企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

「新卒採用コンサルティング」とは

(2011/1/31掲載)
企業経営を支える、もっとも重要なリソースといえる「人材」。採用コンサルティングを極めてシンプルに説明するならば、その人材の「採用」を成功させるための各種提案を行うサービスといえるだろう。

しかし、どのような人材の採用を目指すのか、また、その人材を採用して企業をどういった方向に持っていくのかは、まさに企業の経営方針そのものである。特に新卒採用は、中長期的な経営の観点から、組織の中枢を担う人材との出会いの場と位置づける企業も多い。一口に「採用を成功させる」といっても、採用コンサルティングは、テクニカルな業務レベルでのサポートだけでは不十分だ。クライアントの企業理念や経営戦略などを十分に踏まえた、「戦略的な採用の提案」を行うことが求められる。

さらに、採用活動やその結果を通じて、企業全体の組織活性化、業績向上などを実現する「経営コンサルティング」としての効果を期待されるケースも増えている。企業が良い人材を採用する目的は、ほとんどの場合、業績アップや組織の強化。採用コンサルティングは、そうした企業の経営上の目標を実現するための採用成功を実現するサービスへと進化しつつある。

採用コンサルティングには、新卒採用と中途採用を扱うものがあるが、ここでは新卒採用に絞った形で説明していきたい。以下、簡単に「新卒採用コンサルティング」の特性を整理してみよう。

新卒採用コンサルティングの特性

1)変化の大きい新卒採用市場に対応

新卒採用は、毎年のトレンドの変化が非常に大きい市場だ。景気の動向によって企業の採用規模は変動しやすく、学生数や教育内容、学生の気質なども年々変わっていく。それらの情報をいち早く入手し、的確に分析、対応していく必要がある。しかも、新卒採用は一年をワンサイクルとするため、どこかでつまずくと翌年までリカバリーがきかない一発勝負でもある。新卒採用コンサルティング会社は、人事部だけでは難しい新卒採用に関する情報収集、情勢分析、対策立案、業務効率化などに強い専門家集団として、的確なアドバイスを期待される存在だ。

2)ニュートラルな提案が可能

新卒採用関連の各種サービスを取り扱う企業でも、新卒採用市場の動向に関する情報を提供している。しかし、ソリューション提案という面から見ると、どうしても自社のサービスや商品を活用する提案が主体になってしまう傾向がある。その点、提言やアドバイス自体を主力サービスとする採用コンサルティング会社は、新卒関連サービスをすべて俯瞰する立場から、ニュートラルな戦略・戦術の提案ができることが強みだ。

3)採用成功までの徹底的なコミットも

採用戦略を提案するだけでなく、採用プロジェクトの進捗にあわせて、面接・選考に関するアドバイス、内定出しの順番や説得のためのツール作成、面接官やリクルーターのトレーニングなど、実務に近いレベルまで踏み込んで支援するコンサルティング会社が増えている。中には、提案+実行力(アウトソーシングなど)という形でサービスを提供するケースもある。こうした採用コンサルティング会社は、クライアント企業との二人三脚で採用成功までコミットしていく。

4)先進的な採用手法の研究・開発

イメージ時代背景に即して新卒採用のスタイルや手法も変化する。採用コンサルティング会社には、現状にどう対応するかを提案するだけでなく、「今後どうあるべきか」という視点で新たな採用スタイルや手法を研究・開発しているところも多い。採用や人事組織面で先進的な取り組みを行っていきたい企業にとって、そうした採用コンサルティング会社は絶好のパートナーとなるだろう。

5)人事組織、経営全般の中に新卒採用を位置づける

「社員の意欲が低下しているのではないか」「業績が思ったように伸びない」。こうした経営課題に、フレッシュな人材を投入して対応することは十分に可能だ。しかし、単に新人を採用しても組織自体に問題があれば、うまく定着しない可能性が高い。また、それ以前に優秀な人材から、魅力的な職場とは思ってもらえないだろう。そのため、新卒採用と組織や業務の変革は、ワンセットで行う必要がある。自社内だけで、あるいはその他の新卒関連サービスを利用することで、この課題に立ち向かうことはかなり難しい。採用コンサルティングの専門企業が、大いに力を発揮する場面といえるだろう。

