無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

欠勤のときの月給

いつもありがとうございます。
8月16日から正社員として勤務しているスタッフが
熱を出して9月18日から欠勤しています。
もちろん、有給も発生していません。
お給料は月給制なのですが欠勤分を日割りにして
減額した分を支払うという感じで問題ないでしょうか?
アドバイスお願いします。

投稿日:2021/09/18 11:47 ID:QA-0107786

いたみなさん
東京都/医療・福祉関連

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答5
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

雇用契約

雇用契約によります。日給月給制、年棒制、時給制など給与支払いの最も根本的な条件ですので、雇用契約で定めていない場合は社員と今から話し合って合意を得るしかないでしょう。

投稿日:2021/09/21 09:34 ID:QA-0107806

相談者より

ありがとうございます。
欠勤分は控除という給料形態でした。
また、熱が高かったのでPCRの証明書を
持ってきてほしいとお願いしたところ
断られ退職すると言われました。

投稿日:2021/09/22 16:02 ID:QA-0107870大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

完全月給でない限り、
ノーワークノーペイの原則により、欠勤控除するのが通常です。

賃金規程もご確認ください。

投稿日:2021/09/21 09:41 ID:QA-0107807

相談者より

ありがとうございます。
欠勤分は控除という給料形態でした。
また、熱が高かったのでPCRの証明書を
持ってきてほしいとお願いしたところ
断られ退職すると言われました。

投稿日:2021/09/22 16:02 ID:QA-0107871大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

月給制の定義に依る

▼月給制といっても、完全月給制、月給日給制や日給月給制というのがあります。これらは一般的に次のように定義付けられています。
① 完全月給制
毎月決まった金額を月次の給与として100%支払うもので、例え欠勤等しても、同額を支払うので完全月給制といわれています。
② 月給日給制=月給制
あまり使われていない用語ですが、欠勤や遅刻・早退すると、その分を月額の賃金から控除つまり差っ引くというものです。しかし、遅刻など時間(分)単位で控除することも多々ありますので、日給という表現は、適切な用語とは言えません。日給月給制との混合もありますので、これらも単の「月給制」といっています。
③ 日給月給制
日給は一日働いたら、この金額だけ支払うというものですが、日給月給制は、これを毎日支払うのではなく、一定の期間を定めて、月一回決まった日に支払うというものです。もちろん計算期間や支払日は、自由に設定できるので、労働契約や規程で定めることが必要になります。
▼「欠勤分を日割りにして減額した分を支払う」ということですから、日給月給制ということになります。

投稿日:2021/09/21 10:01 ID:QA-0107809

相談者より

ありがとうございます。
欠勤分は控除という給料形態でした。
また、熱が高かったのでPCRの証明書を
持ってきてほしいとお願いしたところ
断られ退職すると言われました。

投稿日:2021/09/22 16:03 ID:QA-0107872大変参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

基本的には、ノーワーク・ノーペイの原則に従い欠勤控除をしても問題はありません。

ただし、賃金規定等に完全月給制を定めている場合は、控除はできないということになります。

投稿日:2021/09/21 13:52 ID:QA-0107819

相談者より

ありがとうございます。
欠勤分は控除という給料形態でした。
また、熱が高かったのでPCRの証明書を
持ってきてほしいとお願いしたところ
断られ退職すると言われました。

投稿日:2021/09/22 16:03 ID:QA-0107873大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、御社が完全月給制、すなわち欠勤があっても一切賃金控除されないといった制度を採られていれば、月給をそのまま全て支給される必要がございます。

そうでなければ、欠勤日数分について日割で減額控除される事で差し支えございません。

投稿日:2021/09/21 23:44 ID:QA-0107838

相談者より

ありがとうございます。
欠勤分は控除という給料形態でした。
また、熱が高かったのでPCRの証明書を
持ってきてほしいとお願いしたところ
断られ退職すると言われました。

投稿日:2021/09/22 16:03 ID:QA-0107874大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート