企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14281件   回答数30314

リフレッシュ休暇取得前の定年者について

 弊社は勤続年数20年を超過した時点で、正社員に対して創立記念日の10月2日を起算日として6カ月以内の申請にもとづき、リフレッシュ特別休暇5日(有給休暇)と奨励金10万円を支給しています。
実際には新卒社員(4/1入社)だと勤続20年6カ月2日以降に支給されることになります。
 なお規程や内規に詳細を表しておりませんが、中途採用の社員が勤続20年に到達し創立記念日前に定年退職を迎えた時は、退職金の加算金として10万円を加え、退職所得としております。この配慮を行わないと、同勤続年数の者でも、10月生まれの者は創立記念式典で10万円が支給され、9月生まれの社員は定年を迎え支給されなくなるためです。但し自己都合退職の者にはこの配慮はしておりません。
 弊社のこの運用に何か問題がございましたらご指摘をお願いいたします。なお規程は作成しようと考えております。

  • あーさん
  • 愛知県
  • 機械
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2018/11/20 17:45
  • ID:QA-0080527

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/11/20 22:13
  • ID:QA-0080544

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

あくまで個人的な感想ですが、創立記念日を起算日にするところを見直した方がよろしいのではないかと思います。

リフレッシュ休暇の目的からすれば、勤続年数だけでよろしいのではないでしょうか。10万円を支給したところで、肝心の5日のリフレッシュ休暇が取得できないようでは、公平感がありません。

  • 投稿日:2018/12/26 17:50
  • 相談者の評価:あまり参考にならなかった

創立記念日は見直す理由がありません

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/11/20 23:06
  • ID:QA-0080551

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、勤続に関わるリフレッシュ休暇及び奨励金はいずれも会社が任意で支給要件や内容を定めて運用するものになります。

従いまして、そうした規定内容によっては生年や入社日等で従業員間において多少の有利不利が生じることも十分有りえるものといえます。

当事案につきましては、まさにその例といえますが、内容からしましてもそれ自体直ちに違法性を伴うようなものではございません。但し、こうした一種の不公平に対する配慮措置を採られる事は望ましいものといえますので、現状の運用は妥当と考えてよいでしょうし、やはり明確に規定されることが必要といえるでしょう。

  • 投稿日:2018/12/06 08:32
  • 相談者の評価:大変参考になった

参考になりました

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/11/21 09:34
  • ID:QA-0080555

株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

リフレッシュ奨励金

行き届いた配慮だと思います。
税務が気になります。
9月定年の方は退職所得にされてるとのことですが、リフレッシュ奨励金の前倒し支給であることから、現金であるなら給与所得という見方も成り立ちます。実際に10月生まれの方は給与所得にされていると思います。
なお、現金ではなく旅行券を支給すれば非課税も可能です

  • 投稿日:2018/12/26 17:52
  • 相談者の評価:参考になった

リフレッシュ = 旅行 にはしておりませんので旅行券は難しいところです。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
退職者への業績手当支給
当社では営業の業績により業績手当を支給しておりますが 支給方法が4月、5月分を合せて6月に支給という形をとって おります。 4月末退職の場合、1ヶ月給与支給がなく6月に支給となりますが システム上、支給が困難なため給与支給時に在籍していなければ 支給はしないという形にする予定ですが、労基法上、問題...
賞与の支給月変更に関して
いつも参考にさせていただいております。 さて、賞与の支給月変更を検討しておりますが、変更に伴う問題点がありましたらご指摘頂きたく思います。 賞与算定期間・支給月 夏: 1月~6月 →7月支給(現在:12月~5月→7月支給) 冬: 7月~12月→1月支給(現在:6月~11月→12月支給)
退職金支給年齢の引き上げについて
現在、定年は60歳の誕生日と定めている中で、退職金の支給につきましては 55歳の誕生日をもって、算出し、支給しております。何故、定年前での支給 と定めているのかは把握していないのですが今後、支給年齢を定年となる60 歳に変更することを考えております。この場合、注意しなければならない点は 何が考えられ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

アニバーサリー休暇
アニバーサリー(anniversary)とは、英語で「記念日」の意味。企業が社員の休暇取得を促すために、本人や家族の誕生日、結婚記念日などの記念日およびその前後の日を休暇とする制度を「アニバーサリー休暇」と呼びます。(2011/6/27掲載)
プロパー社員
「プロパー社員」とは、「正規の、本来の」などの意味をもつ英語のproperから転じた和製英語まじりの言い回しで、いわゆる“生え抜き”の社員や正社員のことを言う、日本の企業社会に特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは使う文脈や職場によって異なります。中途入社や出向...
制約社員
「制約社員」とは、働く場所や時間、従事する仕事内容などの労働条件について何らかの制約をもつ社員の総称です。伝統的な会社組織の基幹を成してきた正社員が、会社に言われれば「いつでも・どこでも・どんな仕事でも」働く無制約社員を前提とするのに対し、近年は特定の場所や時間での勤務を希望するパートタイマー・契...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
インターンシップを効果的に実施するポイントと 外部ソリューション活用のヒント

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

イクメン企業アワード2019エントリー募集中
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:06/01~06/26
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


インターンシップを効果的に実施するポイントと外部ソリューション活用のヒント

インターンシップの効果的な実施について、種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。<br />
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマ...


「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」<br />
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

能力が高くても、ストレスにうまく対応できなければ思うような成果をあげる...