企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

個人情報

いつも大変お世話になっております。

個人情報についてお伺いしたいのですが、
グループ会社の組織図、各社員の会社のメールアドレスを
グループ会社内で開示することは問題があるのでしょうか。

組織図・メールとも業務に必要という観点で考えると、
すべての社員を知る必要はありません。

よろしくお願い致します。

投稿日:2009/06/24 10:33 ID:QA-0016535

*****さん
東京都/建築・土木・設計

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

荒川 大
荒川 大
株式会社ENNA 代表取締役

名刺に記載されている情報は「個人情報」ではありません。

個人情報を考える時には、個人を特定できる情報という一般的な考え方と、守らなければならない情報なのか?という狭義の考え方があります。

組織図が非公開情報であればもちろん社内限定となりますが、もしグループ会社間のコミュニケーションを強化したいと考えるのであれば、やはりどこの部署で誰が仕事をしているのかを知らせることは有効かと思います。

社員毎の必要性で判断すると情報公開範囲に悩んでしまいますから、名刺に記載できるものは社内公開事項として定めてしまって問題ないと思われます。

ちなみに、名刺情報が個人情報の管理下から外れる根拠は、名刺が配布(公開すること)を前提に作成されているからであり、誰が目にしているのかを把握できない情報であるからです。(集めるだけ集めて販売するとなると…コンプライアンス上の問題があるかもしれませんが…)

投稿日:2009/06/24 11:14 ID:QA-0016536

相談者より

ありがとうございました。

投稿日:2009/06/25 17:25 ID:QA-0036477大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

企業リスク・セキュリティの視点

会社が発行し、業務上の使用のために使うべきメールアドレスは、個人情報ではないと言う説を私は支持いたします。
グループ会社間での情報流通は、当然業務の一環として必要とのご判断であれば、こちらも会社の方針としてお決めいただいてよろしいと存じます。

さて一方で、こういうデジタル情報は、どれだけセキュリティをかけても、絶対安全はありません。外部に流出等の可能性は常にございます。従いまして、社員の業務と連絡先が漏れるという、とりわけ重要業務についている社員情報はライバル社などから見ますと、たいへんおいしい情報でもあります。

そのようなことも想定し、事故にも耐えられる表現方法や方策をお考えになってはいかがでしょうか。

投稿日:2009/06/24 21:32 ID:QA-0016543

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
情報保護管理について
ご教示下さい。 個人情報について、各種セミナーなどに参加した際に配布されるセミナー資料に個人が特定される情報の記載がある場合、個人情報としての管理が必要となりますでしょうか? また購入している書籍などに記載の個人が特定される情報についても同様に個人情報としての管理が必要となりますでしょうか? 初...
個人情報保護方針
人事管理における個人情報保護の観点からの管理体制や仕組みはどのようにすればいいでしょうか?
26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
組織社会化
組織研究において、新しく組織に加わったメンバーが、組織の目標を達成するために求められる役割や知識、規範、価値観などを獲得して、組織に適応していくプロセスのことを「組織社会化」といいます。個人が組織に参入するときは、必ずこの組織社会化の過程を通過しなければならないと考えられています。 (2012/5...
ホラクラシー
「ホラクラシー」(holacracy)とは、従来の組織管理体制に代わる、新しい組織管理体制・経営手法の一つです。従来の組織形態は、主に中央集権型・階層型のヒエラルキー構造に基づいていました。小さなグループのリーダーがいて、それよりも大きなグループのリーダーがまたその上にいる……といったように、会社自...
トランザクティブ・メモリー
「トランザクティブ・メモリー」(Transactive memory)とは、1980年代半ばに米ハーバード大学の社会心理学者、ダニエル・ウェグナ―が唱えた組織学習に関する概念で、日本語では「交換記憶」あるいは「対人交流的記憶」「越境する記憶」などと訳されます。組織学習の一つの側面である組織の記憶力(...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/27
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。