企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

禁煙の強制について

いつもこちらの掲示板を参考にさせていただいております。

質問なのですが、
現在、喫煙者用に喫煙室があるのですが、
社員の健康管理の為、社内で全面的に喫煙禁止にすることは
可能でしょうか?

喫煙者の権利を考えると不利益変更等に該当するのでしょうか?

投稿日:2009/07/28 17:53 ID:QA-0016936

*****さん
東京都/ 

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

公共の福祉

結論から申し上げれば、健康増進法の主旨から、不利益変更とはならないと言えると思います。

健康増進法で、受動喫煙の防止について、事務所も対象となり、必要な措置を講ずるように努めることが求められます。
むしろ禁煙措置を講じないことによる、非喫煙者からの訴訟リスクと敗訴の可能性の方がずっと高く、危険な状態であると感じます。

ただし、労務問題は、単に正誤を白黒つけるだけでは解決となりません。ご懸念のような喫煙者の「権利」というより、心情への配慮をぜひ講じていただきたいと思います。

それには喫煙場所の設置や、「迷惑だから」「喫煙者は少数派だから」という論理ではなく、健康増進が企業の目標であり、また非喫煙者の権利も無視できない社会的環境であること、それが企業としてのリスクであることを、きちんと会社として出来れば社長様よりご説明いただきたいと思います。

結果として御社の喫煙率が下がれば、確実に健康増進によって様々なリスクも損害も減らせる可能性があります。しっかりとご説明をなさって下さい。

投稿日:2009/07/28 20:41 ID:QA-0016937

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

既に増沢様から大変適切な回答がされていますが、私共の見解も述べさせて頂きますね‥

喫煙の問題に関しましては業務と直接関係が無いことでもありますので、喫煙を禁止することで直ちに労働条件の不利益変更になるということはございません。

逆に喫煙による健康被害が明らかとなっており、また企業への受動喫煙防止措置が義務付けられていることから、職場での安全衛生管理の観点からしましても全面禁煙とすることが不適切な措置になるものとはいえないでしょう。

しかしながら、喫煙者の便益を全く無視して全面禁煙となれば、喫煙者の不満が高まりひいては業務にも悪影響を及ぼすことは十分に考えられますね‥

文面にもございますように、社員の健康管理の為既に分煙措置を行われているはずですので、喫煙室も廃止する場合には何故そこまでの措置が必要であるかをまず明確に示されるべきです。そうでなければ、会社の真意に関わらず喫煙者への嫌がらせ行為と受け止められ職場の雰囲気が一気に悪くなるかもしれません。

喫煙・禁煙に限らず、社内での様々な取り扱いを見直す場合には、それがたとえ重要な労働条件でなくとも、当事者を交えて十分に説明・意見聴取をされた上で公平性・納得性を得られるようにする事が重要です。

投稿日:2009/07/28 21:06 ID:QA-0016939

相談者より

 

投稿日:2009/07/28 21:06 ID:QA-0036640大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
喫煙時間の取扱いについて
いつも勉強させていただいており、ありがとうございます。 社内で数名、喫煙のため長時間席を離れるものがおり、他の社員から管理部あてにクレームとなっており困っています。 いっそのこと、就業規則等に喫煙している時間は勤務時間ではない(休憩時間)と、盛り込むべきという声もあがっているのですが、盛り込むにし...
社員への罰金について
いつも参考にさせて頂いてありがとうございます。 今回ご相談したのは、弊社の従業員への罰金についてです。 弊社では、指定場所以外での喫煙を禁止しておりますが、何度注意しても聞かない従業員がおり、 困り果てています。 この従業員が指定場所以外での喫煙をした場合、罰金(500円を予定)を科そうと思う...
2020年4月1日受動喫煙防止の義務化に伴う就業規則の規定について
いつもお世話になります。 改正健康増進法が令和2年4月1日より施行され、原則として職場内では喫煙をすることはできないこととなり、屋内での喫煙を許す場合には「喫煙室」を設置し、完全にタバコの煙を遮断しなければならなくなりますが、 上記の件につきましては、法令で屋内では禁煙が義務となるため、特に就業...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
喫煙休憩
「喫煙休憩」とは、就業時間中に従業員が喫煙目的で席や持ち場を離れ、オフィスに設置された喫煙コーナーや戸外など、喫煙が許される場所まで移動して休憩をとることをいいます。受動喫煙防止をうたった健康増進法の施行(2003年)以来、社内禁煙・分煙の流れが強まり、喫煙者は肩身が狭い思いをしていますが、一方で多...
分煙
喫煙する場所を定め、それ以外の場所を禁煙とする方法です。禁煙タイムなどを設ける「時間分煙」に対して、「空間分煙」と呼ぶこともあります。
プロパー社員
プロパー社員とは、「正しい、本来の」などの意味をもつ英語“proper”から転じた和製英語まじりの言いまわしで、いわゆる「生え抜き」の社員や正社員のことを指す、日本の企業社会特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは文脈や職場によって異なります。
定番のQ&Aをチェック
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

事務職派遣を検討中の担当者様へ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/18
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

『日本の人事部』では、魅力ある「体験型ワークショップ」をもっと多くの方...


新たな福利厚生施策 ~社員の満足度を高める「会員制リゾートホテル」活用法とは?

新たな福利厚生施策 ~社員の満足度を高める「会員制リゾートホテル」活用法とは?

現在、福利厚生施策の中で、社員同士や家族連れで自由かつ気楽に利用できる...