企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

福利厚生制度の変更について(寮関係)

はじめまして。

今般のコロナウイルスの蔓延により、企業としての利益確保を上位より求められております。

当社は製造業であり、多くの契約社員を雇用しています。
その契約社員向けの福利厚生制度に「会社が借り受けたアパートを本人負担9500円で水道光熱費無料で借りられる制度」があります。

質問①
水道光熱費はいくら使っても9500円なため、気にせずに1人で40000円近く浪費している従業員も現実にいます。
こういった会社負担を減らすべく、青天井の本人負担額9500円というものを13000円までは会社負担、以降は自己負担という制限を設けることは不利益変更にあたりませんか?

質問②
既存の従業員は上記の対応を行い、新規に採用をする契約社員に関しては「水道光熱費は全額本人負担」に変更、同じ契約社員でも異なった福利厚生制度を適用することは可能でしょうか?

何卒ご回答をよろしくお願いいたします。
以上です。

投稿日:2020/05/01 11:30 ID:QA-0092725

まむB-G-Oさん
愛知県/輸送機器・自動車

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答5
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

①について
 4万円使ってる社員からすれば不利益変更とはなりますが、他の社員の使用状況、コロナウイルス状況を踏まえ見直すことは、不合理とはいえないでしょう。

②について
 既得権ということでもありませんので、不公平感が生じないよう、同じ待遇とすべきでしょう。

 例えば、全額自己負担とし、水道光熱手当1万円など考えられます。

投稿日:2020/05/01 15:11 ID:QA-0092737

相談者より

可児様

早速のお返事につき誠にありがとうございました。
社内でも高すぎる!という声が上がっており、背中を押して頂けて大変心強いです。

新ルールの件に関しては2つの意見がございましたので、周囲の企業や同業他社等比較をし妥当性の高いものを検討したいと思います。

ありがとうございました。
引き続きよろしくお願いいたします。

投稿日:2020/05/01 17:10 ID:QA-0092750大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

可児 俊信
可児 俊信
株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

自己負担額の増額

労働条件の不利益な変更は、労組または従業員全体の合意を得る必要があります。えられなくて不利益変更をする場合、
①労使間で十分話し合った
②変更の理由に合理性がある
③不利益が軽微である
④変更内容は相当である
ということが求められます。

本件では、仮に13000円あれば通常の社員であればおおむね水光熱費をまかなえる、ということであれば、その変更は合意を得られるのではないでしょうか。合意が得れれなくとも②③④の要件は満たすと考えられます。
よって13000円でカバーできる程度を過去の実績から調査されて、社員に説明されてはいかがでしょうか?

今後入社する社員に新ルールを適用するのは不利益変更ではなく問題ありません

投稿日:2020/05/01 16:10 ID:QA-0092742

相談者より

可児様

早速のお返事につき誠にありがとうございました。
標記の金額は過去数年間の実績に基づくものであり、十分賄い切れる額と認識しております。

新ルールの件に関しては2つの意見がございましたので、周囲の企業や同業他社等比較をし妥当性の高いものを検討したいと思います。

ありがとうございました。
引き続きよろしくお願いいたします。

投稿日:2020/05/01 17:06 ID:QA-0092749大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

①不利益変更になると思います。ただし地域性など特殊な事情がなければ自ずと適性金額はあり、¥13,000がそうかどうかは判断できませんが、客観的に不合理でなければ十分ナ説明と、移行期間など設けることで合意は得られるのではないでしょうか。
②可能ですが、既得権を徐々に減らすことも可能ですので、①を時限措置にする(当然年単位の移行期間が必要)など合わせてけんとうされてはいかがでしょうか。いずれにしても人手不足や人材獲得困難性など、状況で判断すべき問題で、こうした制度なくとも人を集められるのであれば、経営効率化で見なすのは当然と思います。意向には数年単位で取り組むなど、トラブル防止を心がけて下さい。

