企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

永年勤続者に渡した旅行券

当社永年勤続規程で一定の勤務年数を重ねた職員に旅行券を渡しています。
原則 課税処理ですが、一定の条件下 非課税処理もできることになっています。その中で、旅行券を渡してから、1年以内に実際の旅行を行い、その後に領収書や所定の報告書を会社に提出することで非課税処理とすることができるところまでは理解しています。
しかしながら、新型コロナウイルスの影響で 非常事態宣言が発出され 外出もままならない状況下が続き、当社の旅行券を受け取った職員も一旦計画した旅行をキャンセルすることになっているようです。もっと早く 旅行に行っていれば良かったのですが、この時期に予定していたため、もうすぐ一年を迎えようとしています。
残念ながら、今回の事態に対応するような特例は出ていないようなのですが、この場合は課税処理を受け入れざるを得ないのでしょうか?
また、課税処理についてですが、こういったケースでの課税処理は、いつ どのようにして行うのが正しいのでしょうか。(たとえば、一年経過時点での給与支給での課税処理ですか?)
または、今回二ヶ月くらいは、使用が遅れても黙認されるという事は、ないですか?

投稿日:2020/05/08 10:01 ID:QA-0092960

スミタケさん
東京都/不動産

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

税務の専門ではありませんのでわかる範囲で回答いたします。
「1年以内の使用」であれば非課税とされますので、それができないのであれば会社が回収して、事態沈静化後に再度支給したりする手もあります。それが無理であれば課税されますが現金支給などにするでしょうか。
税務に詳しくありませんが、対象となる要件を満たしたところで課税ではないでしょうか。税務署への確認をお勧めいたします。例外措置などは掲示板での回答はできかねますことご理解下さい。

投稿日:2020/05/11 11:55 ID:QA-0093016

相談者より

ありがとうございました。自分で調べた内容と同じでした。税務は、相談しても法律自体が存在している以上 否定的な回答しかもらえず 課税処理を行うしかないかと思います。

投稿日:2020/05/13 10:37 ID:QA-0093101参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

可児 俊信
可児 俊信
株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

永年勤続旅行の延期

①課税タイミング
 支給後、1年経過しても旅行したエビデンスがない場合は、その時点で給与として課税します。
 本来の給与に合わせて源泉徴収します。
②対応
 税務署に相談するのが良いと思いますが、税務署も立場上簡単に特例は認めにくいと思います。
 よって、使っていない旅行券をいったん回収して、コロナが落ち着いたら改めて支給し、そこから1年以内に使用させてはいかがでしょうか。税務署も1年以内に使用することになるため、認めやすいでしょう。
貴社としては、永年勤続規程に特則をつけ、「支給の時期が不適切な場合は、支給を延期できる」といった文言を追加すれば、いかがでしょうか?
 こうした対応をすることで税務署に相談されてはいかがでしょうか?

投稿日:2020/05/12 08:19 ID:QA-0093064

相談者より

規程の改定も 当社においては取締役会の決議が必要となるなど 実務的ではないので 今後の為に
規程を見直すつもりですが、今回の事態では
課税処理やむなしかと判断しました。ありがとうございました。

投稿日:2020/05/13 10:39 ID:QA-0093103参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

計画を再仕切りしては如何が・・・

▼新型コロナウイルスがどう影響するか分りませんが、非課税要件の一つに、「旅行の実施は、旅行券の支給後1年以内であること」いうのがあります。
▼仮に、計画を再仕切りするなら、一旦、返却して貰い、(キャンセル料が発生するかも知れませんが・・)一旦、原状に戻し、本人希望を聞いた上で、改めて、交付しては如何でしょうか・・・。

投稿日:2020/05/12 13:40 ID:QA-0093081

相談者より

旅行券を受け取った職員毎に状況が異なり、
旅行券の返品は行わないケースや旅行券自体を
自分で持っている等の異なった事態にあるため
公平を期すため、期限までに使用すること 及び
期限を越えたら 課税処理を行う旨 通知しようと思います。ありがとうございました。

投稿日:2020/05/13 10:43 ID:QA-0093105参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

人事リーダー育成講座
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/20
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて<br />
~企業は何に取り組むべきなのか?

「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて
~企業は何に取り組むべきなのか?

近年、長時間労働の是正や育児支援制度の導入など、企業の「ワーク・ライフ...