企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

となりの人事部

人生100年時代をどう生きるか?
ソニーによるベテラン社員のキャリア支援施策
「キャリア・カンバス・プログラム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大塚康さん(ソニー株式会社 人事センター EC人事部 統括部長)、山下弘晃さん(ソニーコーポレートサービス株式会社 人事センター EC人事部 キャリアサポート課 キャリアサポートマネジャー)

現在、多くの企業が社員のキャリア開発に取り組んでいます。しかし、その多くは若手・中堅社員を対象としたもの。ベテラン・シニア社員のキャリア支援を行っている企業は、まだ少ないのが実状です。そんな中、人生100年時代を生きる社員がライフプランを主体的に考え、実行に移せるよう、ソニーではベテラン・シニア社員のためのキャリア支援施策「キャリア・カンバス・プログラム」を開始しました。同社の創業以来の理念「自分のキャリアは自分で築く」を具現化した取り組みは、「HRアワード2018」企業人事部門 最優秀賞を受賞。その施策の内容と成果を、人事部の大塚康さん、山下弘晃さんにうかがいました。

プロフィール
大塚 康さん
大塚 康さん
ソニー株式会社 人事センター EC人事部 統括部長

(おおつか・やすし)/1992年にソニー稲沢株式会社(現社名:ソニーグローバル&マニュファクチャリングオペレーション株式会社)へ入社。その後、ソニー株式会社オーディオ人事部、同社HQ人事部を経て、2016年よりEC人事部統括部長を務める。

山下 弘晃さん
山下 弘晃さん
ソニーコーポレートサービス株式会社 人事センター EC人事部 キャリアサポート課 キャリアサポートマネジャー

(やました・ひろあき)/ 1983年にソニー株式会社へ入社し、1989年よりSony Electronics Inc (USA) 赴任。帰任後、ソニー株式会社情報システム部、テレビ総合企画部などを経て、2008年に人事部へ配属。2015年より、ソニーコーポレートサービス株式会社EC人事部キャリアサポート課。

残りの「10年」を、社員自身が自律的に描くために

まずは、ベテラン・シニア社員のキャリア支援に取り組まれることになった背景について、お聞かせいただけますか。

大塚:ソニーには、グループ全体で約11万7,000人の社員がいます。ソニー単体での現在の平均年齢は約43歳。新卒採用に加えて中途採用にも力を入れていますが、バブル期に入社した層がちょうど50代にさしかかっていることもあり、ベテラン社員の割合が大きくなっています。技術の進歩が激しく、またお客様の期待も多様化する中、若手・中堅社員にはこれまで以上の役割と責任を担っていただきたいのですが、一方で増えていくベテラン社員の活性化も大きなテーマです。これは、どの組織も抱えているジレンマだと思います。このようなベテラン・シニア社員に対して、会社としてサポートができないかと考えたのが、取り組みのきっかけです。

50代の社員は、どんなことに悩み、何を感じているのでしょうか。

大塚:人によって感じる悩みはさまざまですが、例えば再雇用を選ばず60歳で定年するとして、50歳の時点で残り10年。だんだん終わりが見えてくる中で、残り10年を無難に過ごすのか、新しいことにチャレンジしたいと思うのか。チャレンジするにしても、ソニーの中で別の仕事をしてみるのか、退職して全く新しい場所で再スタートをきるのか。さまざまなことを考える時期だと思います。これまでの経験がある分、20代のころのようには挑戦できないかもしれませんが、50代になっても心の中に「挑戦したい」という願望がある人は、意外に多いと思うんです。

これまでは自分や家族のためにがむしゃらに働いてきた人でも、年を重ねるうちに「後進のために何かしたい」という意識が芽生えることもあります。世の中やこれまで長い時間を過ごしてきた会社、後輩たちのために働くことに、意味を見出し始めるケースも少なくありません。

山下:人事に来る前、私はエンジニアでした。50歳のエンジニアを客観的に見ると、彼らを取り巻く技術は大きく変わり、現在は入社以降に習得した技術や、専門性ではなくポータブルスキルを活かしながら活躍されていると思います。

世の中が激しく変化する時代、10年後に何が起きるかなんて、誰にも分かりません。「人生100年時代」などといわれますが、ベテラン社員に限らず、多くの人が未来が見えないことに不安を感じています。プライベートな内容が含まれていることもあり、職場でも相談しにくく、モヤモヤした気持ちが続く、というのがリアルな50代の悩みだと思います。

