企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

HR業界TOPインタビュー「人・組織」ビジネスを牽引する希代の経営者

組織につながりを創造する「コーチング3.0」
主観と客観のバランスを取りながら、大胆な施策を提供する

株式会社 コーチ・エィ 代表取締役社長

鈴木 義幸さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イノベーションを生み出す組織に変容するための“つながり”

鈴木さんは貴社をどのような思いで経営し、事業を展開されていますか。

以前我々が提供していた企業研修を「コーチング1.0」とし、エグゼクティブ・コーチングを「コーチング2.0」とすると、今は「コーチング3.0」にシフトしていると考えています。つまり、組織開発に向けたコーチングを実施し、組織のビジョンを実現するために社内の関係性を開発し、“つながり”を作る支援をしたい。

日本にはイノベーションが必要と言われて久しいですが、私はイノベーションには、「縦のイノベーション」と「横のイノベーション」があると思っています。縦のイノベーションとは、もともとある製品やサービスの品質を高めること。これは以前から日本企業が得意としてきたことではないでしょうか。

一方、横のイノベーションは、異なる部署や企業といった横のつながりから生まれてくるものです。かつてない新しい製品やサービスが生み出されることが期待されますが、トップダウンで横のイノベーションを起こすことは難しく、日本企業が苦手とする領域です。

最近、企業から「イノベーションを生み出すために、もっと横のつながりを作りたい」という相談が増えています。こうした要望に応えるためには、新しいつながりをデザインし、組織開発を進める必要があると私は考えています。そのためにコーチングが役立つ場面は少なくないでしょう。

たとえば上司と部下の関係が希薄化しているのであれば、つながりを強化してエンゲージメントを生み出す。あるいは部署を越えた横のつながりを増やして、創造性や生産性を高める。こうしたことがコーチングによって可能になります。

貴社のコーチングの特長を教えてください。

鈴木 義幸さん(株式会社 コーチ・エィ 代表取締役社長)

スポーツ選手を対象にしたコーチングをイメージするとわかりやすいと思いますが、アメリカ型のコーチングは、目の前の個人を強くするという特長をもっています。

しかし私たちは、リーダーだけでなく、リーダーを起点にした関係性にもフォーカスしたい。目の前の経営者が実現したいビジョンに寄り添いながら、「そのビジョンを誰と達成するのか」「そのためには組織がどのような関係性になればいいのか」「誰の能力を高めなくてはならないのか」といった問いかけを行っています。

たとえば、組織のリーダーをコーチとして育てる場合、あえて別の事業部や別の国の方を最低5人選び、横のつながりを作ります。これはコーチングにより相手の成功をサポートし、横のつながりを強くすることが狙いです。横のつながりが強まると、自分の仕事に役立つ情報が入りやすくなりますから、クロスボーダー型の業務変革や、新しいものを生み出そうというムーブメントが起きやすくなることが期待できます。

私たちはこうしたコーチングを「システミック・コーチング」と呼んでいますが、リーダーの行動変化を通じて、ステークホルダーや組織に変化を促し、最終的にはKPIなどへのビジネスインパクトを起こすことを目指しています。

現在の日本企業の「人・組織」「人事」に関する課題をどのように捉えていますか。

日本の企業組織では、「間に挟まる」という問題が多く起きていますよね。たとえ経営トップになったとしても、上に会長やOB・OG、あるいは年上の役員がいれば、なかなか自由に動くことができません。

特に中間管理職は、昨今の働き方改革推進の動きもあり、下に任せることが難しくなっているので、大変な状況です。上からは高いゴールを設定されているのに、下からの協力を得にくいわけですから。結果として一人で仕事を抱え込んでしまう。

この問題を解決するには、誰かに働きかける態度を身につけるしかありません。上司に「ここまでは待ってほしい」、部下に「短い時間だけど、ここまではやってほしい」といった表現をすることがとても大事です。

また、ジェネレーションギャップやダイバーシティの問題も顕在化しています。組織の中に外国人や女性が増え、Y世代、Z世代といった若い人たちとも意思疎通をして協力関係を築かなくてはなりません。「俺の時代はこうだった」ではもう通用しないのです。そういう意味でも、組織の関係性づくりは日本企業にとって重要な課題と言えるでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HR業界TOPインタビューのバックナンバー

舟橋 孝之さん(株式会社インソース 代表取締役 執行役員社長) :
顧客の「こうなりたい」という気持ちに寄り添い、課題解決に貢献
“作り続ける”サービスで多様な人材が活躍できる組織を生み出す
年間研修実施回数2万2000回超、年間研修受講者数51万人超など、企業研修業界で圧倒的な実績を持つ、株式会社インソース。研修事業に加えて、公開講座やITサービス...
2019/09/20掲載
根岸 千尋さん(株式会社廣済堂 代表取締役社長):
ベトナムで人材サービスを立ち上げて人生が変わった
――創業70周年で社長に就任。「100年企業」への礎を築く
今年で創業70年を迎える株式会社廣済堂。「広く社会に貢献する」を基本理念に、出版印刷をはじめとする情報コミュニケーション事業、求人メディアや人材紹介、海外人材サ...
2019/08/29掲載
鈴木 義幸さん(株式会社 コーチ・エィ 代表取締役社長):
組織につながりを創造する「コーチング3.0」
主観と客観のバランスを取りながら、大胆な施策を提供する
時代に先駆けて日本にコーチングを導入したコーチ・エィ。20年以上にわたってエグゼクティブを起点としたコーチングを国内外で展開し、個人の成長にとどまらず、組織の成...
2019/07/18掲載

関連する記事

細川 馨さん(ビジネスコーチ株式会社 代表取締役):
クライアントの課題解決はパートナーシップから
人の強みを引き出すAI時代のコーチング
今や人材開発の世界では、一般化しつつあるコーチング。双方向のコミュニケーションにより自発的な行動を促すその手法は、現在のビジネスシーンにおいて、ますます注目を集...
2018/08/23掲載HR業界TOPインタビュー
世界の有力ビジネススクールも大注目!
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る
会社の休み時間に、同じような経験や悩みを持つマネジャーが自主的に集まり、和やかな雰囲気の中で、相互にアドバイスや示唆を与えあう――。元IT企業のマネジャーのフィ...
2015/12/25掲載注目の記事
花王株式会社
健康づくりの本質は人材育成
ヘルスリテラシーの高い組織を目指す「健康経営」の取り組みとは
厚生労働省や経済産業省の推奨もあり、健康配慮への取り組みを進める企業は増えていますが、なかでも際だって先進的と評価されるのが花王株式会社の「健康づくり事業」です...
2012/06/04掲載となりの人事部
株式会社レナウン
目指すのは三つの“C”――Change、Challenge、Create
人財を通じて改革を推進する「レナウン元気塾」の挑戦
アパレルは人なり。人が変わらなければ会社は変わらない――。1世紀以上の歴史を誇るファッション業界の老舗レナウンではここ数年、ビジネス環境の激変を受けて大胆な改革...
2012/01/23掲載となりの人事部
スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社:「自主性を引き出す」人材マネジメントとは~ マニュアルがなくても人は動く~
やる気や組織へのロイヤリティをどう引き出すかは、避けて通れない重要な課題――。正社員・非正社員を問わず、「人を尊重する経営」を標榜し、実践しているスターバックス...
2009/01/26掲載となりの人事部
【用語解説 人事キーワード】
産業カウンセラー
1on1
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...