無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

職場のモヤモヤ解決図鑑
【第18回】シニア社員のモチベーション低下は、どうしたら解決できる?[前編を読む]

職場のモヤモヤ解決図鑑

自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決のヒントをお送りします!

吉田りな(よしだ りな)
吉田 りな(よしだ りな)
食品系の会社に勤める人事2年目の24才。主に経理・労務を担当。最近は担当を越えて人事の色々な仕事に興味が出てきた。仲間思いでたまに熱血!

定年後の就業制度を準備する吉田さん。社員との会話から、定年後に働くモチベーションを維持することに課題があると気づきます。働く理由も状況も人それぞれ。シニア世代にパフォーマンスを発揮してもらうために、人事はどんな取り組みを行えばいいのでしょうか。

シニア世代の「躍進」に必要な五つの行動特性

シニア世代は、若手社員とは異なる「モチベーション低下」に直面します。役職定年や定年再雇用の後は、自らの強みを生かせるポストにつけるとは限りません。また、今以上の昇進・昇給も、簡単にはできないでしょう。このような状況から、仕事のやりがいや意義を見つけられず、気持ちが停滞していきます。

立教大学 経営学部 助教の田中聡さんは、ミドル・シニア世代がいきいきと働き続けるには、次の五つの行動特性が必要だとしています。

ミドル・シニア世代がいきいきと働き続けるための五つの行動特性
1. 仕事を意味づける 自分にとってのやりがいや社会的意義という観点から仕事の意味を捉え直すこと
2. まずやってみる 失敗を恐れずに、新しい仕事や役割に積極的にチャレンジしようとすること
3. 学びを活かす 仕事経験を振り返り、そこで得た教訓を自論化して次の場面でも適応しようとすること。行動しっぱなしにせず、経験からの学びを振り返る
4. 自ら人と関わる 関わる人の範囲を限定せず、積極的に多様な人と関わり、異なる主張や意見を引き出す役割を果たすこと
5. 年下とうまくやる 年下の仕事相手とも年齢差を気にすることなく、対等なパートナーとして仕事を進めようとすること

参照:労働力不足を乗り越え、人材の活性化を実現「ミドル・シニアの躍進」を実現するために人事が行うべきこととは

シニア世代は経験があるからこそ、若手のような怖いもの知らずのチャレンジが難しくなります。しなやかにキャリアを続けるには、経験から得た学びを抽象化・持論化して現場に適用する応用力や、環境に合わせて変化する対応力が求められるのです。

人事ができるシニア世代活性化の施策

シニア世代を活性化させるために人事ができる取り組みとして、社員に自身のキャリアを考えてもらうための機会づくりや、彼らを部下に持つ「年下上司」へのマネジャー教育などが挙げられます。

シニア社員とのキャリア面談の実施

「モチベーションが低下している」と言われがちなシニア社員に向き合い、改善行動を促す施策に、キャリア面談があります。たとえば、NTTコミュニケーションズでは、人事が3年間でのべ1000人もの社員と「キャリア面談」を行い、50代社員のモチベーション向上にチャレンジしました。

面談の対象となる社員は、まずキャリアデザイン研修を受講。これをきっかけに「今後のキャリアビジョン」を真剣に考えてもらいます。面談では本人の理想のキャリアを聞き、実現するための短期目標を決めます。人事は、面談後も社員をフォロー。一緒に決めた目標に向けて行動しているかどうかを見守ります。また、本人の直属上司にも面談内容を共有し、「どのように接するといいか」をアドバイス。現場をきちんと巻き込んで、シニア社員の活性化に取り組んでいます。

年上の部下をマネジメントするためのマネジャー教育の整備

シニア世代のモチベーションには、研修・面談や、評価制度の整備といった人事からの働きかけだけではなく、直接の上司からのマネジメントがパフォーマンスを左右します。

シニア世代の上司の多くは、彼らより年下です。上司の中には、年上の社員のマネジメントに戸惑う人も少なくありません。年下上司が他の世代と同じようにシニア世代に接し、適切なマネジメントを行えるよう支援するのは、人事が取り組める施策の一つです。

