかわらず行為者とされて退職した者が、企業に責任を追及したケース等、さまざまな事案について示された」との指摘があり、「企業内の相談窓口に寄せられた相談のほとんどが、何らかの感情の動きをパワーハラスメントという言葉に置き換えた相談であり、本当にパワーハラスメントに該当すると思われる相談は全体の1割弱であったという意見も示された」との記載もあるように、ハラスメント対応をする人事担当者としては、セクハラ、パワハラの定義をはっきりさせてもらわないと困るというのも事実です。

本稿のテーマである社外からのセクハラ・パワハラ、社外へのセクハラ・パワハラについても、これをセクハラ、パワハラというくくりで捉えるか否かという議論もありますが、その議論に惑わされず、社内のセクハラ、パワハラとの相違点を整理し、事案ごとにどのような対応を取るべきかを検討するということが先決だと考えます。


この記事は会員限定です。会員登録(無料)をすると続きを読むことができます。
登録10秒!メールアドレスだけで簡単にご登録ができます
会員の方はこちら
次のページ
社内か社外かの違い
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 次のページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事・労務関連コラムのバックナンバー

「社外からの 社外への」×「セクハラ パワハラ」対応策
職務上や取引上の優位な立場を悪用して、相手に身体的・精神的苦痛を 与える社外セクハラ・パワハラ。商取引上の違法性などを鑑み、社内で起きた 場合とは違った視点での...
2018/11/08掲載
障害者雇用 相談事例にみる!企業の“合理的配慮”はどこまで必要か?
法定雇用率の引き上げや雇用義務対象の拡大を受けて、大企業を中心に障害者雇用が進んでいます。一方、障害者雇用をめぐる相談事例も増加傾向にあります。実際の事例をもと...
2018/09/10掲載
【解説】働き方改革で導入が進む?「テレワーク」ガイドラインの変更点と実務対応
2017年度、厚生労働省が開催した「柔軟な働き方に関する検討会」で取り上げられた「テレワークガイドライン」(正式には「情報通信技術を利用した事業場外勤務の適切な...
2018/07/11掲載

関連する記事

懲戒制度の最新実態 解雇の場合の退職金、懲戒解雇と諭旨解雇ではどうちがう?
SNSの普及により、インターネットに関連した懲戒事案なども増えています。 今回は各企業の懲戒制度の内容とともに、解雇における退職金の有無、30のモデル ケース別...
2018/10/03掲載人事・労務実態調査
職場に“会話”はありますか?
何気ない会話のやりとりがポジティブな雰囲気を醸成することで、働きやすさは格段に向上します。今回は、パート・アルバイトとそれを束ねる上司の間の「会話」についての調...
2018/09/19掲載新卒・パート/アルバイト調査
外部機関との連携がポイント!ケーススタディ ハラスメント相談と発達障害
昨今、ハラスメント相談の当事者のいずれかに「発達障害や発達障害傾向」が見られるケースが増加しています。その場合、一般的な措置では問題が終息しないケースが多くあり...
2018/05/17掲載人事・労務関連コラム
マタハラ防止措置義務化。人事が知っておくべきポイントとは?
2017年1月から、マタハラ防止措置義務が事業主に課されるようになりました。これを受けて昨年秋には、都道府県労働局が「全国マタハラ未然防止対策キャラバン」を各地...
2017/06/21掲載編集部注目レポート
人事マネジメント「解体新書」第96回
職場の「ハラスメント」(パワハラ・モラハラ)の予防・対処法
~基礎知識から、予防・再発防止策までのポイントを解説(後編)~
昨今、「パワハラ」「モラハラ」など、職場における「ハラスメント」が急増しており、企業の人事管理上、大きな問題となっている。「後編」では、パワハラ・モラハラ問題に...
2016/06/29掲載人事マネジメント解体新書
次世代リーダー育成に役立つソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

学びを可視化する ビジログ 即戦力を自分で採用ビズリーチ

注目コンテンツ


次世代リーダー育成に役立つソリューション特集

次世代リーダー育成に役立つセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」<br />
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

能力が高くても、ストレスにうまく対応できなければ思うような成果をあげる...


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...