企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12131件   回答数25117

役割等級制度の昇進・昇格について

お世話になります。
役割等級制度導入した場合の昇進・昇格の取り扱いについて教えてください。
職能資格の場合、年間スケジュールに基づき昇格選考試験を
行い昇格の是非を判断しております。
役割等級の場合は空きポジションが発生した場合に昇格者(昇進者)を
選抜することになることになりますが、
該当するポジションに対して数名の選考試験をその時点で行うことになるのでしょうか。
また、通常の役割等級制度の昇格(昇進)の考え方についてもアドバイスをお願いします。

  • 次郎555さん
  • 東京都
  • 運輸・倉庫・輸送
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:評価
  • 投稿日:2017/04/12 09:17
  • ID:QA-0070105
専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/04/12 11:32
  • ID:QA-0070112

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、せっかく役割等級制度を導入されるわけですから、役割等級に応じて連動する昇進・昇格の制度構築を考えられるのが妥当と思われます。

その場合、選考試験を引き続き用いられることも可能でしょうが、御社の昇進・昇格ポリシーに基づき御社の役職体系に最も適すると思われる方法を採用されるべきといえます。

  • 投稿日:2017/04/12 16:03
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。
選考をその時点で行うのではなく、候補者人材をあらかじめ管理職として昇格させておき、プールしておくということも考えられるでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/04/12 12:52
  • ID:QA-0070113

代表者

役割等級制度に就いて

▼ 役割等級制度は、基本的は、緩やかな職務制度であり、機軸を、記述職務の上位概念であるミッションに置いている制度と言えます。
▼ 空位ポジション(役職 ⇒ 組織長の意味と解釈)が発生した場合の選抜は、当然、対応ミッショングレードの上位者が対象になると思いますが、組織の長ともなれば、別の必要要件も加わるため、個別企業の判断になります。
▼ 尚、昇格(昇進)に関しては、当然ながら、導入された「役割等級制度の趣旨に沿った評価制度でなくてはならない」ということに尽きます。

  • 投稿日:2017/04/14 09:48
  • 相談者の評価:大変参考になった

コメントありがとうございます。
再度考えてみたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/04/13 18:11
  • ID:QA-0070136

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

「選考をその時点で行うのではなく、候補者人材をあらかじめ管理職として昇格させておき、プールしておくということも考えられるでしょうか。」
― 制度内容は自由ですので、当然そのような選択肢も可能といえます。但し、役割等級との連動性を重視する場合ですと、敢えて候補者を事前にプールされておく必要性はないものといえるでしょう。
 いずれにしましても、スムーズな昇格・昇進決定が出来るよう御社の組織実態に即したやり方を検討されることが重要になります。

  • 投稿日:2017/04/14 09:49
  • 相談者の評価:大変参考になった

コメントありがとうございます。
当社に実体にあった運用ルールを検討したいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
受けさせたいスキルアップ系講座特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

人事向けの会議室HRスクエア
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/19
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。



『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...


管理職1年生日記 (第3回)

管理職1年生日記 (第3回)

ほとんどの会社では、新任管理職を対象とした「管理職研修」を行っているこ...