企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

仕事の効率をアップさせる「昼寝」の活用と規定作成&運用

社会保険労務士

奥村 禮司

2. 就業時間中の昼寝を社内制度化する場合に検討すべき内容

(1)社内制度化する際に検討すべき事項

欧州、特に南欧では13時から16時までは「シエスタ」という昼寝時間であることが有名です。何ともうらやましい限りですが、スペインでは、生産性向上のため、「シエスタ」の廃止を検討しているとか。さすがに、3時間は長すぎたようです。

しかし、米国では短時間睡眠の研究が進んでいます。米コーネル大学の社会心理学者、ジェームス・マースは、15~20分の仮眠を取る睡眠法「パワーナップ」を提唱しており、昼寝による作業能率の改善を図る組織がかなり広がってきています。

日本で仕事中に「昼寝」と言うと、「うとうとしてサボってんじゃない!」「気が弛んでいる!」と怒鳴られそうですが、短時間睡眠を認める企業も少し ずつ増えています。大手企業では、社内に昼寝専用の仮眠室を設けている企業もありますし、昼寝専用のベッドやカプセルを置き、時間単位で有料で貸し出して いる企業もあります。また、福岡の学校では、「頭をすっきりさせてから、勉強にのぞむ」として、授業時間の合間に昼寝時間を入れているところもあります。 考えてみれば、15~20分の喫煙時間ならば許されて15~20分の昼寝は許されないというのは、おかしな話です。事故等の予防を考えれば、喫煙の時間よ りもはるかに有意義な時間とも考えられます。

では、実際に昼寝を社内制度化するには、どうしたらよいでしょうか。

まずは、昼寝の効用をいかに理解してもらうかが大切です。特に経営層や年配の社員は、なかなか理解できないことであると思いますので、科学的な根 拠、数字を入れたデータ等により理解してもらい、実験的なところから始めてみましょう。昼寝を社内制度化する際にクリアすべき検討課題は、以下の通りで す。

  1. 昼寝の取得の仕方⇒自由に取得させるのか、上司の承認を得てから取得させるのか
  2. 昼寝の場所⇒自分の机に伏せて寝るのか、応接室等別室で寝るのか、仮眠室を作るのか
  3. 15~20分をどう守らせるのか⇒目覚まし時計を置くのか、個人が保有するアラーム機能付き時計等で自らを律するのか
  4. 昼寝の時間は労働時間とするのか、休憩時間とするのか
  5. 昼寝を取らない・取れない者との相違

筆者は、自分の机の上に枕等を置かせて寝かせるのが良いだろうと考えます。急な眠 りのときに上司の承認を取るのは辛いでしょうし、承認を求めている間に眠る機会を逸してしまう可能性もあります。自分の机で寝ていれば、上司や周囲は「昼 寝」をしていることがわかりますし、15~20分経っても起きないようであれば、起こすことも可能です。

(2)労働時間の管理制度として「休憩時間の自己申告制」を取り入れる

また、昼寝の時間は、明らかに労働時間ではありませんので、その時間分は控除すべきでしょう。そうでなければ、昼寝を取らない人、取れなかった人と の整合性が取れません。しかし、昼寝時間を計る人をわざわざ社内に置くわけにはいきません。そこで、労働時間の管理制度として「休憩時間の自己申告制」を 取り入れてみてはどうでしょうか。

「休憩時間の自己申告制」では、就業時間内に所定の休憩時間のほかにどれだけ休憩時間(例えば、昼寝の時間、もしくは喫煙時間やコーヒーなどの飲食 に要した時間、または仕事以外のことをした時間)を取ったのかを自己申告させ、その時間分は時間外割増賃金の額を計算する際に時間外労働時間から差し引い て支払うというものです。この制度によれば、いままで所定労働時間を超えた分がすべて時間外労働時間としてカウントされていたところ、所定労働時間プラス 自己申告分の休憩時間を超えた時間のみを時間外労働時間としてカウントすることが可能となります。

