企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

職位の英語表記

当社は、100名弱の会社です。
部長をDirector
次長をSenior Manager
課長をManagerとしております。

今回担当部長が発生いたします。
部長をDirectorとしたため、良い表現が見つかりません。
どなたかご教示いただけますでしょうか?

投稿日:2016/03/28 14:43 ID:QA-0065603

*****さん
東京都/医薬品

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
人事・経営コンサルタント

社内呼称ですのでいかようにもお決めいただければ良いと思いますが、厳密に言えば「担当」部長は部長ですので(部下のある無しなどは役職ではなく組織上の役割)、Directorでも良いと思います。

Associate Directorなどとすることもできますが、「副」部長的なニュアンスになるように感じます。
いずれにしましても、日本語と英語(外国語)は一対一で確実に対応する言葉がある訳ではありませんので、わかりやすく決められてはいかがでしょうか。

投稿日:2016/03/28 22:25 ID:QA-0065604

相談者より

ご回答ありがとうございます。部長と担当部長が海外出張に同行した場合を想定し、名刺英文の表記方法に困っておりました。もう少し社内で検討してみます。

投稿日:2016/03/29 09:17 ID:QA-0065607参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

リスクがあるが、「 Deputy Director 」とする以外になさそう

担当部長というのは、「何を担当するのか」( in charge of WHAT )がないと、意味不明の役職名となる呼称です。目的語の欠けた他動詞みたいな感じです。英語の( deputy )が、やや近いのですか、これも、本来、 deputy mayor(市助役)、 deputy premier(副首相)のように、スタッフ的ではなく、ラインの感じが強く窺えます。当方の勝手解釈では、実態的には、( Assistant Director ) と思いますが、恐らく拒否反応に遭うでしょう。対外的には、社内権限と乖離が大きいと、表見代理のリスクはありますが、矢張り、「 Deputy Director 」とする以外に妙案がなさそうですね。

投稿日:2016/03/28 22:49 ID:QA-0065606

相談者より

ご回答ありがとうございます。社内でもDeputyを使用する方向で考えておりました。もう一度社内で検討してみます。

投稿日:2016/03/29 09:19 ID:QA-0065608大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
日本語の職位と英語呼称について
お世話になっております。 現在弊社では、職位(日本語と英語)を再考しています。 海外との取引もあるために、ある程度英語も必要なのですが、また、今回は組織変更に伴い職位も増やす計画も出ています(まだ未定) 下記一部を列挙しますので、組織として、また対外的に効果的かどうか?細かすぎないか?等、第三者の方...
不利益変更か否か
弊社では、他社との統合・組織再編に伴い、部の数を調整することになりました。 基本的に部長職の降格はしない方向であるものの、この機会に若返りを図るため、一部、次長から部長へ昇格者を選出することにしました。 そのため、部長のポストが足りず、○○部長と○○部部長を置くことにしました。 人事制度上、この...
有給休暇日数について
就業規則に定められた有給休暇日数が、部長以上と、それ以外の社員とで異なります。 部長以上は日数が多いのです。 これまで勤めていた会社では日数は社員一律でしたが、よくあることなのでしょうか。 ご教示のほど、よろしくお願い申し上げます。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 役職別昇進年齢の実態と昇進スピード変化の動向
    成果向上や能力発揮を促す処遇体系の導入に向け、これまでに多くの企業が資格・等級制度の見直しに取り組んでいます。これらとともに、育成・活用をねらった優秀者の選抜・早期登用の動きも広がりをみせ、年功処遇が中心となっていた時代に比べて、昇進・昇格のスピードは大きく変化しています。
  • 第一志望の企業をあきらめきれない人材 入社後に上司の退職を知らされた人材
    候補者に内定を出し、無事入社すれば採用活動は終了する。しかし、その採用が成功だったかどうかは、しばらく働いてからではないと分からない…というのが一般的だろう。ところが、中には「しばらく」どころかあっという間に退職してしまう人材もいる。ひょっとしたら最初から計画的だったのではないか、と思える人も…。
  • 「その人材はやめておきましょう」とは言えない、 企業と人材の間に立つ人材紹介会社の立場
    自信を持って紹介した人材がなぜか不採用になってしまう。逆に、少し気になる点があった人材が予想外の高評価を受けることもある――。たとえつきあいが長くても、外部の人材紹介会社が、企業の採用基準や社内事情を完全に把握するのは難しいということだろう。従って、あまり固定観念にとらわれず、可能性がありそうな求職...
あわせて読みたいキーワード
アシミレーション
「アシミレーション」(assimilation)とは、直訳すると「融和」「同化」の意味。組織開発の手法の一つで、具体的にはチームのリーダーとメンバー間の相互理解を深め、関係構築を促進する仕組みを指します。チームに新しいマネジャーが着任したときなどに用いられることが多く、メンバーと新任のリーダーとの融...
サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...
インディペンデント・コントラクター
サラリーマン時代に身につけた専門的な技術を元手に独立して、業務請負のかたちで複数の会社の仕事をします。アメリカでは、ホワイトカラーが独立するときの手段として一般的になっていますが、日本でも互助団体「インディペンデント・コントラクター協会」(本部・東京都港区 http://www.npo-ic.org...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/09
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想<br />
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

社員一人ひとりの健康づくりを支援することによって、医療費の適正化と生産...