企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14720件   回答数31393

来年新卒内定者の取り消しについて

お世話になっております。

表題の件について、ご相談お願いします。

昨年から今年の春過ぎまでの間に来年の新卒採用者として大卒中心に20名程内定者決めました。
勤務開始は来年4月1日からとなっています。


相談としては、今のタイミングで、この内定を取り消しすることができるのか、否か
またその場合の対応すべき方法や注意点をご教授いただきたいです。

背景としましては、10月が期末決算で前期の赤字が確定しそうな状態です。
そこで次年度に向けてあらゆるコストカットを検討せざるを得なくなりました。
人件費も同様コストダウンが迫られていまして
内定者の今後の賃金が重くなりそうなシミュレーションが出てしまい、取り消しを検討したいと考えております。

そこで相談として、この手段自体可能なのかどうか、また対応方法をぜひ教えていただきたいです。

よろしくお願いします。

  • タイムさん
  • 神奈川県
  • 販売・小売
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:新卒採用
  • 投稿日:2018/11/02 15:56
  • ID:QA-0080185
プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/11/03 14:13
  • ID:QA-0080192

人事・経営コンサルタント

内定取り消しのリスク

・内定を取り消しすることができるのか
物理的には可能ですが、解雇と同じ扱いのため、現実的にはきわめて難しいものとなります。

・対応すべき方法や注意点
解雇と同じですから、一人づつ説得をして了解を得ることになります。ただしこの時期の内定取り消しは極めて悪質性が高く、損害賠償なども高額になる恐れがあります。
またこうした事実は長く記憶されるため、今後の新卒採用においてきわめて大きなダメージが残ります。取り消した学生とその出身大学からの応募もなくなる覚悟も必要でしょう。またネットでその悪質性が喧伝される恐れもあり、新卒採用を今後あきらめるくらいの覚悟は必要と思います。

貴社が存亡の危機にある赤字状況ということで、一応解雇含めた人員整理は選択肢になり得ます。ただし新卒者の内定取り消しということは、貴社の存亡の危機状況を内外に知らしめることを意味します。存続が難しいところまで追いつめられていない、単なる赤字見通し程度だけで認められることはないでしょう。

  • 投稿日:2018/12/04 08:55
  • 相談者の評価:大変参考になった

参考にさせて頂きました!
ありがとうございます!

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/11/03 23:22
  • ID:QA-0080196

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、御社の場合は大規模なコストカットを迫られる経営事情の悪化といった特別な事情があることから、内定取り消しも全く不可能とまではいえないでしょう。

但し、内定については解約留保権付の労働契約の締結とされますので、取り消しに関しましては当然ながら慎重な対応が求められます。対応としましては、まず極力一人でも多くの入社を実現されるよう検討する事が必要です。そして、それでも尚内定取り消しとなる方につきましては、そうした経緯に至った経営事情について真摯に説明された上で、今後の当人の就職活動におきましてもご相談される等可能な限りの支援をされるべきといえます。

  • 投稿日:2018/12/04 08:56
  • 相談者の評価:大変参考になった

大変参考になり助かりました!

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/11/04 22:09
  • ID:QA-0080200

代表者

内定取消しの可能性

▼ ご存じの通り、採用内定は、「解約権を留保した就労始期付労働契約」とされています。但し、その「解約権の行使」は、「内定当時知ることができないか、知ることが期待できないような事実であって、これを理由として採用内定を取消すことが解約権留保の趣旨、目的に照らして客観的に合理的と認められ、社会通念上相当として是認できるものに限られる」ことになっています。
▼ ここからが厄介な処で、すべての具体的係争判例は、必ずしも、一枚岩ではないことです。然し、ご相談の切迫した経営状況が、全内定者の契約取消しという劇薬を必要とするほど、社会通念上、悪化していることを、納得して貰えるか否かポイントです。ここから先は、御社次第です。「正確な経営予測」と「真摯な対応」がキーワードとなりそうです。

  • 投稿日:2018/12/04 08:57
  • 相談者の評価:大変参考になった

大変参考になりました。
ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/11/05 15:00
  • ID:QA-0080220

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

内定取り消しが有効とされるのは、
採用時には確認できなかった、そして客観的合理性、社会通念上相当性があるのかという両方みたしていることが必要です。

今回のケースでは、まず春の時点で、10月決算予測ができなっかたのかが問われます。
次に経営上の必要性、取り消し回避措置は十分検討されたのか等が問われます。

  • 投稿日:2018/12/04 08:57
  • 相談者の評価:大変参考になった

大変参考になりました!
ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

LINE採用コネクト 期間限定キャンペーン
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/15
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま、企業が行うべき研修とは?<br />
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

いま、企業が行うべき研修とは?
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

自律性を高め、社員一人ひとりのスキル・能力を高めていかなければ、これか...