企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

ホテル深夜の仮眠、当直扱いについて。

現在勤めてるのホテル夜勤の勤務時間が下記の通りとなっております。

19:00・・・出勤
24:00~6:00・・・仮眠休憩
9:00・・・退勤
深夜手当が避けたいので、こんな感じで勤務してます。

お伺いしたいは労働場所とは別の仮眠室で6時間の仮眠休憩を付与しており、
24:00~6:00の仮眠休憩は自由時間という認識でよろしいでしょうか?
ただし、仮眠休憩中は労働から解放されていますが、
ホテルという場所柄、火災等が起こった場合は、責任者として対応しないといけません。

上記の点を踏まえ、当社が「仮眠休憩」と称しているものは、
労働基準法上の「休憩」として取り扱って問題がないのか?

時間外、深夜割増手当は、労基法とおりに支払っており、上記3の対応があった場合は、
時間外勤務として賃金を支払っています。
ただし【当直(宿直)手当】は、支払っていません。
理由としてはあの時間帯は「休憩時間」、当直(宿直)手当ではありませんって言われました。

②以上が条件となりますが、【当直(宿直)手当】を別途支払わないのは、違法となるのでしょうか。


2点お伺いしたいです。
ご回答いただければ幸甚です。よろしくお願い申し上げます。

投稿日:2020/09/12 09:48 ID:QA-0096691

シブヤTGPさん
東京都/旅行・ホテル

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

手待ち時間

①休憩ではなく、業務発生に備えて待機している手待ち時間ですので問題あります。
②労働時間に給与を支払わないのは違法です。完全に用務から開放された休憩と、いつ用務が発生しても対応できる体制は全く別物です。

投稿日:2020/09/14 16:32 ID:QA-0096727

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、待機時間、すなわち業務が発生すれば対応を求められる時間であれば、原則としまして休憩ではなく労働時間と同じ扱いになります。

しかしながら、火災のような非常事態への対応であれば、休憩中であるか否かに関わらず対応する事が不可避ですので、そうした特別な事態以外に対応する義務が無い時間でしたら、休憩として取り扱われる事で差し支えございません。文面を拝見する限り、当事案についてもこうした取り扱いが可能といえるでしょう。

そして、当直(宿直)手当の支払いが義務付けられるのは、断続的業務としまして時間外等の割増賃金を支給されない場合に限りますので、当事案につきましては支払いが無くとも差し支えございません。

投稿日:2020/09/14 17:44 ID:QA-0096728

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

①仮眠時間については、裁判例でも個別判断がくだされ、労働時間、休憩両方ありますので、即答はいたしかねますが、火災等が起こった場合は、責任者として対応しないといけませんということであれば、手待ち時間とされる可能性が高いといえます。

②宿直かどうかは、労基署の許可が必要となります。現地調査等で宿直と認められれば、日当の1/3以上の宿直手当を支払えばいいということになります。

待機時間なのか宿直なのか、休憩なのかということになります。

投稿日:2020/09/15 15:05 ID:QA-0096753

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

6時間の仮眠休憩時間が労働から解放された時間であれば自由時間という認識で差し支えなく、休憩時間として取り扱っても大丈夫です。

万が一、休憩中に火災等が起こった場合に責任者として対応しなければならないのは、別にホテルに限ったことではなく、現実に火がでているのに、あくまで休憩中だからという理屈は通用するものではなく、緊急時の対応と捉えることで別段問題はございません。

本事例におきましては、当直(宿直)手当は支払う必要はないでしょう。

投稿日:2020/09/16 08:28 ID:QA-0096767

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/20
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアのスキルの細分化、高度化が進み、人事が知りたい「実務力」...