企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】キュウヨコウカイセイ 給与公開制

従業員に支払われる給与は、一般的に各社の給与テーブルによって決められます。しかし、どの程度評価をされればどれだけ給与がもらえるのか、従業員に給与テーブルをはっきりと示していない企業は多いでしょう。一方で近年は、給与テーブルの完全オープン化を試みる企業が現れ始めています。給与額を公開する狙いは、不公平さの解消と透明性の確保により、納得感のある評価制度を作っていくこと。米国でも社長や役員を含め、全従業員の給与額を公開するという潮流がありますが、それによって従業員のパフォーマンスが上がったという成功事例も出ています。
(2019/2/28掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

給与公開制のケーススタディ

全従業員の給与額の見える化は
本当にパフォーマンスを上げるのか?

引き抜きなどによる転職が一般的な米国では、1年ごとに自ら年収を交渉するなど、日本より給与への考え方がドライな傾向があります。一方、「お金の話をすることは美徳ではない」という考え方のある日本では、入社後の給与額を明示していない企業も少なくありません。しかし近年、日本でも給与額を公開し、給与の不公平感をなくしていこうという取り組みが進みつつあります。

2014年、ユニクロを運営するファーストリテイリングが「年収テーブル」の一般公開に踏み切りました。新卒採用向けのコンテンツで、等級ごとにどれくらいの給与を得ているかを示したのです。上位に行けば行くほど、会長や役員の年収が分かるため、実質的に経営層が自らの年収額を提示したかたちになりました。広告を見た人たちからは「給与が安い会社だと思っていたが、アパレル業界の中ではずば抜けている」などといった声が寄せられ、大きな話題に。採用広報の意味でも成功した事例といえるでしょう。

また、GMOインターネットでは、給与テーブルと等級を従業員に公開し、誰でも同僚や上司の給与額を確認できるようにしています。同社では給与の公開とともに、360度評価も実施。周囲からの評価が給与に見合っているのかを測ることで、給与の妥当性を高めています。公開された給与が従業員の不満につながらないよう、納得感のある評価制度を整えているのです。

給与額を公開するメリットは、透明化によって適切な評価を行えるようになること。さらに、将来的な給与やキャリアをイメージしやすくなることが挙げられます。また、評価の妥当性が高まることで、従業員はオーナーシップや責任感を持って仕事に臨むようになるでしょう。

一方で、納得感のない給与設定はかえって従業員からの不満につながるため、人事担当者は評価をきちんと設計しなおす必要があります。また、給与額はプライベートなもののため公開してほしくないといった意見もあります。年功序列型の賃金体系がまだまだ根強い日本で、給与公開の取り組みは浸透していくのでしょうか。今後の動向が注目されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

給与前払い
従業員が要望した場合に、実際の給与支払い日よりも早く給与が支払われる、給与前払いサービス。労働基準法で禁じられている「前借」ではなく、実際に働いた分の中から、一定の金額が先に支払われます。アルバイトやパートの福利厚生として導入する企業が多く、応募数の増加や離職率の低下に貢献しています。 (2018/...
家族手当
配偶者や子供のいる社員に対して、基本給とは別に支給される手当です。会社によって金額に違いがありますが、配偶者に1万円程度、子供(1人)には5000円程度が支給されるケースが多いようです。欧米の企業では給与は基本給が主体で、家族手当にあたるものは見当たりません。日本独特のシステムと言えそうです。
水平的評価
上司が部下に評価を下す「垂直的評価」に対して、同等の組織階層に属する従業員相互が評価者、被評価者となって評価しあうことを「水平的評価」と呼びます。この手法を考課方式として単独で用いることは少なく、導入している企業などではあくまでも垂直的評価を補完するために、一人の被評価者を直属の上司だけでなく複数...

関連する記事

「給与計算」とは
企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソー...
2011/08/30掲載人事支援サービスの傾向と選び方
「給与計算代行」の利用メリット
企業を取り巻く環境が変化のスピードを増している現代。企業にとって、欠かせないサービスとなりつつあるのが「人事給与業務の戦略的アウトソーシング」=「給与計算代行」だ。
2010/09/24掲載人事支援サービスの傾向と選び方
いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)
日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増している。今後、企業運営の根幹を担う人事部には、さらに効率的・戦略的に業務を進めていく姿勢が求められるだろう。
2009/09/18掲載注目の記事

関連するQ&A

給与制度変更時の移行措置の計算について
給与制度の変更に伴い、給与が下がる際に、移行措置(激変緩和措置)をとる場合がありますが、その計算方法は次の事例の内容でよいのでしょうか。ご教示願います。 (例)給与制度変更前給与 34万円→給与制度変更後給与 30万円(4万円ダウン)→変更1年後給与 29万円(評価が下がり1万円ダウン) 2年の移...
評価制度、給与改定について
評価面談を経て、給与改定を検討をしています。 (給与改定は年1回です) 給与改定通知+フィードバック面談を実施予定です。 ほとんどの社員は給与があがったりするのですが、 ただ、入社して半年の人などは、給与は据え置きで変わらないです。 その場合は、給与は変わらないということを伝えるには、 どのよう...
給与テーブル改定について
お世話になります。 現在、給与テーブルの改定案を作成中です。 ※賃金が下がることはございません。 例えば9月1日から新しい給与テーブルにした際、9月1日から従業員の給与は新しい給与テーブルの賃金に変更すべきでしょうか。 出来れば次の昇給までは現在の給与テーブルの賃金を維持して、昇給時から新しい...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人事制度 ]
分類:[ 報酬 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

QUICK REPLY

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは
new

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...