企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

子の看護・介護休暇の時間休取得と有給休暇との併用等について

標記の件も含めてご教授ください。
これまで出ている回答も確認のうえ、そこになかった項目についてお願いします。

①看護も介護も時間休での取得ができますが、5日または10日の日数全てにおいて時間休の取得を希望する場合は、対応するということでよいでしょうか。(年次有給休暇は5日間との縛りがありますが、看護介護休暇は無給であるので日数の制限は設けていないと考えています。)

②上記の時間休を取得する場合、労使協定において、他の休暇(例えば年次有給休暇の半日休や時間休)との併用を認めないとする労使協定を締結することは問題ないと考えてよいものでしょうか。
幾つかの休みの取り方を併用されると、勤怠の管理が煩雑になり管理や給与計算時の誤りの基になってしまう恐れがあるためです。
看護休暇の取得は、突然の子どもの熱発等によって取得するケースが多く、規則上に事前申請を記載していても実際は当日取得が多く見られます。
これまでは1日または半日の取得で、労使協定にはありませんでしたが、年次有給休暇との併用は一切認めておりませんでしたが、時間休まで導入されてくると、明確に労使協定の締結が必要ではないかと思いました。

③時間休の時間について、取得する時間の幅の制限はできないとの認識で間違っていないでしょうか。
常勤8時間の場合、極端なケースで1時間勤務して7時間取得するケースも出てくることが懸念されます。本当にやむを得ない事由であれば仕方ないですが、そうでない場合は他の職員にしわ寄せがきます。
1回程度であれば良いですが、何度も取得されると現場の士気も下がりますしトラブルの元にもなり兼ねません。日数の限度はありますが、このような場面を想定した場合に備えることはできないと考えてよろしいでしょうか。

長文になり申し訳ありませんが、宜しくお願いします。

投稿日:2020/11/02 15:01 ID:QA-0097970

南の鷹さん
熊本県/医療・福祉関連

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、①につきましては、日数上限(1人で5日、2日で10日)は変わりませんが、時間単位取得自体の上限は設けられていませんので、各々5日、10日までであれば差し支えございません。

②につきましては、労使協定による定めが可能になるのは時間単位取得対象からの除外であって、時間単位取得自体について制限を設ける事は法定休暇である以上原則として出来ないものと考えられます。よって、③についても制限は出来ないものといえます。

投稿日:2020/11/02 20:21 ID:QA-0097982

相談者より

服部先生
いつも有難うございます。
②についてはやはり制約難しいですね。勤怠管理を徹底して、ミスが生じないよう努めていきます。

関連してもう一つ質問させていただきたいのですが、看護介護休暇の許可については、年次有給休暇申請後に、後日変更の申し出がある場合は認めなくても問題ないでしょうか。
たまに、届出の変更希望があり困ることがあります。
これについては、労使協定に記載するほどではないと考えます。
宜しくお願いします。

投稿日:2020/11/03 17:51 ID:QA-0097991大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

「看護介護休暇の許可については、年次有給休暇申請後に、後日変更の申し出がある場合は認めなくても問題ないでしょうか。」
― 一旦年休として付与を認められている以上、これを別の休暇に変更される義務はございません。

投稿日:2020/11/03 22:35 ID:QA-0097992

相談者より

服部先生
有難うございます。

今後とも宜しくお願いします。

投稿日:2020/11/05 20:32 ID:QA-0098067大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
4週4日を取得できない場合の対応
休日については労基法で4週4日が定められていますが、例えば4週で2日しか休日を取得できなかった場合、残りの2日は休日勤務として割増賃金(35%)を支払うというのは問題ないのでしょうか? それとも何が何でも4週4日を取得しないといけないのでしょうか? 初歩的な質問ですみません。
有給一斉取得時の給与に付いて
今年度有給一斉取得を4日実施しています。 途中入社の方は、有給が無く一斉取得日にあたった場合、その分の給与は支給しないといけないのでしょうか。
代休の取得時間について
当社では、休日労働だけでなく、時間外労働が50H/月を超えた場合でも、代休を取得することができます。 そこで、もし社員が代休を取得した場合、三六協定上の時間外労働としてカウントする時間から代休取得分の時間をマイナスすることはできるのでしょうか。 ご教示の程宜しくお願い致します。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 会社は社員の「資格取得」をどこまでサポートしてくれる?
    働く社員の側にとっても、自己のキャリアアップにつながる資格取得に会社が何らか援助してくれることは大歓迎だと思いますが、では実際にその援助は今、どこまで進んでいるのでしょうか。企業の資格取得援助をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
  • 「休み方」をどう考える?――年次有給休暇を中心に
    働き方改革関連法によって年5日の有給休暇取得が義務付けられたことで、「休むこと」に大きな注目が集まっています。 休み方に関しては、「企業が用意する制度」と「従業員の生活」という二つの視点から考えなければなりません。本記事は「法定休暇」「法定外休暇」に関する制度、特に「有給休暇」についての情報をまと...
  • 有給休暇取得日数の増加が3社に1社 HRテクノロジー導入による従業員への効果・影響は
    HRテクノロジーを活用・導入したことで、自社の従業員にどのような影響があったのかを聞きました。それによると、有給休暇取得日数の増加が35.6%と最も多い結果となりました。
あわせて読みたいキーワード
有給休暇
2019年4月から、労働者に対して年5日の年次有給休暇を確実に取得させることが使用者の義務となりました。有給休暇は、労働者の働き方を考える上で大変重要ですが、使用者側からは「取得時季を変更させたい」「有給休暇取得時の理由を聞いてもよいのだろうか」といった声も聞こえてきます。ここでは、現場からの疑問や...
時季指定権
「時季指定権」とは、労働者が年次有給休暇をいつ取得するか、その時季を指定できる権利のことです。日本では労働基準法に基づき、従業員に時季指定権が付与されています。したがって従業員が本権利を行使して年次有給休暇を請求する場合、使用者は原則として従業員の指定する時季に有給休暇を与えなければなりません。ただ...
出生時両立支援助成金
「出生時両立支援助成金」とは、男性従業員が育児休業を取得しやすい制度の導入や職場風土醸成の取り組みを行い、実際に男性従業員がその制度を利用して育児休業を取得した企業に支給される助成金で、「イクメン助成金」とも呼ばれています。仕事と育児の両立を望む男性と両立支援に取り組む事業主を後押しするために、20...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 タレントパレット
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/22
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。