企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数15055件   回答数32363

社員教育制度の構築に向けて

はじめてメールします。
過日、上席より「弊社の社員教育制度の構築について、その叩き台を作るように・・・」との指示を受けました。
とても漠然としており、どこからどのように手をつけて良いのか皆目見当がつきません。
「外部教育コンサルタントへ相談する」ことを進言したところ、「まずは独自でその流れを作るように・・・。」とのこと。
会社としての課題もその取り掛かりの糸口も与えられないで困っています。
一般的(と言っても何が一般的なのかも分かりませんが)に社員教育制度の構築に向けた注意点・進め方を教えて頂けないでしょうか?
弊社は紙加工業界(パッケージ)のメーカー兼商社で、営業職・事務職・技術職・製造職で構成されています。

  • *****さん
  • 静岡県
  • 紙・パルプ
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2007/10/24 13:09
  • ID:QA-0010196

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2007/10/24 13:41
  • ID:QA-0010199

有限会社ライフデザイン研究所 代表取締役

社員教育制度構築のアウトライン

シンプルで基本的な考え方を示します。
階層的には、「チームメンバー」と「チームリーダー(管理者)」の2階層。職種別には「営業職」「事務職」「技術職」「製造職」の4種類。合計8種類の区分があります。(管理者を全職種一律にすれば、5種類)
この区分ごとに期待される能力を「知識」「技能」「行動」で表現します。
できれば、「3~5年後の会社の方向性」を考えての能力が望ましいのですが・・・。
その能力を習得するためのプログラムが「社員教育制度」になります。

  • 投稿日:2007/10/24 13:41
  • 相談者の評価:大変参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2007/10/24 16:53
  • ID:QA-0010205

この回答者の情報は非公開になりました

何のために?

「社員教育制度」のたたき台をということだけでは、何とも判りかねますが、上席の指示の背景には、必ず経営幹部からの指示やご本人の潜在的な問題意識があるかと思います。
表面的には、NO.001やNO.002の回答にもあるとおり、階層別・職種別のスキルとマインド向上プログラムの作成ということかも知れませんが、それはたぶん本来の目的というより、手段かと思います。
何を解決したいのか?貴殿が知りうる現在の御社の課題をトレースした場合、教育を通じて解決すべき課題と、その優先順位をしっかりと上席や経営幹部と確認することが先決かと思います。
まさか上席もただ貴殿を試している訳ではないと思いますので、もう一歩先の課題やねらいをしっかりと掴めば、「体系」を創ることなのか、より実践的な優先順位を付けた課題解決が必要なのか、取り組み方もわかってくるかと思います。
上席からのこれだけの言葉で悶々と考えるよりは、むしろ回り道を避けられるでしょう。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2007/10/25 11:42
  • ID:QA-0010213

この回答者の情報は非公開になりました

社員教育制度の構築に向けて

はじめまして。株式会社イプセの水戸大介と申します。

弊社は、人事コンサルティングを行っている中で、教育体制の構築や、その会社様に合わせた研修プログラムの開発も行っておりますので、その視点からアドバイスをさせていただきます。

社員教育構築というのは、今後の御社の発展のベースとなるとても重要な部分になってきますので、構築にあたって非常にご不安だとお察しします。

では、構築の取っ掛かりといたしまして、まず、おさえていただきたい点は、
社員教育体制だけをクローズアップをするのではないと言うことです。

まずは、企業の目標があり、それを達成させるための1つのツールとして、
人事制度があり、その人事制度の1要素が教育体制である
と言う視点から、見ていく必要があります。

そうしないと、教育体制の細部ばかりが気になり、
今後の会社の方向性を考えた時に、どのような人材が求められるのか。
その求められる人物を育成するためには、どのような仕組みが必要なのか。
という、根本の部分をはずしてしまい、単なる会社の自己満足の育成体制になりかねません。

ですから、求める社員像を明確にし、現状を正確に分析し、そのギャップを埋めるための戦略を立てる、という流れで行ってみてはいかがでしょうか。

現状分析には、組織活性度サーベイ(調査)などを活用されてみるのも、組織の状態が客観的に明らかになりますので、参考になるかと思います。

構築にあたってのそもそも論になってしまいましたが、もし、ご希望であれば、もう少し詳しい参考資料もお送りできますので、よろしかったら、ご連絡くださいませ。

重要なプロジェクトですので、ぜひ、がんばってくださいませ。

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
トータル人事制度構築について
現在当社では人事諸制度についての明確な制度がほとんどなくこのたび一からトータル人事制度の構築に取り掛かることになったのですが具体的にどういった形で進めていけばよろしいでしょうか
社員紹介制度の報奨金
他の方の質問にありましたが、そもそもどうして報奨金を社員に支払うことが違法なのでしょうか。
新人教育担当者(OJT)の教育
はじめまして。 4月からの新人教育担当者の教育についてお聞きしたいと思います。 弊社は、ようやく社内教育を始めた小さな会社です。 まだ、定期的には多少の新人研修しか行えていません。 3年目ですが、新人だけを教育しても現場に行くと挨拶などもなくなってしまいます。 新人教育担当者への教育について何か...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

STEM教育
「STEM教育」のSTEMは「Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)」の頭文字を取った造語であり、これら理工系の知識を統合的に学ぶ教育をいいます。米国において戦略的に科学技術人材を育成しようと始まったもので、オバマ元大統領...
トータル人事制度
人事評価、目標管理、賃金・賞与、人材育成などの制度がトータルに連動した人事制度。年齢や勤続年数にとらわれず、高い成果や業績を上げた社員を高く評価するとともに、その結果を公平かつ適正に賃金などの処遇に反映させることで、社員のモチベーションに応えることを目的としています。
プロパー社員
「プロパー社員」とは、「正規の、本来の」などの意味をもつ英語のproperから転じた和製英語まじりの言い回しで、いわゆる“生え抜き”の社員や正社員のことを言う、日本の企業社会に特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは使う文脈や職場によって異なります。中途入社や出向...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

電車が遅延?間に合わない時はWeb会議で 高尾の森わくわくビレッジ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/22
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...


~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~<br />
新人がイキイキと働くために、人事ができること

~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~
新人がイキイキと働くために、人事ができること

「3年3割」と言われる若年層の早期離職問題。手間もお金もかけて採用した...