企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12150件   回答数25154

教育機関を通さずに直接依頼のあったインターンシップに関して

ご相談させていただきます。

上場している中小企業で採用担当しています。
先日とある大学の学生から「インターンシップをやっていただけませんか?」と依頼を受けました。
弊社では短期無給のインターンシップとNPOを通じての長期有給のインターンシップを実施した経験が
ありますが、今回の教育機関を通さずにオファーがあったのは初めてで少々困惑しております。
ですが、せっかく学生自ら依頼してきてくれてますので、受入したいと考えています。

今回ご相談したいのは
1、どんな手順で受入をする必要があるのか?
2、労働者にあたるのか?(アルバイトの雇用契約を結ぶ必要性はあるのか?)
3、誓約書や覚書の内容はどういったものにしたら良いのか?
4、有給を検討してますので、どう支給したらよいのか?
5、障害・賠償責任保険の内容はどういったものか?
この5点をお教えいただきたいと思います。

質問内容が多いですが、なにとぞよろしくお願いします。

  • *****さん
  • 愛知県
  • 販売・小売
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2016/08/25 12:04
  • ID:QA-0067183

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2016/08/25 16:10
  • ID:QA-0067191

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

1.一口にインターンシップといっても、様々な形態があります。御社は、短期無給、長期有給インターンシップの経験があるようですから、まずは、今回のインターンシップの目的を明確にすることです。本人からの依頼を受けるということですので、依頼内容も再確認する必要がありますね。

2.採用する期間、時間、何をしてもらうかなど契約の内容によります。職場体験中心で無給などであれば、労働者とはならない可能性が大きいですが、従業員と同じような勤務をしてもらい、給料も支払うということであれば、労働者ということになります。

3.まず、目的を明確にしておくこと。そして、機密保持、損害賠償事項などは必須となります。

4.何をしてもらうかによります。(上記2参照)

5.本人に加入してもらうことです。内容は、過去の経験を参考にしてください。本人の事故もさることながら、近年、ネット投稿などから本人が会社に多大な損害賠償をもたらすことも考慮してください。場合によっては、いったん大学をとおしてくれという選択肢もあります。

  • 投稿日:2016/08/26 09:39
  • 相談者の評価:参考になった

さっそくのご回答ありがとうございます。
今回は長期有給のプロジェクト型のインターンを実施を想定しての質問でした。 言葉足らずで申し訳ありません。
日頃の業務をしてもらうプログラムではなく、課題をインターン生自身に設定してもらいこちらでサポートしていく形式をを予定しております。
この場合ですと、長期有給でも労働者の扱いにはならず、保険に加入してもらったうえで誓約書と覚書を交わせば良いという認識でよろしいでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/08/26 23:49
  • ID:QA-0067215

人事・経営コンサルタント

取扱い

インターンシップはその名前の普及に比べ、中身が混とんとしており、一律なものではありません。プロジェクト型であっても、取り扱いによってはさまざまな形態があり、契約書等も無数に内容が分かれることになります。そんな中で;
1.インターンシップ内容(場所、業務、期間、時間、報酬他)を具体的に決め、その内容に沿って契約書を交わす必要があります。秘密保持契約や誓約書も費用に応じて対応します。実際の管理者も選任する必要があるでしょう。
その上で大学を絡めるのかも含め、貴社としての方針を固め、総ての関係者の合意の下、開始となります。通常大学のインターンシップは終了後レポートなども行います。

2.給与が発生するなら労働者ですので、雇用契約をする必要があります。

3.前例がないのであればひな形などを入手して作成することになります。コンサルタントや弁護士に依頼することもできます。通常は就活情報会社や大学と結んで行うため、先方が契約書などは用意してくれます。

4.アルバイトを雇う場合と同じ契約、支給方法はいかがでしょうか。インターンシップ契約書で記載する例もあります。しかし大学等を挟まないのであれば、バイト扱いが良いのではないかと思います。

5.学生であれば学研災、学研賠などに加入を条件で受け入れますが、直接採用であれば学生に自費で加入させるか貴社が負担するか決める必要があります。

このように大学や就活業者を挟まないとかなりの負荷があることを含め、再度ご検討されてはいかがでしょうか。普通、大学はインターンシップ送り出しには積極的なところが多いので、大学に相談するのが一番だと思います。

  • 投稿日:2016/09/10 10:28
  • 相談者の評価:大変参考になった

本人のスキルアップを促す部分もありますが、インターンシップのためだけの業務や、プログラムを組むことは現実的ではない点から今回はアルバイトの雇用契約を結んで実施することにいたします。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
インターンシップ受入期間と労働性について
大学生へのリクルート活動の一環ではなく、美術館等の比較的長期間のインターンシップ受入れがあります(3ヶ月~1年程度)。 これには、ある一定の期間または頻度以上は労働と見なされるなどの線引きがあるのでしょうか。 例えば、3ヶ月は週3回以上で労働と見なされる、1年間でも週1回程度ならば労働制はないと見な...
内定者インターンシップについて
現在、内定者インターンシップして検討しています。インターンシップといっても、内定者用に企画するのではなく、毎年夏休み期間に募集している学生アルバイトにインターンシップとして参加してもらうというものです。アルバイト先は、入社1年目の仕事をしている職場です(宿泊先提供・交通費提供・給与支給)。そこで、入...
インターンシップ
面接選考の途中で3日間のインターンシップ(フルタイム+夕食会まで)を行おうと思っているのですが、このような選考を行っている会社さんは実際にあるのでしょうか? (もちろん法連厳守で、最低法定賃金は支払います)
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
受けさせたいスキルアップ系講座特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

社宅でもUR賃貸住宅
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/22
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介



「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「改正労働者派遣法」施行に伴う派遣社員のキャリアアップ教育にどう対応するのか

「改正労働者派遣法」施行に伴う派遣社員のキャリアアップ教育にどう対応するのか

2015年9月に施行された「改正労働者派遣法」により、派遣社員活用のあ...