無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

HRペディア 掲載日:2022/04/13

【ヨミ】ゼイセイカイセイ 税制改正

税制改正によって、人事に求められる税金関係の手続きは毎年変わります。その中でも人事担当者にとって最も重要といえるのが年末調整や源泉徴収です。人事担当者は、いつごろ年末調整や源泉徴収に関連した情報を入手できるのかを把握する必要があります。

1. 税制改正の概要

税制改正の流れ

まずは税制改正されるまでの流れを整理します。2020年から2021年にかけて進められた税制改正は例年通りのスケジュールとなり、次の通りに進められました。

各省庁が税制改正の要望を提出:9月30日まで(取りまとめ時点)
与党税制改正大綱の公表:12月10日
税制改正大綱の閣議決定:12月21日
税制改正大綱の公表:12月21日
所得税法等の一部を改正する法律案の国会提出:1月26日
地方税法等の一部を改正する法律案の国会提出:1月29日
国会での可決(参議院):3月26日
施行:4月1日

例年8月末ごろ、各省庁は税制改正の要望を提出します。これを与党税制調査会が審議し、税制の方向性を検討する政府税制調査会の考え方を踏まえて「与党税制改正大綱」をまとめます。これをもとに12月ごろ、政府が「税制改正大綱」を閣議決定し、公表します。

税制改正大綱をもとに、所得税法・地方税法の改正法案が1月下旬までにまとめられ、国会に提出されます。両議院で可決されれば、おおむね4月1日から施行されます。

税制改正大綱と関連資料

税制改正の内容は「税制改正大綱」で施行前におおよそ把握できます。2022年版の税制改正大綱で、2021年版と比較して変更された点は主に次の通りです。

  • 住宅ローン控除
  • 積極的な賃上げ等を促すための措置(p.32)
  • 所得拡大促進税制の見直し
  • 租税特別措置の停止措置の見直し(p.13)
  • 電子帳簿保存法で規定された電磁的記録の保存義務に2年間の猶予を設ける経過措置(p.67)

「税制改正大綱」には住宅ローン控除に関する要項など、年末調整に直接影響することが多く盛り込まれています。そのほかに、所得拡大促進税制や電子帳簿保存法に関連した改正点も記載されています。

税制改正大綱を簡潔にまとめたものが、経済産業省が発行する「経済産業関係 税制改正のポイント」と「経済産業関係 税制改正について」です。ただし、この二つは税制大綱の細部にまで触れたものではありません。年末調整の手続きを詳しく確認する場合は「年末調整のしかた」が公表される時期にあらためて確認する必要があります。

2. 源泉徴収・年末調整・法人税の情報収集

人事担当者があらかじめ税制改正大綱を確認し、その年の年末調整などの手続きを把握したとしても、税制改正法案が国会で可決され、施行される4月までに変更が加えられる場合があります。

国税庁は税制改正を経て、税制改正の具体的な内容を資料で示しますが、人事担当者はどの資料を活用すればいいのでしょうか。

源泉徴収

源泉徴収は所得税法等関係法令によって規定されます。源泉徴収の事務を円滑に進めてもらおうと、国税庁は毎年「源泉徴収のあらまし」を公表しています。公表時期は例年11月から12月ごろです。

「令和4年版 源泉徴収のあらまし」は、2022年9月1日現在の所得税法等関係法令に基づいて2022年12月半ばに公表されました。「源泉徴収のあらまし」冒頭にある「税制改正等の内容」で、昨年度からの変更点を確かめることができます。

年末調整

年末調整の実務を行うにあたって重要な「年末調整のしかた」は、例年9月ごろ公表されます。「令和3年分 年末調整のしかた」は2021年7月1日現在の所得税法等関係法令に基づき、9月に国税庁のホームページで公開されました。国税庁は留意事項などを示したYouTube動画も公開しています。

「年末調整のしかた」が公表されたら、まず前年からの変更点を確認します。まずは動画を確認すると理解しやすいでしょう。変更点が少ない場合は、「年末調整のしかた」を読んで用意すれば十分です。

法人税

4月に税制改正関連法が施行されると、国税庁は法人税の税率を公表します。公表前は、税制改正大綱や経済産業省の「経済産業関係 税制改正のポイント」を参考にします。4月に内容が変更されるまでに、どのような経緯があったのかは、内閣府の公式サイト「経済財政諮問会議」の資料を確認すると便利です。

3. 人事が取り組むべき点

税制改正に伴い、源泉徴収の仕方や年末調整の必要書類などが変更される可能性があります。人事が作業をスムーズに進めるには、どうすればいいのでしょうか。

情報を共有する

税制改正の内容を従業員と共有すると、仕事が円滑に進みます。

特に従業員に提出を求める年末調整の申告書を配付する際には、分かりやすい記入例などをつけ、不明な点がある場合に相談できる体制を整えます。国税庁の「年末調整のしかた」を確認し、分かりやすく解説したものを用意するのも一案です。

情報共有すると、業務効率化や社内のコミュニケーションの活発化につながるメリットもあります。

電子化への対応

電子化を進めれば、業務の効率化に結びつきます。例えば今まで年末調整で社員に提出してもらっていた控除証明書などを電子化すれば、社員の計算間違いなどによる修正作業が少なくなります。提出された書類の保管コストの低減も期待できます。

国税庁は、法定調書の電子化を推奨しており、専用サイト「e-Tax」で諸手続きが可能です。e-TaxにはWEB版で利用できるタイプと、ソフトをダウンロードするタイプの2種類があります。

ただし電子化された法定調書が、情報管理上、適切に扱われるように、経理担当・法務・システム担当はデータを取り扱う方法を協議し、システムで指定されている要件を満たす必要があります。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「税制改正」に関する記事

「税制改正」に関する人事のQ&A

営業車としてマイカーを使う場合の駐車場代の取扱い

いつも参考にさせていただいております。ありがとうございます。

当社では営業車について、社有車を原則として、申請すればマイカーを利用することも可としています。
マイカーを利用する場合の駐車場については...

osinさん
東京都/ 医薬品(従業員数 301~500人)
2021/01/14 15:13 ID:QA-0099830 報酬・賃金 解決済み回答数 2 件

昨年の年末調整「保険料控除申告書」の記入欄の誤りについて

昨年の年末調整についてご相談いたします。

「保険料控除申告書」の「一般生命保険料」の欄に、
「個人年金保険料」の証明額を入力して申請していたスタッフがおりました。

今年の年末調整の書類の記載時に発...

鮎川さん
東京都/ 通信(従業員数 51~100人)
2020/11/25 14:54 ID:QA-0098538 労務・法務・安全衛生 解決済み回答数 1 件

「税制改正」に関する書式・テンプレート

退職手続きリスト

従業員の退職では社会保険や退職金の手続き、返却・回収するものなど、数多くの業務が発生します。ここでは必要な退職手続きを表にまとめました。ご活用ください。

ダウンロード