企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

となりの人事部
第28回 スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社

「自主性を引き出す」人材マネジメントとは
~ マニュアルがなくても人は動く ~

人事本部 部門人事部 コーポレート人事チーム チームマネージャー 田中 良興さん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
正社員でも保ちにくいハイ・モチベーションを、パートやアルバイトなど非正社員に求めるのは難しい――そう諦めていないだろうか。しかしいまや彼らが働き手の4割近くを占める時代。現場のレベルを維持するために、そのやる気や組織へのロイヤリティをどう引き出すかは、避けて通れない重要な課題といえる。正社員・非正社員を問わず、「人を尊重する経営」を標榜し、実践しているスターバックス コーヒー ジャパンの取り組みにヒントを求めて、人事本部チームマネージャーの田中良興さんにお話をうかがった。 一杯のコーヒーに凝縮される、同社の「人材」へのこだわりとは――。
(聞き手=ライター・平林謙治)
プロフィール
田中良興さん プロフィール写真
田中良興さん
人事本部 部門人事部 コーポレート人事チーム チームマネージャー
たなか・よしおき●1999年慶應義塾大学卒業後、大手電機メーカーの営業職を経て、2001年にスターバックス コーヒー ジャパン入社。店舗研修を経て人事本部に配属され、現職に至る。現在は店舗だけでなく、サポートセンター(本社)における人事制度や育成プログラムの開発、改善にも力を注ぐ。

「ミッション宣言」に込められたハワード・シュルツの思い

―― 外食チェーン店やファストフード業界といえば、パート・アルバイトを含む従業員の回転率の高さが半ば常識となっていますが、スターバックスでは「パートナー」(同社ではすべての従業員をこう呼ぶ)の退職率がきわめて低く抑えられているとうかがっています。

退職率は正社員で年間8%、アルバイトで40%程度です。アルバイトは学生が中心ですから、どうしても卒業などを機に人員が入れ替わってしまう。それでも他店と比べると、長く働き続けてくれる人が多いのは確かですね。

―― とくにサービス業の場合、「人材こそが競争力の源泉」「顧客満足は従業員満足から」と謳っている企業は少なくありません。にもかかわらず働き手が定着しない、育たない……。そうした企業と、御社との違いはどこにあると思われますか?

スターバックスが人材を最優先し、「人を尊重する経営」にこだわりつづけてきた歴史の根本には、現CEOであるハワード・シュルツの深い思いがあります。シュルツ氏はニューヨーク・ブルックリンの低所得者向け集合住宅で生まれ育ちました。日雇い労働者だった父親が仕事を転々としたあげくに若くして亡くなったため、家族はとても苦労したといいます。そうした辛い体験から、自分がビジネスを始めるにあたっては、誰もが持てる能力をイキイキと発揮できて正しく報われる、働きやすい環境をつくろうと志したそうです。それが弊社の人に対する考え方の原点。経営理念を示した「ミッション宣言」にも、いの一番に「働きやすい環境をつくる」と記されています。

図1:「ミッション宣言」(スターバックス コーヒー ジャパン ホームページより)
スターバックスコーヒージャパン「ミッション宣言」

―― 働き手を尊重する経営はもともと日本企業のお家芸。しかしバブル崩壊以降はマネジメントの現場に、人材をコストとしか見ないような風潮が広がっています。

コストとして管理する部分も必要でしょう。人材にどれだけ投資すれば、どれだけのリターンがあるかはきびしく問われなければいけません。従業員は大切ですが、お客様をおろそかにはできないし、企業が存続するためには利益性も欠かせない。ただ私たちは、これらの価値には“優先順位”があると考えています。「ミッション宣言」の言葉の順番どおりで、まずは人ありき。パートナー一人ひとりが働きやすい環境を整えてはじめて、いいサービスやいい商品が生まれ、それが顧客満足や社会貢献を実現し、最終的に弊社の利益へとつながっていく。この順番を、組織として守り抜いていくことがスターバックスの信条です。