このとき、所定労働時間労働しても所定労働時間を超えて労働しても、自己申告分の休憩時間に相当する時間外労働時間分は、賃金は変わらないようにす ることがポイントです。こうすれば多くの不平は抑えられます。あくまでも、効率良い仕事をしてもらうために導入する制度であるからです。

少し話はそれますが、会社によっては、「本人が申告する休憩時間が本当かどうかわからない」と言われる会社もあるかもしれません。それは仕組みづく りと、社内文化の問題です。「ズルをしない」という、人間として当たり前の行為を、当たり前にできる文化を持つことです。現に導入している企業はいくつも あります。仕組みとしては簡単です。コミュニケーションの取れている会社とすればいいだけのことです。コミュニケーションが取れている会社に社内制度は、 不正がありません。なぜでしょうか? コミュニケーションがよく取れていると、インフォーマルなネットワークが構築されます。インフォーマルなネットワー クの存在により、お互いをよく知っている状態が生まれます。すると、「ズル」をした場合には会社に居づらくなり、必然的に排除されることとなるため、自然 と「ズルをしない」という牽制機能が生まれるのです。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務関連コラムのバックナンバー

【印鑑レス時代の必須知識】
電子署名、eシール、タイムスタンプの機能と役割、種類別の違い等
電子文書の公的認証制度を整理する
テレワークの増加で、紙文書から電子文書へとペーパーレスへ動きが活発化しています。ここでは、電子文書を扱うための基礎知識を解説。とくに作成者を証明する電子署名、発...
2020/11/16掲載
この事例ではどう判断される?
テレワーク時の労働災害
テレワーク時にどのような労災が生じやすく、また、どのような対策が有効であるか解説します。なお、テレワークの形態では在宅勤務が圧倒的に多いようですので、本稿では在...
2020/09/16掲載
労働関係・社会保険の改正項目を一元整理
令和2年の通常国会に提出された法改正の内容と企業実務への影響について、ビジネスガイドでは、4月号で「雇用保険、労災保険、高年齢者の雇用等の労働関係」の改正、5月...
2020/07/17掲載

関連する記事

職場のモヤモヤ解決図鑑【第6回】
副業解禁したけど、運用が難しい! 労使双方の注意点は?
自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決...
2020/09/24掲載編集部注目レポート
給与計算を効率化するシステム活用のヒント
活用範囲とコストを検討し、導入効果を最大化するサービス選び
給与計算は正確性と効率が求められる業務であり、ミスが許されません。しかし、雇用形態や働き方が多様化している現在、給与計算にかかわる業務はますます煩雑さを増してい...
2020/04/13掲載人事支援サービスの傾向と選び方
人材採用“ウラ”“オモテ”
ハードワーク体験がトラウマに 年収が下がっても日系企業を希望する理由とは
世界的な外資系企業への内定が決まったにもかかわらず、あえて日系企業への転職を希望する求職者。そこにはあるトラウマが影を落としていた。
2019/10/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
定着と労働条件の微妙な関係
パート・アルバイトとして働く1,600人への最新の調査によると、約4割が転職意向を持っているということがわかりました。空前の採用難時代。従業員の勤続意向を高め定...
2018/11/12掲載新卒・パート/アルバイト調査
「働き方改革」推進に向けての実務(3)労働生産性の向上
「量」から「質」へと評価軸を転換し、高い生産性を実現するための課題と取り組み例を紹介する。
2017/03/31掲載よくわかる講座

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「2010.4 改正労働基準法」施行を前に、<br />
人事担当者が考えておくべき「人事管理システム」とは?

「2010.4 改正労働基準法」施行を前に、
人事担当者が考えておくべき「人事管理システム」とは?

来る2010年(平成22年)4月1日、いよいよ「労働基準法の一部を改正...


管理職1年生日記 (第3回)

管理職1年生日記 (第3回)

ほとんどの会社では、新任管理職を対象とした「管理職研修」を行っているこ...