投稿日:2020/05/01 18:24 ID:QA-0092752

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

福利厚生制度(光熱給水費)の変更に際して

▼確かに現状放置するには、総額面での放置は良くないですね。又、世帯人数要件がないのも、公平性に欠ける感じがしますね。
▼2017年度の総務省統計局「家計調査」によると、1人暮し~五人世帯の5区分での実績は、1人暮しを1.00とした場合、1.66倍、1.98倍、2.0 8倍、2.30倍となっています。
▼金額は福利厚生の観点から低く設定するにしても、世帯人数別間の金額には差異を設けて然るべきだと思います。具体案は、1人暮し~五人世帯に夫々、1人暮し、1万円、以降、1人増える毎に5千円宛加算、五人世帯で、3万円にて打止めとするのが実態的だと思います。
▼福利厚生制度なので、新規採用者に異なった方式を適用する合理的な理由は見当たりません。

投稿日:2020/05/01 18:48 ID:QA-0092754

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、

質問①:広義での不利益変更には該当するでしょうが、福利厚生上の施策である事、無用な浪費を防止する主旨の措置である事からも、変更内容について丁寧に説明される事によって、労働契約法第10条に基づき労働者の同意を得られなくとも変更内容は有効になるものと考えられます。

質問②:新規入社の方のみの全額負担であれば、既存社員への不利益は大きくなりませんので、①と同様に丁寧に説明される事で変更が可能といえるでしょう。つまり、恣意的に制度上異なる扱いをされるのではなく、激変緩和措置としまして結果的に異なる取扱いになる事から、特に差し支えないものといえます。

投稿日:2020/05/01 20:16 ID:QA-0092757

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
派遣社員の資格取得のための費用負担
派遣社員に業務遂行上必要な資格の取得を求めており、その費用負担についてはどのように考えたらよろしいでしょうか? 会社(派遣先)で負担すべきではないかと考えますが、一部を本人負担や派遣会社負担させることは可能でしょうか?
休職中の社保料
お世話になっております。以下質問です。 休職中の社員がおります。 社保料の会社負担分を払い続けていますが、会社負担分がひとつのネックとなり退職してもらう事になりそうです(会社負担分だけが理由ではないですが) 休職中の社員が納得すれば、今後の会社負担分を本人負担としたいと思いますが、問題ありますでし...
出向者の社会保険料事業主負担分について
当社よりグループ会社へ在籍出向する者の社会保険料事業主負担分についてですが、通常人件費については出向先が負担するものかと思いますが、「出向契約」で「出向者の社会保険料事業主負担分については出向元が負担する」とうたった場合、出向元で負担することは可能なのでしょうか。 また、問題があるとすればどういっ...
定番のQ&Aをチェック
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 人事制度構築フロー
    人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。
  • 人事制度とは -意義・基本-
    経営資源と言えば「ヒト・モノ・カネ」が挙げられるが、中でも重要なカギを握っているのはヒト、すなわち「人材」である。経営課題をつきつめていくと、最終的には「企業は人なり」という結論に到達する。「企業の競争力や価値を向上させる組織」や「従業員の意欲・能力を向上させる仕組み」を人材マネジメントの側面から制...
  • 人事制度とは
    人事制度とは、広義には労務管理を含めた従業員の「処遇」に関するしくみ全般を指す。ここではその意義と運用のポイントについてまとめた。
あわせて読みたいキーワード
産前産後休業保険料免除制度
「産前産後休業保険料免除制度」とは、産前産後休業(産休)期間中の健康保険料、厚生年金など社会保険料について、次世代育成支援の観点から、その支払いを免除する制度のことです。保険料の免除は事業主からの申出により、折半している被保険者本人負担分と事業主負担分の双方が対象になります。免除された保険料は支払っ...
トータル人事制度
人事評価、目標管理、賃金・賞与、人材育成などの制度がトータルに連動した人事制度。年齢や勤続年数にとらわれず、高い成果や業績を上げた社員を高く評価するとともに、その結果を公平かつ適正に賃金などの処遇に反映させることで、社員のモチベーションに応えることを目的としています。
転進支援制度
従業員の多様なライフプランに対応して、その転職や独立を支援する制度のことです。65歳までの雇用を継続できない企業が、従業員のセカンドキャリアを支援するために設けているケースも少なくないようです。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

人事リーダー育成講座
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/20
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

『日本の人事部』では、魅力ある「体験型ワークショップ」をもっと多くの方...