マニュアルレスだからこそ実現した「究極のホスピタリティ」

―― 創業の思いや理念を、実際に組織全体でどれだけ共有できるかが課題ですね。

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社田中 良興さん

ええ。それを現場にまでより深く浸透させるためには、ミッション宣言にもとづく一貫した人事制度や人材教育プログラムの開発、運用が行われていなければなりません。つまり、弊社でいう「ミッションマネジメント」をちゃんと実践しているか否か。退職率が高い企業との一番の違いは、そこにあるのではないでしょうか。

現場でいえば、各ストアマネージャーには、きちんとミッションに沿った行動をもってアルバイトに接することが求められます。アルバイトにとっては、自分の働いている店の職場環境がスターバックスという会社のすべてですから。トップがいくら立派な理念を謳っても、ふだん接している上司や仲間たちがそれを体現していなければ共感できるはずがありません。まあ、そうはいっても、いまは全国に約800店舗ありますからね。すべてのお店が完璧とは言い切れませんが、完璧であるように心がけてはいます。

―― 組織や店舗が急速に拡大すると、やはり人材マネジメントの面で追いつかない部分も出てきますか?

一番難しいところですね。実は昨年4月に人事制度を改めたのですが、心を砕いたのは「いかに小さなときのままでいられるか」というテーマでした。会社の規模が大きくなっても、小さい頃のように全員が思いを共有して店舗運営にあたれるか。本来、弊社はリテールの接客業ですから、お客様一人ひとりの要望に沿うサービスを即座に提供できるよう、現場レベルで臨機応変に対応できなければいけません。そこで、迅速な意思決定と情報の共有を促すために、体制の見直しを進めたのです。変更点は大きくふたつ。ひとつは「組織のフラット化」です。階層が増えて、複雑になっていたものをシンプルにしました。そして階層を減らした分、もうひとつの改革として「現場への権限委譲を拡大」しました。

―― よく知られていることですが、スターバックスの現場には、多くのチェーン店で見られるようなマニュアル管理がほとんどありませんね。アルバイトにも、マニュアルレスで業務を任せているのですか?

スターバックス コーヒー ジャパン株式会社 田中 良興さん

ドリンクのレシピなど、品質にかかわるルールは厳しく定められています。でも、お客様へのサービスに関するマニュアルは、アルバイトも含めて一切ありません。スターバックスならではのホスピタリティを実現するためには、マニュアルで細かく縛るよりも権限を委譲して、パートナー個々の自主性や創意工夫をどんどん引き出したほうがいいと考えているからです。

実際、「そこまでやるの!?」というようなことまで対応しますからね。たとえば東京・築地のお店では、お客様から「市場で買ってきた魚を預かって」という前代未聞のご要望があったんですよ(笑)。もちろん現場の判断でお預かりしましたが、マニュアル漬けの接客ではなかなかありえないことでしょう。その他には、地元のリピーターの方たちといっしょに絵本の朗読会を企画したり、ハロウィンパーティーを催したりしているお店もあります。そういうアイデアがアルバイトからも自然と出てくるのが、弊社の強みですね。

スターバックスの店員はなぜイキイキしているのか

―― 外食業界は人手不足が深刻です。アルバイトも、少々時給を上げたぐらいでは集まりません。御社で求められるような意欲的な人材を確保するのは、至難の業では?

たしかに都心部では人材の獲得競争が激しくなってきていますが、それでも新しい店舗をオープンさせるときは、20人の枠に100人ぐらい応募が来て、それなりの倍率になります。基本的にはアルバイトでも長期勤務が前提。私たちが大切にする価値観に共感した上で、スターバックスという会社にきちっとコミットしてほしいですから。

―― 単純にスターバックスが好きだから、ファンだから、という動機で御社を選ぶ若者も多いでしょうね。

採用では、そういう純粋な思いを大切にしています。私の知る限り、お客様としていい“スターバックス体験”をした人ほど、お店に入るといいサービスをしますからね。グッドカスタマーであることは採用の重要な条件なんですよ。だからいい人材を採用しようと思ったら、まずお店の環境を良くしなければいけません。人を採用できないお店は、不思議と店舗の雰囲気がよくないんです。逆にサービスや雰囲気がよく、パートナー同士のチームワークもとれている店舗はお客様から見てもわかりますから、働きたい人が直接そのお店に応募してきて、スムーズに採用が進んでいく。弊社の場合、サービスや店づくりがそのままリクルーティングに結びついているんです。

