企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

社有車の移動は業務時間になるか。

弊社では、営業先から帰社に時間がかかる場合、直帰をさせ車両を自宅に持ち帰らせています。しかし金曜日など休日前日に社有車を自宅に持ち帰ると、翌週まで自宅に駐車することになり、それが難しい社員は、翌日(例えば土曜日)に社有車を会社駐車場に異動させるケースが見受けられます。
このような場合
①これは業務になるのでしょうか。(休日出勤になるのか)
②移動の際、事故にあい負傷した場合、労災になるのでしょうか。(車両を会社駐車場に停車して、帰宅時も含めて)
なお、この車両移動は上司には言わず、自主的に行っているケースがほとんどです。

投稿日:2017/08/18 09:31 ID:QA-0072009

しんこいさん
東京都/保険

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、会社から指示しているものでなければ、単に社有車というだけで勤務時間扱いや労災適用となる事は通常ございません。

但し、会社から直接指示がなくとも、自宅での駐車が困難な状況であり現実問題としまして会社へ車両移動せざるを得ないと分かっていた上で持ち帰らせていた場合ですと、暗黙の指示があったものと判断される可能性があり、その場合は移動時間=労働時間となって業務災害での労災適用となりえますので注意が必要です。

投稿日:2017/08/21 11:28 ID:QA-0072025

相談者より

ありがとうございます。持ち帰りさせる場合、社有車を駐車できるか否か確認し、通常出勤時に社有車で出勤するよう指示いたします。

投稿日:2017/08/22 11:31 ID:QA-0072092大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

業務

業務上遅くなったのであれば、当日中に帰社して車を会社に返し、帰宅すれば良いのではないでしょうか。
翌日返すのが業務上やむをえないものであれば業務として仕事の一環にする必要があります。

問題は
>この車両移動は上司には言わず、自主的に行っている
ことで、もし事故が合ったりした場合、企業の責任となる可能性が十分あります。社用車のような大きくて、事故など影響も大きいものについて、社員が勝手に運用するというのはコンプライアンス上管理の責任が大きいといえます。放置は危険です。

投稿日:2017/08/22 00:18 ID:QA-0072057

相談者より

ありがとうございます。まずは車両を持ち帰ってよい場合とそうでない場合をはっきりさせ、自分の判断で車両を移動させないよう注意したいと思います。

投稿日:2017/08/22 11:33 ID:QA-0072093大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
定番のQ&Aをチェック
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/12
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)

「いま求められる“効率的”人事給与業務とは?」第1回では、株式会社サイ...