そんな悩みを抱えるベテラン・シニア世代に向けて、貴社ではキャリア支援施策「キャリア・カンバス・プログラム」を開始されました。このプログラムには、どのような思いが込められているのでしょうか。

大塚康さん(ソニー株式会社 人事センター EC人事部 統括部長)

大塚:会社の利益を最大化するためではなく、このプログラムでベテラン・シニア社員の皆さんに充実したライフ・キャリアを過ごしていただきたいと思っています。経験を積んだ社員が、いきいきと働けるよう支援したいのです。「キャリア・カンバス・プログラム」のキーワードは「自律」です。会社に言われたように人生を送るのではなく、自律的にキャリアを広げられるよう、自分の道を自分で考える。100年の人生を楽しく生きるために、会社をうまく使ってほしいのです。会社がそこまで立ち入る必要はないとの意見もありましたが、せっかくソニーに入社して、長年働いてくれたのですから、彼らの人生に積極的に関わっていきたい。こうした思いから、一連の施策を導入しました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

となりの人事部のバックナンバー

日本ユニシス株式会社:
個の多様性を広げ、働き方を変えるきっかけに
日本ユニシスの「目標値なし」「男女問わず」の育児休暇推進
女性活躍推進法が2016年4月に完全施行されて以来、多くの企業が女性に関する目標値を掲げ、ジェンダーギャップの是正に取り組んでいます。女性の活躍推進とセットで進...
2019/08/08掲載
国際自動車株式会社:
新卒採用で会社を変える、業界を変える
徹底した「社員第一主義」を貫く、国際自動車の若手採用・育成の極意
ここ数年、新卒就職は売り手市場が続いています。国の調査では、2019年3月大学卒業予定者の就職内定率は77.0%。1997年の調査開始以来、同時期で過去最高を記...
2019/07/11掲載
ソニー株式会社:
人生100年時代をどう生きるか?
ソニーによるベテラン社員のキャリア支援施策「キャリア・カンバス・プログラム」
現在、多くの企業が社員のキャリア開発に取り組んでいますが、多くは若手・中堅社員を対象としたもの。ベテラン・シニア社員のキャリア支援を行っている企業は、まだ少ない...
2019/03/18掲載

関連する記事

丸紅株式会社:
10年後を見据え、既存の枠組みを超える
丸紅が取り組む「人材」×「仕掛け」×「時間」の施策
2018年、「既存の枠組みを超える」をスローガンに、全社をあげてイノベーションを生むための施策をスタートさせた、丸紅株式会社。日本の人事部「HRアワード2018...
2019/02/18掲載となりの人事部
ソニー株式会社:
異業種へのチャレンジが、個の力を伸ばし組織を成長させる!
社員の“主体的なキャリアチェンジ”をサポートする、ソニーの社内募集制度
テレビやオーディオなどのプロダクトから、音楽や映画といったエンターテインメント、金融まで事業を幅広く展開するソニー。新しい時代に対応できる組織へと構造改革を図り...
2018/06/14掲載となりの人事部
<特別企画>人事オピニオンリーダー座談会:
人事が変われば、会社も変わる。
人生100年時代に求められる「チェンジドライバー」としての人事とは
「人生100年時代」の到来により、人々の働き方やライフスタイルが、大きく変化しようとしています。企業においては、AIやビッグデータの活用がさらに進んでいくでしょ...
2018/03/05掲載となりの人事部
従業員の評価の結果を「人材開発・育成」に活用している企業は31.0%、「キャリア開発」に活用している企業は17.0%にとどまる
従業員に対する評価結果を何に活用しているのかを複数選択形式で聞いたところ、最も多かったのが「昇進・昇格」(84.0%)で、2番目は、「基本給」(80.4%)、3...
2017/07/07掲載人事白書 調査レポート
社員の「キャリア開発」を支援するときに読んでおきたい記事8選
経営環境の変化がますます激しくなる中、従業員の「キャリア開発支援」は企業にとって重要課題となっています。企業が継続的に成長していくには、社員の能力を高めることが...
2017/06/21掲載『日本の人事部』編集部 厳選記事
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

LINE採用コネクト 期間限定キャンペーン

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)

日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増して...