企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

職責と名刺タイトルについて

弊社の評価・賃金制度は、「資格等級制度」であり、5段階(J・P・L→スタッフ職、M・GM→管理職)となっております。 また、職責としては、部門を統括する「部長」、その下のグループを統括する「グループマネージャー」があります。
名刺への役職記載については、「部長」と「グループマネージャー」の他に、エンジニア職については、「サービスエンジニア」を記載しています。
このたび、スタッフ職の中でもLクラス(リーダーレベルを表します)の社員に、名刺上、何か肩書きをつけることはできないかとの提案がありました。
以前の評価制度では、主任という役職があり、名刺にも記載していましたが、新制度への移行に伴い、「部長、課長、課長代理、主任」といった格付けがなくなりました。 Lクラスは、レベル的には主任クラスですが、特に役職手当があるわけではなく、また同じLクラスでも、実際の職務上リーダー的役割を担っている場合と、そうではない場合があります。
そういった状況下ではありますが、このLクラスの社員対象に名刺上の適切な表現はありますでしょうか。
私の案としては、一律「リーダー」とするか、職務を表す言葉に「シニア」をつけて、「シニアエンジニア」、「シニアセールスエンジニア」、「シニアアカウンタント」、「シニアアドミニストレーター」などはどうかと思っております。
本人たちのモチベーションにもつながるものを考えたく思っていますが、何かアドバイスがあれば是非お願いいたします。

投稿日:2013/01/11 20:01 ID:QA-0052797

****jinjiさん
東京都/ 

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

御相談の件ですが、モチベーション向上が主旨であれば、まず対象従業員に希望調査をされた方がよいでしょう。人事担当のみで良かれと思い決められても万一不評だった場合、返ってモチベーション低下に繋がりかねませんし、何故当事者の意向を聞いてくれないのか?といった不満の声が上がる事もありえるでしょう。

こうした全くの任意で決める事が可能であり、かつ直接のコスト計算をしなくともよいテーマこそ積極的に従業員の意見を求めて納得感を高めるべきといえます。部外者の私共が連想するよりもはるかに現状に適した案が出てくるはずです。

投稿日:2013/01/11 20:27 ID:QA-0052798

相談者より

早速のご回答ありがとうございます。目的により、比較的自由に決定が可能だということがわかり、是非 効果的な呼称を考えていきたいと思います。

投稿日:2013/01/16 14:16 ID:QA-0052824大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

営業視点で

人事制度上のポジションと呼称を別建てにするのは珍しい話ではありません。部下の無い部長や一人部署マネージャー等、業務推進上、特に営業政策上必要だったり、リストラで大幅な組織変更があった際にモチベーション維持のため、行われたりもしています。ゆえに本件も対象部署と話合い、営業的な視点なのか、モチベーション的視点で好ましい名称を考えられたらよろしいかと存じます。もちろん決めるのは最終的には会社ですから、対処部門が決めるのではなく、アイデアや要望を集めるというスタンスを周知しておく必要はあります。

投稿日:2013/01/11 22:58 ID:QA-0052799

相談者より

早速のご回答を頂き、ありがとうございます。
各部門の要望をよくきいて、フレキシブルに対応していきたいと思います。

投稿日:2013/01/16 14:18 ID:QA-0052825大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

対外的に与える、権限誤認の可能性への注意が必要

ご相談の、社内のステータス論議と直接関係はありませんが、 名刺など、対外的な使用に際しては、 その肩書きが対外的に与える、権限誤認の可能性への注意が大変重要です。 これは、民法に定められている、「 表見代理 」 というもので、経営に重大な損害を惹き起こすリスクがあります(109~112条)。 これは、取引の相手方が、名刺に表示されている役職 ( 実際には、権限がないにも拘わらず )が、善意・無過失で、権限があるのものと信じて、行った契約について、その契約は有効とされるというものです。 会社に甚大な損害を与えた係争事例もあり、注意を要します。 会社によっては、「 名刺使用管理規程 」 を設けるいることも少なくありません。

投稿日:2013/01/12 11:53 ID:QA-0052800

相談者より

早速のご回答を頂き、ありがとうございました。
部門の要求にフレキシブルに対応していきたいと思いますが、権限誤認のリスクもわかりやすくご説明頂き、理解することができました。

投稿日:2013/01/16 14:19 ID:QA-0052826大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
名刺における肩書きについて
当社は職能資格制度を運用しており、名刺には所属部門と社内の役職(部長・マネージャー・課長・チームリーダー・係長 等)を記載しております。このため若手の一般社員は所属部門だけの肩書きの無い名刺となっています。名刺交換する場合、役職が無いと軽んじられる場合もあると思います。そこで特に営業職や技術職の場合...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 人事制度構築フロー
    人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。
  • 人事制度とは
    人事制度とは、広義には労務管理を含めた従業員の「処遇」に関するしくみ全般を指す。ここではその意義と運用のポイントについてまとめた。
  • 現場管理職アンケートから見た これからの管理職育成
    民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、現場管理職の育成の方向性を探ることを目的として、現場管理職へのアンケートを実施。本記事では、その中から「仕事の能力が向上した時期と、役立った経験」「上司から受けた指導と、部下育成のため実践している指導」「管理職の意欲、モチベーションの源泉」につい...
あわせて読みたいキーワード
トータル人事制度
人事評価、目標管理、賃金・賞与、人材育成などの制度がトータルに連動した人事制度。年齢や勤続年数にとらわれず、高い成果や業績を上げた社員を高く評価するとともに、その結果を公平かつ適正に賃金などの処遇に反映させることで、社員のモチベーションに応えることを目的としています。
役割等級制度
役割等級制度とは、それぞれの役職や仕事に求められる「役割」の大きさに応じて等級を設定し、その役割を担当する社員の格付けを行う制度のこと。「同一役割・同一賃金」を前提として、年齢やキャリアに関係なく、難易度・期待度の高い役割で成果を上げれば、それに見合う報酬が得られます。
バンド型賃金制度
「バンド型賃金制度」とは、職務別あるいは役割別に一定の賃金範囲=バンド区分を設定し、社員それぞれの賃金の額を、本人が属するバンドの範囲内で評価に応じて変動させる賃金制度のことです。バンド(band)は「帯」の意味で、上限額から下限額まで幅をもたせた帯状の賃金構造を指します。成果主義型の給与体系を設...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/17
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


10~300名規模の企業だからこそ効果的<br />
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

10~300名規模の企業だからこそ効果的
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

クラウドシステム導入を検討する中堅・中小企業必読のインタビュー。システ...


2015年9月施行予定の「改正労働者派遣法」の狙いは何か?<br />
 改正により派遣先企業に求められる対応を考える

2015年9月施行予定の「改正労働者派遣法」の狙いは何か?
改正により派遣先企業に求められる対応を考える

2015年9月施行予定の「改正労働者派遣法」により、これまでの派遣労働...