―― たしかに現場でイキイキと働くパートナーの姿は、いつ訪れても印象的です。彼らの笑顔と意欲の源泉は何ですか? モチベーションの秘密を教えてください。

特効薬はありません。基本はていねいにコミュニケーションをとり、きちんと認知してあげること。そのきっかけとして、次のような取り組みがあります。

ひとつはインセンティブ。ボーナスのように大げさな話ではなく、お店のパートナーをチームに分けてキャンペーンで一番だったチームにちょっとした景品を贈るなどですね。ストアマネージャーの裁量で、ゲーム感覚のインセンティブを実施している店舗もあります。もうひとつは、アルバイトに対して年3回行われる人事考課。その都度、目標の達成状況や今後の取り組みについて上長とじっくり話し合います。三つ目は表彰制度で、これも大げさなものではありません。パートナー同士がお互いを観察しあい、パートナーとして必要とされる行動を正しく実践していると思う人がいたら、こういう点がよかったとカードに書いて、渡す。「グリーンエプロンブックカード」というのですが、5枚集めると、お店で正式に表彰してもらえるんです。

―― 現場のパートナー、とくに若い世代の反応はどうですか?

スターバックス コーヒー ジャパン株式会社 田中 良興さん

カードを渡して褒めあったりするようなムードに、最初はしらけた反応を見せる人もいますが、やっているうちにたいていハマリますね。うちの現場の主力は、最近何かと話題にのぼる「ゆとり世代」の若者ですが、彼らだってやっぱりうれしいんですよ、まわりから褒められて、認められると。自信がついていくのが、見ていてよくわかります。その意味では、本人の主体性を尊重し、信頼し、もっているものを引き出すという弊社の人材マネジメントの思想そのものが、案外彼らにはフィットしているのかもしれませんね。

私は2002年に始まった障がい者雇用にもずっと携わってきました。コミュニケーションが苦手な人もいて、最初はお店で働けるのか心配でしたが、一期生6名はまだ誰も辞めていません。仲間に認められていくうちに人と話す自信もついてきて、いまでは堂々と接客を行っています。人は、誰かに認知されることで本当に変わるんですよ。

人に教えてはじめて、教えられたことが身につく

―― 自信を培うには、周囲からの働きかけと同時に、トレーニングによるスキルアップの裏づけも欠かせません。御社ではOJT、OFFJTともかなり時間をかけるそうですね。

新人は店舗のオペレーションを学ぶために、正社員、アルバイトの区別なく全員が同じ教育プログラムを受講します。最初のステップである「バリスタ(ドリンクをつくる技術者)」の研修だけでOFFJTが4クラス、OJTが7つのモジュールの計11プログラム。26時間を要します。私たちのプログラムにおいては、どんな研修でも一方的に「こうしなさい」と指示することはありません。マニュアルレスの現場を支える育成制度の根幹をなすのは、「ラーナードリブン」(Learner Driven=自ら学ばせる)という発想。パートナー自らが「なぜそうするのか」を考え、納得して行動できるようにコーチングしています。

また、教わったら次は必ず教える立場に回る――「学習のリサイクル」も大きな特徴のひとつでしょう。誰かに教えてはじめて、教えられたことが定着する。教えられてばかりではダメなんです。だからアルバイトでも、一定の経験を積んだパートナーには指導役的なポジションにどんどんチャレンジしてもらっています。

図2:「ストアマネージャーまでのキャリア開発」
ストアマネージャーまでのキャリア開発

―― 田中さんも、最初にバリスタになるためのトレーニングを受けられたわけでしょう。いま、お店でドリンクを作れといわれたら、スターバックスの味を出せますか?

