企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

となりの人事部人事制度掲載日:2015/01/26

伊藤忠商事株式会社:
「多残業体質」から脱却し、効率的な
働き方を実現する「朝型勤務」(後編)

人事・総務部 企画統轄室長

垣見俊之さん

業務効率化に向けたキャンペーンと社員の反応

 業務効率化に向けたキャンペーンでは、組織ごとにいろいろな取り組みを行っているそうですね。

人事・総務部のケースで言うと、「社内会議ルール」を決めました。具体的には部内会議は30分以内、開始時間も厳守としました。これまで、役職の高い人が来ないと会議が始まらないことがありましたが、そういうことに関係なく、時間になったら開始して時間通りに終えるようにしました。また、終了に当たっては必ずラップアップし、何が結論だったかを記録して、必要に応じて次回までに配布することにしました。資料は事前に配布し、その場では内容の説明は基本的に行いません。会議参加者が事前に資料を読み込んでおき、会議が始まったらすぐに議論できるようにしたのです。参加者も厳選し、責任者もしくは主担当のみに限定しました。こうしたルールを決めるだけで、議論の密度が変わりました。このルールは全ての人事・総務部の会議室に貼っています。また、ある程度の時間、業務を集中して行いたい場合に使用できる「集中業務ブース」も設置しました。

他の部署では、部下への指示は朝一番(もしくは午前中)に行い、帰り間際の指示をなくして、残業が起こらない状況を作るための運動を行っています。タイピング検定を取得して、パソコンを会議に持ち込み、議事録を即時作成するといったことも行われています。出張報告はメール、もしくはA4一枚のみに限定させる。タブレット端末を配布し、移動中に上司に業務連絡を行う、といった取り組みも行われています。

非常に基本的な事ばかりですが、このようなキャンペーンを部署毎に行ってもらい、月1回の社内報に、取り組み状況やメンバーからのコメントを掲載することで、各部署で競争意識が芽生え、取り組みが加速化する、という相乗効果も生まれます。こうした点も、部署ごとに取り組んだからこそ生まれる、メリットだと思っています。

 社員の方からは、どのような反応や感想がありましたか。

垣見俊之さん Photo

定量的には効果の出た「朝型勤務」ですが、定性的な側面、つまり社員からは、業務への集中度がアップし、業務の取捨選択が進んだという声が多数入ってきています。これまでは、社員に優先順位を付けて仕事をするように言っても、なかなか実践されなかったものが、制度導入後は18時になると「あと2時間しか時間がない」という緊張感が生まれ、集中して仕事をするようになりました。何より、仕事を取捨選択して、本当に重要な仕事から取り組むようになったことが、一番顕著に見られる成果だと思っています。

もう一つ、「平日の夜の時間を有効に活用できるようになった」という声も聞かれます。仕事を早く切り上げることによって、上司・同僚と飲みながらコミュニケーションを取る機会が増えた、習い事や自己研鑽・読書をする時間ができた、家族団らんの時間が持てるようになったというように、多くの社員が心身のリフレッシュ効果を上げています。また、女性社員からは、計画的に仕事ができるようになったため、配偶者と家事の分担がしやすくなったという声をよく聞きます。

当初、労働組合からは、持ち帰り残業や休日勤務が増えるのではないか、あるいはお客様対応がおろそかになるのではないか、と心配する声がありました。しかし、パソコンの持ち出しをセキュリティーの観点から禁止しているため、持ち帰り残業はできませんし、お客様対応について支障が出たという報告もなく、心配していたような事態は発生しませんでした。逆に、「朝型勤務」の取り組みが世に広まったことで、むしろお客様から、ぜひ話を聞かせてほしいという声が増えています。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
  • その他の感想1
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんがその他の感想でオススメしました
東京都 情報サービス・インターネット関連 2015/01/27

長時間残業の問題は他人事ではないし、以前から伊藤忠さんの
取組みを知っていたのですが、導入に至る経緯、その後の取組みについて
大変参考になりました。

1件中 1~1件を表示
  • 1

となりの人事部のバックナンバー

株式会社オカムラ:
人事部だけでなく社員全員が参加して現状を変えていく
働き方改革を自分ごと化するオカムラの「WiL-BE」
働き方改革は、誰が旗振り役を担うべきなのか? そう問われれば多くの人は「人事だ」と答えるでしょう。しかし現実には、人事が知恵を振り絞って制度を導入しても、現場で...
2020/07/22掲載
株式会社村田製作所:
応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載
キヤノン株式会社:
働き方改革から学び方改革へ
キヤノンが実践する人生100年時代に必要な「変身力」の育て方
人生100年時代に、ビジネス環境の目まぐるしい変化。今や一つのスキルだけで一生食べていける時代ではありません。技術の進歩に応じて、従業員も知識や経験を増やし続け...
2020/02/12掲載

関連する記事

ソニー株式会社:
人生100年時代をどう生きるか?
ソニーによるベテラン社員のキャリア支援施策「キャリア・カンバス・プログラム」
現在、多くの企業が社員のキャリア開発に取り組んでいますが、多くは若手・中堅社員を対象としたもの。ベテラン・シニア社員のキャリア支援を行っている企業は、まだ少ない...
2019/03/18掲載となりの人事部
丸紅株式会社:
10年後を見据え、既存の枠組みを超える
丸紅が取り組む「人材」×「仕掛け」×「時間」の施策
2018年、「既存の枠組みを超える」をスローガンに、全社をあげてイノベーションを生むための施策をスタートさせた、丸紅株式会社。日本の人事部「HRアワード2018...
2019/02/18掲載となりの人事部
プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社:
P&Gは「スキル」に着目したプログラムを、なぜ他社に無償で提供するのか?――「ダイバーシティ&インクルージョン啓発プロジェクト」発足の背景と活動内容とは(後編)
日本の人事部「HRアワード2016」で企業人事部門 特別賞に輝いた、P&Gジャパン。前編では、「ダイバーシティ&インクルージョン」先進企業である同社が早い時期か...
2017/03/08掲載となりの人事部
プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社:
P&Gは「スキル」に着目したプログラムを、なぜ他社に無償で提供するのか?――「ダイバーシティ&インクルージョン啓発プロジェクト」発足の背景と活動内容とは(前編)
プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&Gジャパン)株式会社は、25年前という早い段階からダイバーシティを推進してきた、ダイバーシティ先進企業です。「ダイ...
2017/03/01掲載となりの人事部
島田由香さん:
人事は世の中でもっとも面白い仕事 注目の新制度「WAA」に込めた、
人と組織への熱く深い思いとは(後編)
日本の人事部「HRアワード2016」企業人事部門 個人の部 最優秀賞に輝いた、ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス取締役人事総務本部長の島田由香さん。働く場所...
2017/02/23掲載キーパーソンが語る“人と組織”
【用語解説 人事キーワード】
ゆう活

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

無料ウェビナー8/25コーナーストーン主催

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


学び慣れていない人に“考えるチカラ”を<br />
 サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは

学び慣れていない人に“考えるチカラ”を
サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは

“自分で考える力”や“自立・自律性”の不足は、人の能力に依存するサービ...