企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

「給与計算代行」の利用メリット

給与計算や年末調整、それらに付帯する事務業務全般を受託するサービス「給与計算代行」。
トータルコストの削減やコア業務への集中などを実現できる。

「選択と集中」を実現するためのアウトソーシング

企業を取り巻く環境が変化のスピードを増している現代。「選択と集中」がますます求められている。無駄な経費を削ることは重要だが、同時に人材や時間といったリソースを本当に必要な部門に集中できているかどうかも十分に検討しなくてはならない。そんな現代の企業にとって、欠かせないサービスとなりつつあるのが「人事給与業務の戦略的アウトソーシング」=「給与計算代行」だ。

「給与計算代行」とは、文字通り従業員の給与計算や年末調整、さらにはそれらに付帯する事務業務全般を受託するアウトソーシングサービスのこと。

では、給与計算のアウトソーシングは企業にどのようなメリットをもたらすのだろうか。

トータルコストの削減

もっとも基本的なものは「コストダウン」だろう。給与計算代行会社は大量の業務をまとめて処理することで、スケールメリットによる単価の低減を実現している。注意したいのは、この場合の「コスト」は給与計算を自社内で行う場合に発生する「すべてのコスト」と比較して考える必要があるということだ。

給与計算のコストというと、まず人事担当者の人件費があげられる。自社内で処理を行っている場合にはコンピュータシステムの購入・開発費、さらには運用・保守にかかる費用が必要になる。もちろんシステム管理者の人件費も発生する。

また、労務関連法規や制度は毎年のように改定されるので、人事担当や法務担当に対する教育・講習なども不可欠だ。さらに給与は毎月支払うものなので、仮に担当者が退職しても業務に穴を空けられない。つまり常に後任人材を育成しスタンバイさせておかなければならない。もちろん専門知識を持つ経験者を中途採用するという選択肢もあるが、その場合にも人材のレベルに応じて採用コストが発生する。

他にも、繁忙期である年末調整の時期などには、一時的なスタッフの増員などが必要になることもあるだろう。

アウトソーシングは、こうした普段目に見えないコストまで含めたトータルコストを削減してくれるサービスと捉えるべきだ。

コア業務への集中

同時に、これまで定型業務に割かざるをえなかった人材や時間といった貴重なリソースをコア業務に振り向けることができる効果も生む。「選択と集中」が改めて意識されている現代においては、むしろこの面での効果に注目したことがアウトソーシング導入のきっかけになったという企業も多い。

■「給与計算代行」のメリット

『日本の人事部』編集部が取材・作成。「給与計算代行」「給与計算アウトソーシング」の活用方法や業界の代表的企業の最新情報などコンテンツが満載。

「給与計算代行」のすべてがわかるサイト「給与計算代行.jp」はこちら。

人事支援サービスの傾向と選び方のバックナンバー

助成金活用は二人三脚でうまくいく
申請代行に強い社労士の探し方・比較のポイント【雇用関連の助成金一覧付】
雇用創出や能力開発、職場環境の整備などを目的に、厚生労働省はさまざまな助成金制度を設けています。助成金制度は社会情勢を反映しながら見直しが図られているため、常に...
2020/08/21掲載
今からできるBCP(事業継続計画)策定と準備しておきたいツール
~平時からの取り組みが「非常事態に強い」企業をつくる
今、BCP(事業継続計画)の重要性をあらためて見直す動きが活発化しています。自然災害や感染症といった非常事態でも事業を継続するには、行動計画の策定と日頃からの備...
2020/07/22掲載
「ひとまず採用」では成功しない。
定着・活躍を実現する障がい者雇用支援サービスの選び方
2018年4月、障がい者の法定雇用率が引き上げられました。重要な戦力として積極的に障がい者を雇用する企業も増え、実雇用数は上昇傾向にあります。一方で、障がい者の...
2020/06/05掲載

関連する記事

給与計算を効率化するシステム活用のヒント
活用範囲とコストを検討し、導入効果を最大化するサービス選び
給与計算は正確性と効率が求められる業務であり、ミスが許されません。しかし、雇用形態や働き方が多様化している現在、給与計算にかかわる業務はますます煩雑さを増してい...
2020/04/13掲載人事支援サービスの傾向と選び方
年末調整をするときに見ておきたい記事とQ&A
年末調整の際に確認すべき公的資料、年末調整の概要を解説したコンテンツ、人事のQ&Aからピックアップした特殊対応のケーススタディなどをご紹介します。
2019/12/10掲載編集部注目レポート
武谷 啓さん(エイチアールワン株式会社 代表取締役社長):
銀行や中央省庁での仕事経験を糧に
人事BPOサービスで日本企業の生産性向上に貢献する
企業向けにシェアードサービスセンター一括サービスや人事給与業務のフルアウトソーシングサービスを提供するエイチアールワン株式会社。日本の人事BPO(ビジネス・プロ...
2019/02/22掲載HR業界TOPインタビュー
4. 人事システムの主な機能
同じ人事システムではあるが、タレントマネジメントシステムには人事・給与システムとは異なる機能的な特性が求められる。人事・給与システムの場合、処理する業務も定型業...
2012/10/29掲載よくわかる講座
2. 人事システムの歴史
人事システムは、時代によって移り変わっていった人事の役割とともに、その機能やシステム構成を進化させてきた。その時々の経済情勢や社会のあり方、また、IT技術の進歩...
2012/10/29掲載よくわかる講座

自分の関心に合わせたサービス情報をメールで受け取ることができます。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


【グローバルタレントマネジメントフォーラム2018】成長する企業の人財活用力 ―可能性を引き出すタレント基盤―

【グローバルタレントマネジメントフォーラム2018】成長する企業の人財活用力 ―可能性を引き出すタレント基盤―

今や企業の成長を左右する源泉は人財活用力であり、人財を一つの企業資産と...