20代・30代の若手層へのキャリア研修の提供

キャリア自律を促すという観点では、シニア世代だけでなく、20代・30代の若手層への働きかけも必要です。彼らがシニア世代になったとき、どのような現実に直面するかを伝えることで、キャリアを会社任せにせず、「自分がどう働きたいか」を考えるキャリアのオーナーシップの意識を育みます。

シニア世代を活かす企業の取り組み事例

ここからは、実際に企業が行っている、シニア世代の活性化施策事例を紹介します。

サトーホールディングス「あなたと決める定年制」

サトーホールディングスは、役職定年をきっかけにした社員のモチベーション低下に悩まされていました。役職定年後によって、仕事内容は変わらないまま賃金が下がり、社員が「引退モード」になってしまったのです。そこで、「年齢に関係なく、やる気があればいつまででも働ける」ことを最終目標に制度を見直しました。65歳以降の雇用更新制度として「あなたと決める定年制」を導入し、役職定年を56歳から60歳へと引き上げました。

これにより、社員の意識が「まずは60歳まで走り切ろう」という方向に変わりました。60歳以降は役割を大きく変えて給与を減額する、または役職を継続して減額もしないという新たな選択肢を設けました。

ソニー「キャリア・カンバス・プログラム」

ソニー「キャリア・カンバス・プログラム」

ソニーでは、「自律」をキーワードにしたキャリア支援施策「キャリア・カンバス・プログラム」を展開しています。社員が主体的に自分のキャリアを広げ、100年の人生を楽しく生きるライフプランを構築することが狙いです。

「キャリア・カンバス・プログラム」には、「新しい分野への挑戦を促す」「キャリア形成を支援する」を軸に、複数の施策が盛り込まれています。例えば、新たな分野への挑戦をサポートする「キャリアプラス」では、業務時間の2~3割を利用して、他部署の仕事を兼務できます。シニア社員が、若手社員のアイディアを具現化するサポートをしたり、全社プロジェクトの運営に手を挙げたりするなど、得意分野を生かし、挑戦したい人とプロジェクトをマッチングさせるために機能しており、シニア世代が新しい一歩を踏み出すきっかけとなっています。

サントリー「お節介おじさん・おばさん」

定年をいち早く60歳から65歳に引き上げ、2020年4⽉には70歳までの再雇用制度を導入したサントリーでは、「隣のおせっかいおじさん・おばさん(TOO)」がシニア世代の多様なキャリアを構築する有力候補となっています。

TOOは、会社公認の「職場の相談相手」。人望厚く人助けが好きなシニア社員から人事部が指名。TOOになった社員は、若手社員や異動者と定期的に面談を行い、仕事や人間関係の悩みを聞きます。コロナ禍での在宅勤務では、若手社員だけでなくテレワークで孤独を感じる中高年にも電話やオンラインで元気づけるなど、職場のコミュニケーションの課題に対応。もともと愛社精神が強く離職率が低い同社での、シニア世代が活躍できる受け皿となっています。

参考:
2021年2月15日 日本経済新聞 電子版
サントリー「お節介おじさん・おばさん」、職場救う

【まとめ】

  • シニア社員が活躍するには、学習能力や適応力を身に着けることが求められる
  • キャリア研修や面談で、シニア社員が自らキャリアを考えるきっかけをつくる
  • 年下上司や若手社員への働きかけも、シニア世代の活性化につながる
職場のモヤモヤ解決図鑑【第17回】 70歳まで働ける職場へ。待遇や健康面、シニア活用で人事が考えるべきことは?

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

編集部注目レポートのバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
出向起業
玉突き人事
トランジション
副業
セルフ・キャリアドック
キャリア形成支援制度
同一労働同一賃金推進法
バリキャリ・ゆるキャリ
スポンサーシップ制度
配偶者転勤休業制度