企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15184件   回答数32716

個人情報

いつも大変お世話になっております。

個人情報についてお伺いしたいのですが、
グループ会社の組織図、各社員の会社のメールアドレスを
グループ会社内で開示することは問題があるのでしょうか。

組織図・メールとも業務に必要という観点で考えると、
すべての社員を知る必要はありません。

よろしくお願い致します。

  • *****さん
  • 東京都
  • 建築・土木・設計
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:その他
  • 投稿日:2009/06/24 10:33
  • ID:QA-0016535
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2009/06/24 11:14
  • ID:QA-0016536

荒川 大
株式会社ENNA 代表取締役

名刺に記載されている情報は「個人情報」ではありません。

個人情報を考える時には、個人を特定できる情報という一般的な考え方と、守らなければならない情報なのか?という狭義の考え方があります。

組織図が非公開情報であればもちろん社内限定となりますが、もしグループ会社間のコミュニケーションを強化したいと考えるのであれば、やはりどこの部署で誰が仕事をしているのかを知らせることは有効かと思います。

社員毎の必要性で判断すると情報公開範囲に悩んでしまいますから、名刺に記載できるものは社内公開事項として定めてしまって問題ないと思われます。

ちなみに、名刺情報が個人情報の管理下から外れる根拠は、名刺が配布(公開すること)を前提に作成されているからであり、誰が目にしているのかを把握できない情報であるからです。(集めるだけ集めて販売するとなると…コンプライアンス上の問題があるかもしれませんが…)

  • 投稿日:2009/06/25 17:25
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2009/06/24 21:32
  • ID:QA-0016543

この回答者の情報は非公開になりました

企業リスク・セキュリティの視点

会社が発行し、業務上の使用のために使うべきメールアドレスは、個人情報ではないと言う説を私は支持いたします。
グループ会社間での情報流通は、当然業務の一環として必要とのご判断であれば、こちらも会社の方針としてお決めいただいてよろしいと存じます。

さて一方で、こういうデジタル情報は、どれだけセキュリティをかけても、絶対安全はありません。外部に流出等の可能性は常にございます。従いまして、社員の業務と連絡先が漏れるという、とりわけ重要業務についている社員情報はライバル社などから見ますと、たいへんおいしい情報でもあります。

そのようなことも想定し、事故にも耐えられる表現方法や方策をお考えになってはいかがでしょうか。

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
グループ会社への社員情報の公開
いつも参考にさせていただいています。 近々グループ会社の経理業務を含む管理業務を一元化されることになり、担当部署(当社ではありません)から当社の社員情報(個人情報)に係る申請・承認をそこの部署を通して行うよう言われてきています。 グループ会社とはいえ別会社です。社員の事前承認を得ずこの要請を受け...
グループ会社の社員を合わせると50人以上の事業所になる
当社はホールディングが100%出資の会社で事業場の社員40名の会社です。ある事情によりグループ会社(同様にホールディングが100%出資)の社員30名が当社の事務所で仕事をするようになりました。今まで当社は事業場社員50名未満の会社のため、安全管理者、衛生管理者、産業医を選任しておりませんでした。しか...
雇用管理に関する個人情報の関連会社への提供について
今般、当社は50%の資本が入った関連会社(派遣会社)を設立し、当社の契約社員をすべて新派遣会社に移管(実際は当社においては契約満了、新会社であらためて採用)しました。その際、従来当社で保有していた当該契約社員の個人情報を、関連会社に提供することについて何か問題がありますでしょうか。また、あるとすれば...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 薄井ゆうじさん 「新会社法」で起業して成功する社長、失敗する社長
    今年5月から新しく「新会社法」が施行され、誰でも資本金1円でも簡単に株式会社がつくれるようになります。しかし、「なぜ会社をつくるのか」「会社をつくるとはどういうことなのか」が、現在ほど問われている時代もないでしょう。薄井さんに改めて、会社をつくるということについてうかがいました。
  • 坂本 光司さん:“社員を“幸せ”にする企業経営のあり方とは
    ベストセラー『日本でいちばん大切にしたい会社』の著者である、法政大学大学院・坂本光司教授は、企業経営とは「社員とその家族」「社外社員とその家族」「現在顧客と未来顧客」「地域社会・地域住民」「株主・出資者」の五人を幸せにすることだと説かれています。今回はこの中から、坂本先生が第一に幸せにしなければなら...
  • 広がるネット情報とどうつき合うか 企業、人材紹介会社それぞれの対応とは
    インターネットの充実は、転職の際の情報収集に大きな変化をもたらしました。以前であれば、企業の内部事情などは、その会社に知り合いがいない限り、知りようがありませんでしたが、最近ではクチコミ情報の専用サイトや掲示板を見れば、多くの企業の社内の雰囲気などの情報を得ることができます。非常に便利になったように...
あわせて読みたいキーワード
ホラクラシー
「ホラクラシー」(holacracy)とは、従来の組織管理体制に代わる、新しい組織管理体制・経営手法の一つです。従来の組織形態は、主に中央集権型・階層型のヒエラルキー構造に基づいていました。小さなグループのリーダーがいて、それよりも大きなグループのリーダーがまたその上にいる……といったように、会社自...
組織社会化
組織研究において、新しく組織に加わったメンバーが、組織の目標を達成するために求められる役割や知識、規範、価値観などを獲得して、組織に適応していくプロセスのことを「組織社会化」といいます。個人が組織に参入するときは、必ずこの組織社会化の過程を通過しなければならないと考えられています。 (2012/5...
サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

女性活躍推進法が改正!▼詳細はクリック▼ Z会×最新テクノロジーのTOEIC対策
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:02/01~02/18
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...