いや、すぐにはちょっと……。店舗の繁忙期に、私たちサポートセンター勤務の社員が応援にいく「ホリデーヘルパー」という制度があります。去年、私も参加したのですが、実際どれだけ戦力になれたかどうか…。配属先の店長に、一応謙遜のつもりで「皿洗いぐらいしかできませんよ」と事前に伝えておいたら、本当に8時間皿洗いをやることになりました(笑)。でも、ふだんお客様の顔が見えにくい私たちにとって、それがとても貴重な機会であることは間違いありません。現場の最前線に立つことによって、スターバックスという会社の魅力があらためて再確認できるんです。何よりもそこに惹かれて入社したわけですから、役に立てるなら、皿洗いでも何でもやりますよ(笑)

スターバックス コーヒー ジャパン株式会社 田中 良興さん

(取材は2008年12月4日、東京・渋谷区のスターバックス コーヒー ジャパン、サポートセンター(本部)にて)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

となりの人事部のバックナンバー

味の素株式会社:
味の素のグローバル化に向けた
“トランスフォーメーション”による人財マネジメント変革(後編)
味の素では、「グローバル食品企業トップ10」に入ることを目標に、事業構造改革に取り組んでいます。その中で、人事制度の変革は大きな柱の一つとなっています。人事全体...
2017/10/04掲載
味の素株式会社:
味の素のグローバル化に向けた
“トランスフォーメーション”による人財マネジメント変革(前編)
味の素は世界130以上の国や地域で事業を展開する、日本におけるグローバル企業の草分け的存在です。しかし数年前まで、人事制度の仕組みは「職能資格制度」をベースとし...
2017/09/27掲載
スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社:
顧客を感動させるサービスは従業員の「内発的動機」から生まれる 
マニュアルのないスターバックスは、なぜエンゲージメントを高められるのか(後編)
3万3千人を超えるパートナー(従業員)のうち、約8割がアルバイト。若手のスタッフも多いスターバックスではエンゲージメントを重視して、仕事や組織を自分ごと化し、顧...
2017/09/14掲載

関連する記事

NTTコミュニケーションズ株式会社:
きっかけを与え、フォローし続ける。ベテラン社員の活性化に近道はない
一人で1000人と面談した人事マネジャーの挑戦(後編)
NTTコミュニケーションズでは、ベテラン社員がモチベーション高く活躍できる環境づくりに向けて、50代社員を対象とする面談と、キャリアデザイン研修を行っています(...
2017/07/27掲載となりの人事部
NTTコミュニケーションズ株式会社:
きっかけを与え、フォローし続ける。ベテラン社員の活性化に近道はない
一人で1000人と面談した人事マネジャーの挑戦(前編)
2013年の法改正で企業に65歳までの継続雇用が義務付けられたこともあり、近年、シニア社員が活躍できる環境をつくることが企業の重要課題となっています。シニア社員...
2017/07/20掲載となりの人事部
従業員の評価の結果を「人材開発・育成」に活用している企業は31.0%、「キャリア開発」に活用している企業は17.0%にとどまる
従業員に対する評価結果を何に活用しているのかを複数選択形式で聞いたところ、最も多かったのが「昇進・昇格」(84.0%)で、2番目は、「基本給」(80.4%)、3...
2017/07/07掲載人事白書 調査レポート
人材育成・能力開発制度の実際
人材育成・能力開発の目的・方向性・進め方について、プログラムの考え方と実施のポイントについて解説する。
2017/06/30掲載よくわかる講座
社員の「モチベーション」を上げるポイントがわかる記事7選
従業員の「モチベーション」は、個人のパフォーマンスはもちろん、組織の状態にも影響を与える、非常に重要な要素の一つです。モチベーションをいかに高めるかが、企業の成...
2017/06/26掲載『日本の人事部』編集部 厳選記事
受けさせたいスキルアップ系講座特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

社宅でもUR賃貸住宅
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介



「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...


時代とともに進化する人事業務に求められる<br />
ICTサポートとは何か

時代とともに進化する人事業務に求められる
ICTサポートとは何か

経営戦略を実現する上で重要なポジションである人事業務。人事業務は日々進...