企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14928件   回答数32005

社員との面談について

平素は大変参考にさせていただいております。
弊社は賞与支給にあたり、社員へ業務に対する反省や、今後の期待を伝える為の面談を行っています。
昨年までは業務終了後に1人5分程度の時間で行っていましたが、今年度より働き方の意識変化に合わせて、就業時間内に行うようにしたところ、一部の社員より「昨年までの時間外に行っていた分はどうするのか?」と問われており、困惑しております。
また社員が自身の業務成果について自己採点を行う評価表の作成について、今までは厳格なルールはないが、業務時間外に作成をしている者がほとんどでしたが、今回の問合せを期に「業務時間内に作成すべき
物ではないか?」とも聞かれています。

「業務の成果」を評価する賞与ですが、必ず支払わなければいけない物ではなく、社員の意欲を高めると
共に感謝を伝えるために支払いますが、上記の問合せを受けると何とも残念な気持ちになりますが、
社員の申し出のように、面談は業務と看做し、評価表も就業時間内に行う物と認めるべきなのでしょうか?
ご教示願います。

  • ひなたつとさん
  • 愛知県
  • 販売・小売
  • 回答数:5件
  • カテゴリ:評価・考課
  • 投稿日:2019/11/07 19:08
  • ID:QA-0088232

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
5件中 1~5件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/11/08 14:38
  • ID:QA-0088261

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

人事評価制度に関する一連の面接時間等は、会社のルールの枠組みの中で行うものですから、
お気持ちはわかりますが、原則として、拘束性があり、労働時間となります。

面談等、任意だよという場合のみ、労働時間ではないということになります。

  • 投稿日:2019/11/11 09:53
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご教示いただきありがとうございました

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/11/08 17:55
  • ID:QA-0088272

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、文面では賞与につきまして、「必ず支払わなければいけない物ではなく、社員の意欲を高めると共に感謝を伝えるために支払います」とございますが、面談の実施及び評価表に基づき支給されるものであり会社からこうした作業等をするよう指示されているという事であれば、そのような任意恩恵的な給付であるとの解釈は成立しません。任意恩恵的な給付であれば、そもそも面談や評価表の提出自体が不要といえます。

従いまして、こうした賞与に関わる面談及び文書作成は当然に業務時間内で行ってもらうべきといえるでしょう。

  • 投稿日:2019/11/11 09:53
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご教示いただきありがとうございました

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/11/08 20:17
  • ID:QA-0088277

代表者

今後は就業時間とするのがよい

▼賞与支給に際しての自己評価は、表現の適否は別として、実質的に会社の命令と考えられることから、就業時間として取扱うのが正しいと考えます。
▼但し、従来、労使双方とも、特に、異論もなく、業務時間外に行っていた過去の議論は非生産的です。今後、業務と看做し、評価表も就業時間内に行うのがよいでしょう。

  • 投稿日:2019/11/11 09:54
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご教示いただきありがとうございました

この回答は参考になった
参考になった:0名
人事会員より
  • 投稿日:2019/11/08 20:21
  • ID:QA-0088278

阿倍野区民さん
  • 大阪府
  • その他業種

厳密に言えば社員のおっしゃる通りです。

以下はとある担当者の独り言になります。

評価面談ではないですが、同じような話がありましたので、以下のように答えました。
「勤務中にちょっと外に出て缶コーヒー飲むことあるよね、仕事とまったく関係ない世間話をすることあるよね?それらはすべて労働ではないんですよ」
「この会社を、わずかでも定時を過ぎればすべて残業とする代わりに、私語休憩一切禁止の会社にしたいですか」
概ねこれで納得してもらいました。

また、時間内に自己評価表を書かせるべき、というのは私も同感です。
「時間内に作成して提出するよう」通達しておくほうがよいでしょう。
ただ、あらかじめ提出時期は分かっているはずですから、
よっぽどの過密スケジュールでないかぎり、
普段から時間のある時に少しずつ準備することはできるかと思います。
時間内に書くという指示を守れない、残業手当を出してほしい、というなら、
残業代は出すとして仕事のペース配分を考えるよう指導の対象としてよいと思います。
(当然、スケジュール管理能力の面でマイナス評価とします)

  • 投稿日:2019/11/11 09:54
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご教示いただきありがとうございました。
独り言は参考にさせていただきます

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/11/11 09:54
  • ID:QA-0088302

人事・経営コンサルタント

業務姓

>社員の申し出のように、面談は業務と看做し、評価表も就業時間内に行う物と認めるべきなのでしょうか?
その通りです。始業時間までにデスク回りの掃除、着替えや作業準備をするのは昔は一般的でしたが、現在はそれらも含めて業務の一環とされます。業務上面談も評価も欠かせない以上、給与対象時間内で行って下さい。

  • 投稿日:2019/11/21 09:21
  • 相談者の評価:大変参考になった

回答ありがとうございました。参考にさせていただきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
一人で複数の26業務に就くのは可能か。
現在2号業務で受け入れている派遣社員を、2号業務が少なくなってきたため、契約更改時にこの社員に5号業務もお願いしようかと考えていますが、一人の派遣社員に複数の26業務をお願いする事は可能なんでしょうか。
業務委託契約先の発注について
弊社業務委託先で、発注元の社員のアシスタントとして働いている派遣社員からの発注(業務指示)を請けても問題ないのでしょうか? 委託契約はあくまで発注元と結んだうえでの業務になります。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

プロセス評価
「プロセス評価」とは、人事考課の手法のひとつ。仕事の遂行度や目標達成度など、課された業務の成果のみを評価要素として見る業績評価に対して、成果に至るまでの“過程”(プロセス)に着目し、そこにどのような価値が存在したかという視点から判断するのがプロセス評価の考え方です。人材育成にも有効とされる評価法で...
360度評価
パフォーマンスの高い組織をつくるスキームには、さまざまなものがあります。中でも、社員のモチベーションを高め、個々の人材が持つ能力を最大限に引き出す評価制度の設計は、人事担当者の腕の見せ所といってよいでしょう。従来採用されてきた上司から部下への一方向の評価体制の欠点を補う手法として、いま浸透しつつある...
水平的評価
上司が部下に評価を下す「垂直的評価」に対して、同等の組織階層に属する従業員相互が評価者、被評価者となって評価しあうことを「水平的評価」と呼びます。この手法を考課方式として単独で用いることは少なく、導入している企業などではあくまでも垂直的評価を補完するために、一人の被評価者を直属の上司だけでなく複数...

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ジョブ・カード制度 総合サイト
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/12
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...