無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

退職金の支払い日について

通常、退職金は退職日あとにしはらうものですか?
退職日より1-2か月まえ、つまり在職中に支払ってもいいのでしょうか?
支払うべきタイミングについてご教示ください。

投稿日:2022/06/17 11:31 ID:QA-0116303

SMIさん
神奈川県/教育

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答5
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

退職金規定どおり、支給してください。

一般的には、退職という事由が発生してから、支給します。

在職中に支払うと、税務上、退職金扱いとならない可能性があります。

投稿日:2022/06/17 17:50 ID:QA-0116314

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
株式会社RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

規定

退職金規定には、「退職日の◯日以内に支払う」というような取り決めがあるはずです。
規定通りに支払って下さい。
退職金は企業が独自に設定する制度ですので、そもそもの退職金制度の有無含めて自社で規定化されていることになります。

投稿日:2022/06/17 19:43 ID:QA-0116320

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、人事労務の観点では、退職金の支給日に関する制限は特にございませんので、在職中に前払いされても差し支えございません。

しかしながら、税務上の観点からしますと、前払いされた場合には原則としまして退職所得としては扱われず、給与所得としての課税対象となりますので、退職日以後で就業規則(退職金規程)に定められた日に支払われるべきです。尚、退職金が制度化されていれば、その支給時期については就業規則上で定めておかれる事が必要です。

投稿日:2022/06/17 21:42 ID:QA-0116323

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

退職金制度は任意の制度ですから、支払時期をいつにするかは、基本的には企業が自由に設計することができるものです。

ですが、労基法は、退職金の支払時期を就業規則に明記することを義務づけており(労基法第89条3号の2)その定めに従い支払うのが一般的です。

投稿日:2022/06/19 08:26 ID:QA-0116339

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

退職金の支払日

▼労基法23条1項は、退職者する労働者への金品の返還につき、「使用者は、労働者の死亡又は退職の場合において、権利者の請求があつた場合においては、七日以内に賃金を支払い、積立金、保証金、貯蓄金その他名称の如何を問わず、労働者の権利に属する金品を返還しなければならない」。
▼退職金も、労働協約、就業規則または労働契約などにより支給条件が明確に定められている場合は労働基準法上の「賃金」に当りますので、労働者の請求を受けた時から7日以内に支払わなければならないことになります。
▼但し、退職金は相当高額に上ることもあり、「就業規則において社員の退職後1ヶ月以内に退職金を支払う」といった定めがあれば、その期間内に退職金を支払えばよいことになります。

投稿日:2022/06/19 11:13 ID:QA-0116343

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
退職理由説明書

退職合意済みの社員に、どのような理由で退職に至ったかを記入してもらう書類です。ヒアリングは慎重に行いましょう。

ダウンロード
退職証明書

従業員が退職したことを証明する「退職証明書」のサンプルです。ダウンロードして自由に編集することができます。

ダウンロード
退職手続きリスト

従業員の退職では社会保険や退職金の手続き、返却・回収するものなど、数多くの業務が発生します。ここでは必要な退職手続きを表にまとめました。ご活用ください。

ダウンロード
関連する資料
HRテクノロジーで退職を防ぐ~AI×勤怠データから高精度に退職予備軍を検知~

企業において人材流出は、採用コスト・人材育成コストの増加、従業員の負担、業務の停滞による生産性の低下など大きな損失になります。「優秀な人材の流出をいかにして食い止めるか」は大きな命題の1つと言えます。本資料では従業員の離職防止をテーマに、AIを活用した退職予備軍の早期検知手法についてご案内致します。

人事労務でよくあるQ&A 15選

人事や採用、労務にいたるまで幅広い領域を担当されている方も多いかと思います。
そこで今回、エン・ジャパンに実際に寄せられた質問の中でも、特に「参考になった」という声が多い質問を、Q &A 形式でご紹介する資料を作成しました。ぜひ、楽しみながら人事・採用・労務の知識力アップにつながれば幸いです。

「早期退職」を募るときに気をつけたい"5つ"のこと。再就職支援を正しく活用するために

社会経済の先行きが読めない今、「早期退職」という言葉をニュースで聞く機会も増えました。「早期退職」の意味はなんとなく分かるけれど、具体的な制度の内容については知らない方も多いと思います。そこで、早期退職の意味やその必要性、早期退職と「再就職支援」との関係性など、今知っておきたい情報を紹介します。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード