企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13221件   回答数27679

派遣の時間短縮について

派遣の管理を行っています(派遣先)。

当社には、派遣が所定8時間の契約で働いています。
今回、減産に伴い、休業手当を少し上回る程度まで時間短縮をするよう上司から命じられました。
この方法のメリットとしては、同じ金額を払うのであれば少しでも労働力があった方がいいという程度のものでしょうか?
また、この方法のデメリットとして何が考えられますか?
場合によっては、追加で料金は発生するのでしょうか?
管理をする上で不安があります。

大変無知な質問で申し訳ありません。
何卒よろしくお願いいたします。

  • 投稿日:2017/07/31 19:11
  • ID:QA-0071781

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/08/01 21:13
  • ID:QA-0071800

代表者

「±」は交渉次第

▼ 御社のご事情で、受入派遣の「労働時間を、使用者の責に帰すべき事由による休業の場合に支払われるべき最低賃率に対応する、6割に縮小し、派遣料も同率に縮減したい」ということですね。
▼ このご方針に関する「±」は、御社ご自身がご判断されるべき事柄です。ご検討の結果、「実施すべき」との結論が出れば、派遣元会社に申入れ、派遣契約を変更することになります。
▼ 御社にとってのメリット・デメリットはその交渉結果により決まることです。相手側は、「全額支払い」を求めてくる場合、「一定の派遣料金に引下げ」に同意」してくれる場合等、交渉次第です。

  • 投稿日:2017/08/03 08:56
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/08/01 21:15
  • ID:QA-0071801

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、派遣社員の労働時間等を最終的に決定するのは、基本的に当人と雇用契約を締結している派遣元会社になります。御社が望まれても自社のみで決められる事柄ではございませんので注意が必要です。

従いまして、文面のような時短を希望されるとすれば、まず派遣元に変更を望まれる事情と併せて申し入れ頂き、了承を得る必要がございます。

また、メリット・デメリットや追加料金の件についても業務の事情や派遣契約内容によって異なりますのでこの場でお答えは出来かねますが、いずれにしましても御社内での方針をきちんと決められた上で、派遣元に申し入れられる事が重要といえます。

  • 投稿日:2017/08/03 08:55
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/08/02 00:11
  • ID:QA-0071805

人事・経営コンサルタント

取引契約

派遣会社との間で派遣契約を結んでいるはずですので、契約で決まった時間を変更することはできません。契約期間が過ぎれば新たに短い労働時間で契約をすることになります。
契約書で派遣料金だけでなく、就業時間を規定しているはずなのでご確認下さい。勝手に短縮はできません。また派遣労働者に直接時間短縮を要請することはできませんので、交渉相手は必ず派遣会社の担当者にして下さい。

  • 投稿日:2017/08/03 08:55
  • 相談者の評価:あまり参考にならなかった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
常用型派遣について
いつも利用させていただいております。 派遣には、登録型派遣と常用型派遣があるかと思いますが、常用型派遣は派遣元会社と無期雇用あるいは有期雇用で契約し、派遣先へ派遣をおこなうことになるかと思います。 この場合、派遣元会社で正社員(無期雇用者)を派遣先へ派遣することは、法的に問題となるのでしょうか。...
派遣者正規雇用について
派遣者正規雇用に必要な派遣元と派遣先の必要な書類
派遣社員の残業・休日出勤について
派遣先が派遣労働者に残業や休日出勤させたい場合、派遣元が36協定を締結し、届けますが、派遣先と派遣元間で結んでいる契約条件(特別条項付き協定の時間)よりも派遣先での労働時間が超過した場合、派遣先、派遣元にはそれぞれどういった影響(責任・罰則など)が出るのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

リクナビHRTech 表彰盾/記念品工房のアトリエグレイン
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/25
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。



新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?
new

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....