企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

退職者について

まったくの素人です。
急遽担当になりまして四苦八苦しております。

初歩的なことなのですが全てが不安なのでお教え下さい。

月の半ばに退職する人がいます。

最後は有給を消化し引継ぎに3日勤務する程度で、その際も全て直行・直帰の為出社の予定はありません。
例えば、11月の中旬に退職するとした場合、支払・控除に関しての認識に誤りがないかをお教え下さい。

給与規定
月末〆当月25日支払
通勤交通費、時間外労働は翌月払い
社会保険料などは前月分を控除

<11月給与>
11月の勤務日数を日割り計算にして支払う。
残業代、通勤交通費、社会保険料などの控除は前月分なのでそのままの金額を支払+控除する。

<12月給与>
11月に残業した場合その分を支払う。
11月の勤務は引き継ぎ作業のみで直行・直帰の為、営業交通費としての精算は別途経費払いする予定。
従って会社への出勤予定はないので通勤交通費の支払はナシ
退職月の社会保険料と住民税は月の半ばでの退職なので全てナシ
残業代の支払がない場合は、所得税と雇用保険料の支払もナシ
即ち、12月の支払は経費払いを除いたらナシ


次に退職金の支払についてです。

退職金は数年しか働いていなかった方なので大きな金額ではありませんから退職金額をそのまま支払う。
支払日付に関しては、退職日から1週間くらいに支払う。

如何でしょうか。

退職金の支払に関してですが、本人が了承しているので、給与と合算して同日(25日)に振り込んでも良いのでしょうか。
もしくは、給与とは別に振り込まなければならないものなのでしょうか。

一般的な流れとしては下記だと思うのですが(この方の場合は退職所得の源泉徴収票の発行はないと思うのですが)退職金を支払う前に給与所得の源泉徴収票を発行するべきなのですか?

退職→最後の給料→給与所得の源泉徴収票発行→退職金支給→退職所得の源泉徴収票発行

投稿日:2016/11/05 16:10 ID:QA-0068061

ディキシーハルさん
東京都/ 

プロフェッショナル・人事会員からの回答

この相談への回答はありませんでした

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
定番のQ&Aをチェック
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/17
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想<br />
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

社員一人ひとりの健康づくりを支援することによって、医療費の適正化と生産...