企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

人材確保のために他社より高い採用時の賃金設定はどこまで有効か?

小野山哲朗(おのやまてつろう)

パート・アルバイトの人件費は増えたか?

平成24年版『パ-トタイマ-白書』で、企業に対し、「パ-ト・アルバイトの人件費について、以前と比べどのようになった」かを聞いたところ、以下の結果になりました。

「割高になった」4.1% 「どちらかと言えば割高になった」23.7%「どちらとも言えない」58.4%「どちらかと言えば割安になった」12.1% 「割安になった」1.7%

■パート・アルバイトの人件費

「割高になった」「どちらかと言えば割高になった」が合わせて27.8%と約3割。「どちらとも言えない」が58.4%となっています。さらに、「割高になった」「どちらかと言えば割高になった」と回答した企業に、そのように感じる要因を聞いたところ、最も多かったのは「最低賃金の上昇」62.0%、次いで「人材確保を容易にするための他社よりも高い賃金設定」42.0%、「パ-ト労働法改正による均衡処遇等の実施」40.0%を挙げています。

■パート・アルバイトの人件費が「割高になった」と感じる理由〈複数回答〉

ここで注目したいのは、42.0%の企業が割高の要因にあげている「人材確保を容易にするための他社よりも高い賃金設定」。要するに、人が採用できないた めに募集時賃金を上げたことによる人件費の上昇です。これは企業にとって、果たして有益と言えるでしょうか。平成23年版『パ-トタイマ-白書』で以下の ような調査結果があります。

賃金以外に自身の働きぶりに反映されているものは?

パ-ト・アルバイトに、現在の勤務先において、「賃金」以外に自身の働きぶりによって変化するものはあるかと聞いたところ、「ねぎらいや励ましの声かけ」23.4%、「担当業務の範囲」20.0%、「契約更新の有無」15.0%という回答がある一方、「変化するものはない」が47.1%と、自身の働きぶりが何にも反映されていないとする回答が半数近くに上っています。

■基本賃金・賞与以外に、自身の働きぶりで変化するもの〈複数回答〉


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

新卒・パート/アルバイト調査のバックナンバー

採用面接経験者の98.4%が悩み「あり」
「採用面接でのあなたの悩み・課題は?」というテーマでアンケート調査を実施した ところ、悩みの原因の上位3位に共通する課題が浮かび上がってきました。 採用面接の現...
2019/09/19掲載
平成は非正規雇用拡大時代~パート賃金クロニクル~
パート・アルバイトの時給は、平成という時代の中でどのように変化してきたのでしょうか。非正規雇用に着目し、時代背景を踏まえつつ振り返ってみました。
2019/08/19掲載
子どもの夢は親次第?
「子どもたちに大人の“働く”姿がどのように写り、自分たちの将来に向けた職業・就労観にどんな影響があるのか」に関するデータを紹介します。
2019/06/20掲載

関連する記事

カギは「企業の繁栄」と「労働者の幸せ」の両立
組織の強みを引き出す、法との向き合い方
慢性的な長時間労働に歯止めをかける時間外労働の上限規制、雇用形態によらず仕事内容に見合う待遇を設ける同一労働同一賃金、そして、企業が職場のパワーハラスメント防止...
2020/07/08掲載編集部注目レポート
同一労働同一賃金の施行直前、約7割が対応不十分
『日本の人事部 人事白書2020』から、同一労働同一賃金の対応状況についての調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート
2019年度 部長・課長・係長クラス・一般社員のホワイトカラー職種別賃金調査
~13職種に見る最新実態と諸格差の動向~
グローバル化の進展等に伴い、役割給・職務給に代表される仕事基準の人材マネジメントを志向する企業が、徐々に増えつつある。 こうした動向を踏まえて労務行政研究所で...
2020/06/12掲載人事・労務実態調査
本誌特別調査 2019年度 モデル賃金・年収調査
上場企業を中心とした各社の定昇・ベアの実施状況や賃上げの配分状況、モデル賃金、年収・賞与の水準等について
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所では1967年から毎年、全国の上場企業を中心に「モデル賃金実態調査」を実施している。本稿では2019年度の集計結果から...
2019/12/16掲載人事・労務実態調査
定着率が高くても、注意が必要なワケ
採用難の状況にあって、従業員の定着は大変重要な課題です。 平成29年版パートタイマー白書によると、9割以上の企業が、パート・アルバイトに 長期継続して勤務してほ...
2019/04/17掲載新卒・パート/アルバイト調査

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...


ピンチをチャンスに。<br />
新型コロナウイルス対策を機に中小企業も時代を見据えた働き方へ

ピンチをチャンスに。
新型コロナウイルス対策を機に中小企業も時代を見据えた働き方へ

働き方改革が進むなか、2020年4月から施行された中小企業の時間外労働...