無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

人事評価について

いつもお世話になっております。

コンピテンシー人事評価で、マナー意識やチームワークの項目において、「飲み会」の参加のような
例としての”社交性”を持ち出しているのは果たして適切な評価における会話なのでしょうか?

投稿日:2018/04/17 14:05 ID:QA-0076132

YokohamaDollさん
東京都/情報処理・ソフトウェア

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、飲み会の参加のような業務とは直接関係のない事柄を持ち出して人事評価の要素とされるのは不適切といえるでしょう。

仮に社交性を評価基準項目の一部とされるとしましても、例えば顧客との関わりや業務イベントにおける功績等、業務に関係を有する内容について取り扱われるべきといえます。

投稿日:2018/04/17 19:15 ID:QA-0076136

相談者より

お世話になります。
ご回答ありがとうございました。確認できました。
コンピテンシー評価の導入決定者であるトップが襟を正してもらいたいのですが、長い時間をかけた思考習慣を変えるのは難しいです。

投稿日:2018/04/18 09:29 ID:QA-0076145大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

業務

「飲み会」というものが業務かどうかが判断基準です。業務上の能力による成果達成がコンピテンシーであり、業務に関係ないものはプライバシーですので、明確に一線を引けるでしょう。

投稿日:2018/04/17 19:28 ID:QA-0076137

相談者より

お世話になります。ご回答ありがとうございます。
経営者にとってはすべてが業務の感覚で、コンピテンシーの範囲拡大解釈や我田引水的なジャッジもみられ、経験の浅い若い人たちが真似ることを危惧しています。
「業務」の定義を再度認識を持つような機会と徹底をと思いました。

投稿日:2018/04/18 09:33 ID:QA-0076146大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート