無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

病気休暇の承認について

お世話になります

当社就業規則において「病気休暇」があり、『傷病等のために勤務しないことがやむを得ないと会社が認めたときは、医師の診断書などに基づき病気休暇を与えることができる。また、病気休暇中の給与は月例給与の全額支給する』としています。
この度、有給休暇残日数が不足の職員が、連続して4日間欠勤した日にかかる診断書の提出がありました。病名が「片頭痛および急性腎盂腎炎」となっており、入院加療ではなく、自宅療養の診断でありました。
普通、このような体調不良については有給休暇を申請されることが大半のため、この事由で診断書を提出し、病気休暇を申請されたことが初めてです。
果たして管理部として受理し、病気休暇を認めなくてはならないものなのか?
物議が起こったため助言をいただきたく存じます。

ちなみに、当社では当日の有休申請は認めておらず、当日申請する場合はやむを得ない事情があると認められる場合以外は、欠勤と規定しています。

そのため、この職員が提出した診断書は当日欠勤をやむを得ない事情の理由と認められる材料としてのものと据えるのが妥当ではないかと思いますが、病気休暇として認めなくてはならないのでしょうか?

これを病気休暇と認めてしまうと、今後、診断書さえ提出すれば何でもありということとなってしまうのではないかと懸念されますのでどのように対応したらよいかご教示いただけますと幸いです。

投稿日:2022/05/13 11:55 ID:QA-0114994

3053さん
東京都/医療・福祉関連

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

就業規則の規定が根拠となりますので、 「傷病等のために勤務しないことがやむを得ないと会社が認めたときは、医師の診断書などに基づき病気休暇を与えることができる。」 である以上、 診断…

会員登録(メールアドレス登録)すると続きを読むことができます

ログイン/会員登録

投稿日:2022/05/13 14:05 ID:QA-0114997

相談者より

ご回答ありがとうございました。
病気休暇付与の方向で受理するとともに産業医からのアドレスも伺うこととします。

投稿日:2022/05/13 15:33 ID:QA-0115004大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

特別休暇制度が必要

▼有給休暇消化後の病欠は診断書の有無にかかわらず、出勤扱いと…

会員登録(メールアドレス登録)すると続きを読むことができます

ログイン/会員登録

投稿日:2022/05/13 14:50 ID:QA-0115003

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
有給休暇届

有給休暇届です。書式内の「●」の部分を、御社の規定に合わせて変更をお願いいたします。是非ご利用ください。

ダウンロード