もっと詳しく知りたい方はこちら
■新卒採用.jp―新卒コンサルティング
新卒採用.jp―新卒コンサルティング

『日本の人事部』編集部が取材・作成。「新卒採用―新卒コンサルティング」の活用方法や業界の代表的企業の最新情報などコンテンツが満載。

企業の「新卒コンサルティング」の傾向と対策がわかるサイト 『新卒採用.jp―新卒コンサルティング』はこちら。




HRソリューションの傾向と選び方のバックナンバー

社員の多様なニーズに対応できる!
カフェテリアプランの傾向と選び方――導入のメリット・デメリット、選び方のポイントをわかりやすく解説
従業員の働く意欲やエンゲージメントを向上させるうえで、福利厚生の充実は企業が取り組むべき課題の一つです。とくに注目されているのは、従業員自身がメニューを選択でき...
2021/03/31掲載
グループコーチングサービスの傾向と選び方
組織開発の代表的手法。1対複数だから期待できる効果と導入ポイントを解説
従業員同士のより良い関係性を構築し、組織全体のパフォーマンスを高めていこうとする取り組みが組織開発です。従業員の雇用形態や価値観が多様化している現在、制度や組織...
2021/03/31掲載
学習効果の向上や管理の効率化を実現する
LMS(ラーニングマネジメントシステム)の傾向と選び方――直近のトレンドと選び方のポイント・サービス比較
企業の人材育成に欠かせないのが教育研修です。コロナ禍による影響でテレワークが浸透した昨今では、eラーニングのニーズが増加。同時に、学習効果の向上や管理の効率化を...
2021/03/31掲載

関連する記事

中途採用の面接官トレーニングには消極的? 「今後も実施の予定はない」が約半数
『日本の人事部 人事白書2020』から、中途採用の面接官トレーニングについての結果を紹介します。
2020/07/21掲載人事白書 調査レポート
職場のモヤモヤ解決図鑑【第4回】
新卒採用面接、応募者に何を聞けばいいのかわからない
自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決...
2020/06/02掲載編集部注目レポート
職場のモヤモヤ解決図鑑【第3回】
新卒採用の面接官を任されたけれど、若手には荷が重い……
自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決...
2020/05/19掲載編集部注目レポート
従業員が協力したくなる!「リファラル採用」のための制度設計&規定
従業員が協力したくなる!人材難の時代、急速に広がる「リファラル採用」のための制度設計&規定
2019/07/05掲載HR調査・研究 厳選記事
採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。
リーマンショックで冷え込んだ中途採用市場は、ここ数年で順調に回復し、完全に売り手市場に転換しました。売り手市場の中でも優れた人材を採用できる企業とは、どのような...
2016/02/05掲載注目の記事

自分の関心に合わせたサービス情報をメールで受け取ることができます。

POSITIVEタレントマネジメント事例 労務管理テキスト

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


グローバル化、M&A……変化の激しい時代に<br />
「POSITIVE]が選ばれる理由とは タレントマネジメント機能を大幅拡充!

グローバル化、M&A……変化の激しい時代に
「POSITIVE]が選ばれる理由とは タレントマネジメント機能を大幅拡充!

1400社以上の導入実績を誇る電通国際情報サービスの統合人事パッケージ...


新入社員の段階から自律的な学びを促進<br />
「2030年の丸紅」を見据えた人財開発の考え方

新入社員の段階から自律的な学びを促進
「2030年の丸紅」を見据えた人財開発の考え方

ビジネス環境の変化に対応し、企業が新たな分野に踏み出すためには、従来の...