企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数15033件   回答数32296

有給休暇義務化のカウント

2019年4月より有給休暇の義務化が始まりますが、当社では夏期と年末年始に就業規則以外の休暇を設けております。例えば夏期休暇は土日をはさんで5日ですが、その内の平日3日を義務化されている有給休暇の消化にカウントしてもいいのでしょうか。
ご教授の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

  • 投稿日:2018/12/14 16:35
  • ID:QA-0081060
プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/12/14 18:53
  • ID:QA-0081063

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

年次有給休暇以外の夏季休暇や年末年始休暇は別カウントとなります。

年次有給休暇に対して、年5日取得させる義務が生じます。

  • 投稿日:2018/12/17 10:42
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご教授ありがとうございました。大変参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/12/14 19:36
  • ID:QA-0081064

人事・経営コンサルタント

有給休暇

法の趣旨は正規付与の有給休暇を5日消化することとされます。夏季・年末年始休は正規有給休暇とは別の特別休暇としている場合が多いので、カウントされるのは正規有給休暇を5日消化することとなります。

  • 投稿日:2018/12/17 10:42
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご教授ありがとうございました。大変参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/12/15 22:41
  • ID:QA-0081072

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、あくまで年次有給休暇の指定義務化ですので、会社が任意に設けた休暇をもってカウントする事は出来ないものといえます。

但し、未だ施行前の段階で詳細運用が確定していない面もございますので、今後の行政情報にも留意しておかれる事が重要です。

  • 投稿日:2018/12/17 10:43
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご教授ありがとうございました。大変参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/12/16 10:51
  • ID:QA-0081074

代表者

義務化対象の有休は、付与済みの法定休暇

▼ 「1年の「5日」の有休消化義務」は、「年10日以上の年次有給休暇が付与される労働者に対し、そのう内の5日について、毎年、時季を指定して与えなければならないこととする」ことを意味します。
▼ ここでいう、義務化対象の有給休暇は、法定有給休暇であって、企業毎に任意に定められている休暇等は対象外です。ここで対象の夏期休暇は、御社独自の法定外制度だとお見受けします。
▼ さすれば、ご質問の「土日をはさんた5日」(土日が休日であれば、夏期休暇3日)は、義務化対象の有休消化カウント外となります。

  • 投稿日:2018/12/17 10:43
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご教授ありがとうございました。大変参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

女性活躍推進法が改正!▼詳細はクリック▼ ジョブ・カード制度 総合サイト
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/17
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...