無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

「日本一働きたい会社」から「世界最高のチーム」へ
経営理念に命を吹き込む、企業文化のつくり方

株式会社LIFULL 執行役員 人事本部長

羽田幸広さん

羽田幸広さん(株式会社LIFULL 執行役員 人事本部長)

日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営する株式会社LIFULL は、2017年3月、リンクアンドモチベーション社主催の「ベストモチベーションカンパニーアワード」で283社中第1位を獲得。世界最大級の働きがい専門研究機関であるGPTW(Great Place to Work)による世界50ヵ国を対象とした調査で「働きがいのある会社」ベストカンパニーに7年連続で選出されるなど、「日本一働きたい会社」として注目を集めています。同社は、いかにして企業文化を醸成し、社員がモチベーション高く働ける職場をつくってきたのでしょうか。同社執行役員 人事本部長 羽田幸広さんに、お話をうかがいました。

Profile
羽田幸広さん
羽田幸広さん
株式会社LIFULL 執行役員 人事本部長

(はだ・ゆきひろ)1976年生まれ。上智大学卒業。人材関連企業を経て2005年6月ネクスト(現LIFULL)入社。人事責任者として人事部を立ち上げ、企業文化、採用、人材育成、人事制度の基礎づくりに尽力。2008年からは社員有志を集めた「日本一働きたい会社プロジェクト」を推進し、2017年「ベストモチベーションカンパニーアワード」1位を獲得。7年連続「働きがいのある会社」ベストカンパニー選出(2011年~2017年)、健康経営銘柄選定(2015年度、2016年度)など、企業として高い評価を得るまでに導いた。著書 :『日本一働きたい会社のつくりかた』(PHP研究所)

会社とは経営理念を実現するために組成されたチームである

貴社では「社是」「経営理念」「ガイドライン」を明確にし、組織に浸透させることに注力されています。まずは、その理由についてお聞かせください。

当社では、「社員は経営理念を実現するために集まった“同志”」であり、「会社は経営理念を実現するために組成された“チーム”」であると考えています。経営理念は、複数の人間が集まった組織が一丸となって成果を出すために欠かせないものです。そもそも、目指すものが不明確であれば、そこに集まった人たちは何をすればいいのかわからず、組織として成り立ちません。「何を目指すのか」「なぜ目指すのか」「どのように目指すのか」を社是・経営理念・ガイドラインを通じて明確にしておくのは、組織として当然のことだと考えています。

羽田さんが入社された2005年当時から、それらの理念は言語化され、社員に浸透していたのですか。

私が入社する2ヵ月前の2005年4月に、社是・経営理念・ガイドラインが記載された「ビジョンカード」が初めてつくられました。当時は従業員50人規模の組織でしたが、全社員参加の合宿を経て、経営陣と社員が議論しながら決定したと聞いています。ただ、この段階では経営理念を実現しようとする意志はまだ弱いものだったのではないでしょうか。私の入社後に行われた選抜海外研修で、アメリカのネット通販企業「ザッポス」を視察した際に、そのことを痛感する衝撃的な体験をしました。ザッポスは徹底した顧客サービスで有名ですが、その仕事場を見ただけで、従業員一人ひとりがザッポスという企業のコアバリューを体現することに喜びと誇りを感じていることが伝わってきたのです。社員が裁量を持ち、自発的に顧客や仲間のために行動する姿がそこにはありました。

「毎日、職場に来る理由はなんですか」と問われたら、多くの人はなんと答えるでしょうか。従業員全員が「自分たちのビジョンを実現するためだ」と答えられる会社があったら、それはとてもすばらしいことですし、そんな職場をつくりたいと心から思いました。

社是や経営理念を組織に浸透させ、社員に体現してもらうために、どのような工夫をされていますか。

大きくわけて三つあります。一つ目は、ビジョンを明確にすること。先ほどお話したように、当社では2005年からビジョンカードをつくっていますが、ガイドラインについては4~5年に一度見直しを行っています。それも経営陣が決定したものを配布するのではなく、有志の社員が集まって数ヵ月かけて議論し、全社員にアンケートをとったうえで再考するスタイルです。社員が主体的にビジョンについて考え、決定し、組織への浸透度をチェックするサイクルをまわしています。

全従業員に配布されている、LIFULLの社是・経営理念・ガイドラインを記載したビジョンカード

全従業員に配布されている、
LIFULLの社是・経営理念・ガイドラインを記載したビジョンカード

二つ目は、ビジョンやカルチャーと一貫した経営活動を行うこと。たとえば、事業のつくり方一つをとっても、私たちの経営理念に沿わないようなビジネスは行いません。私たちが大切にしている世界観にフィットした事業を展開しています。いくら儲かるからといって経営理念から外れるようなサービスは行わない、ということです。日々の意思決定においても理念やガイドラインに沿って判断しますし、すべての人事施策が経営理念やカルチャーを体現するようにつくられています。

三つ目は、ビジョンやカルチャーに合った人材のみを採用すること。当社の選考では「ビジョンフィット」「カルチャーフィット」「ポテンシャル」「スキルフィット」の順番で人材を見極めるようにしています。経験や能力といったスキルよりも、私たちのビジョンに共感しているか、会社のカルチャーに合うか、将来成長できそうかを重視しています。スキルを持った経験者を採用することもありますが、ビジョンやカルチャーへの共感・理解があることが大前提です。

貴社では、新卒入社者よりも中途入社者の割合のほうが大きいとうかがいました。他社での勤務経験のある中途入社者のほうが、貴社独自のカルチャーになじむのは難しいのではありませんか。

基本的には、新卒も中途も同じだと捉えています。当社では社是に「利他主義」を掲げていますが、社会人経験がなくまっさらな状態の学生でも、利己主義な人を利他主義に変えることは難しいでしょう。何か考えを変えさせたり、無理やり考え方を合わせてもらったりするのではなく、私たちのビジョンに興味を持ってくれた人に仲間になって欲しいと考えています。そのために必要なのは、新卒も中途も変わらず、私たちが掲げるビジョンや大切にしている価値基準を丁寧に伝えていくことです。特に中途採用であれば、仕事の内容や給与条件は伝えても、社是や経営理念について募集段階から伝える企業は少ないかもしれません。しかし、当社の場合は最も大事な選考基準なので、人材紹介やメディアを通してしっかりと伝え、その内容に共感してくださる方だけを採用することを徹底しています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

  • 参考になった1
  • 共感できる1
  • 実践したい0
  • 考えさせられる1
  • 理解しやすい0
オススメ3
最新順 人気順 古い順

岩田さんが共感できるでオススメしました

東京都 コンサルタント・シンクタンク 2021/04/17

会社とは経営理念をするための組織。そのために経営理念をいくつかの行動指針に落とし込むこと、全ての判断がその行動指針に基づいていることが大事ですよね。

*****さんが参考になったでオススメしました

東京都 広告・デザイン・イベント 2021/02/02

 

*****さんが考えさせられるでオススメしました

千葉県 その他業種 2020/04/13

 

3件中1~3件を表示
  • 1

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

となりの人事部のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
セルフ・スクリーニング
リボルビングドア(回転ドア)
候補者体験(Candidate Experience)
ロックダウン世代
メンバーシップ型雇用
キャリアセンター
採用マーケティング
ナーチャリング
身元保証人(身元保証書)
カジュアル面談