企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14592件   回答数31008

職能給の定義付けと金額

弊社では職能給制度を給与に適用していますが、職能は基本的に下げづらいと聞いています。(基本的には
能力は経験に応じてあがるものと推定されるため)
しかしながら、一定までは経験で能力はあがるのは理解できますが、一定以上にならない、また年齢や個人により
能力を以前のようには発揮できなくなったりしていると思います。
その場合でも下げるのは難しいのでしょうか。
職能給を下記のように定義することを明示しています。この場合も下げることは難しいのでしょうか?

職能給は職能区分及び職能資格により決定されます。職能資格とは、一人ひとりの仕事をする能力(職務遂行能力)がどのレベルで発揮されているかによって与えられる「資格」です。その資格にふさわしい立場(役職)や仕事を通じて、能力を遺憾なく発揮しているかが基本となります。

  • ハイドさん
  • 京都府
  • その他業種
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2014/02/17 00:37
  • ID:QA-0057764
専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2014/02/17 11:21
  • ID:QA-0057770

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

職能給の件ですが、一般的にはご認識の通り性質上減給にはならない制度として運用されているものです。

しかしながら、これは特に法律上定義されたものではございませんので、職能給であっても何らかの事情で能力低下が認められる場合には減給する事も不可能とまではいえません。

その際は、就業規則(賃金規程)上に判断基準や減給の定め等を置く事が必要です。従いまして、文面のような定義に加えまして、具体的な職務遂行能力のランク付けやそれに応じた減給措置についての内容を記載しておく事が求められます。

  • 投稿日:2014/03/11 09:01
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。基本オペレーション(日報の日々提出、会社から全社員に指示されている提出書類等)ができていない場合に職能を見直しを行うことを年度の方針会で告知はしていますが、文面では規程には掲載していないです。細かいものは規定ではなく、基準書のような形で残しておくことでよいでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:1名
専門家より
  • 投稿日:2014/02/17 11:31
  • ID:QA-0057771

代表者

確固とした査定方式が重要なポイント

「 職能 」 というのは、 「 職務を遂行する能力 」 ということなので、 「 職務要件が明らかにされ、 遂行する能力を査定する方式が確立 」 されていないと、 実際には、 機能しない制度です。 賃金の基本は、 労働の再生産費用だといった古典学問的議論はさておき、 その本質は、 「 労務の対価 」 なので、 どのような制度でも、 最低限、 「 職務要件と査定方式 」 の2つが備わっていることが必要です。 職能給制度は、 戦後の生活給理論と職務給理論のいずれもとり得なかった日本企業で、 この2色のカメレオン的制度をして生まれ定着したものです。 それだけに、 「 仕事ぶりは変わっても、 能力は減るものではないから、 賃金は下げならない 」 といった議論は、 未だ、 健在です。 つまり、 能力・仕事・賃金の間にギャップの生じやすい制度なのです。 この下方硬直性を柔軟にするため、 後付けで、 色々な仕組みが追加されてきて、 現在の職能給制度が存在しているのです。 以上の背景を念頭に入れ、 質問に戻ります。 「 ・・能力を遺憾なく発揮しているかが基本・・ 」 とされていますが、 矢張り、 能力だけが評価要素ではなく、 その発揮度が決め手のようなので、 確固とした査定方式が重要なポイントになると思います。 賃金への反映 ( 引上げ、引下げ双方向 ) も、 査定方式がシッカリしておればこそ可能な措置です。

  • 投稿日:2014/03/11 09:02
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。
査定の細かい基準が年度、事業計画毎に替わる可能性があるのでそれに即して変更するのが大変そうですね。

この回答は参考になった
参考になった:1名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ボブ・パイク 参加者主体の研修テクニック シェアNo.1採用管理システムi-web
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/17
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。



健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


仕事の悩みを抱える社員は90%以上<br />
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

仕事の悩みを抱える社員は90%以上
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

日本社会の少子高齢化、経済のグローバル化の背景の中、M&Aやリストラク...