企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事キーワード 掲載日:2020/04/02

【ヨミ】ジュウタクカリイレキントウトクベツコウジョ 住宅借入金等特別控除

「住宅借入金等特別控除」は住宅ローンを組んで住宅を建築・購入、またはリフォームして住んでいる人を対象に、一定の期間、所得税から一定の金額を控除するものです。「住宅ローン控除」という呼び名でよく知られています。控除を受ける初年度は従業員が確定申告を行いますが、2年目以降は勤務先の年末調整によって控除を受けることができます。

1. 住宅借入金等特別控除とは

「住宅借入金等特別控除」は、所得税の税額控除の一つです。住宅ローンを利用して、定められた条件を満たす住宅を建築・購入・リフォームして住んだ場合、住み始めてから10年間(令和元年10月~12月入居の場合は特例で13年間)は年末のローン残高に応じて、毎年所得税から一定の金額が差し引かれる制度です。控除を受けるには、確定申告や年末調整での申告が必要になります。

住宅借入金等特別控除を受けられる条件と控除額

住宅借入金等特別控除を受けるには、居住する住宅や借入金に次のような条件があります。

対象となる住宅

住宅借入金等特別控除の対象となる住宅の条件は、以下の通りです。

(1)住宅の床面積(リフォームの場合は、リフォーム後の床面積)が50㎡以上で、その1/2以上が自らの居住用であること。

(2)住宅ローンを組んでおり、下記の条件のいずれかに当てはまる住宅を建築または購入し、6ヵ月以内に住み始め、その年の12月31日まで引き続き住み続けること。

a.新築住宅を建築した
b.新築住宅または既存住宅(中古住宅)を購入した。既存住宅の場合は、築後20年以内、耐火建築物である場合は25年以内であるもの
c.居住用の住宅に工事費用100万円超のリフォームを行った。リフォームでは大規模な間取り変更や修繕、一定条件を満たす省エネリフォーム、バリアフリーリフォームなどの条件をいずれか満たしている(※ただし、バリアフリーリフォームの工事費用は50万円超が条件)

詳しい要件は、国税庁のページをご覧ください。

対象となる借入金

住宅を建築・購入、またはリフォームするために組んだローン(利息部分は対象外)のうち、控除の対象となるのは以下のようなものです。

(1)借入期間が10年以上のもの。

(2)以下のような機関・団体などから借り入れたもの。
a.銀行や保険会社などの民間の金融機関
b.地方公共団体
c.勤務先 ※年利0.2%(2016年12月31日居住分までは年利1%)以上であること
d.独立行政法人住宅金融支援機構など

控除対象となる年分

住宅借入金等特別控除は、確定申告や年末調整によって毎年受けるものですが、以下のような条件があります。

(1)住み始めてから10年以内である。

(2)控除を受ける人のその年の合計所得金額が3000万円以下である。

控除額

控除額は以下のように計算します。

<控除額(100円未満切り捨て)=借入金の年末残高合計額×控除率>
※ただし、上限額が定められています

住宅に住み始めた日や、消費税率によって、年末残高に対する控除率や控除限度額、控除期間が異なることがあります。

詳しくは、国税庁の「住宅借入金等特別控除額の概要一覧表」を確認してください。

住宅借入金等特別控除を受けるときに提出する書類

住宅を建築・購入、またはリフォームした人が控除を受ける場合、初年度は確定申告を行います。新築、既存、増改築など住宅の内容によって多少異なりますが、共通して以下の書類を確定申告書に添付します。

  • 土地及び家屋の登記事項証明書
  • 売買契約書または工事請負契約書の写し
  • 借入金年末残高等証明書
  • 住宅借入金等特別控除額の計算明細書

給与所得者の場合、2年目以降は年末調整の際に「給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書」(以下「住宅借入金等特別控除申告書」)と「借入金年末残高等証明書」を勤務先に提出して、控除を受けます。住宅借入金等特別控除申告書は、1年目の確定申告の後、税務署から控除を受ける人に発行されます。

確定申告や年末調整とのかかわり

住宅借入金等特別控除を受ける場合、1年目は自分で確定申告をする必要があります。確定申告後、税務署から「住宅借入金等特別控除申告書」(申告書の下半分は「年末調整のための(特定増改築等)住宅借入金等特別控除証明書」(以下「控除証明書」)になっています)という書類が、控除を受ける年分の枚数だけ申告者宛てに送付されます。

従業員から提出を行う申告書

なお、年末調整を行う際、担当者は以下の四つの控除について従業員から申告書を提出してもらうことになります。

  1. 扶養控除:扶養控除等(異動)申告書
  2. 配偶者控除:配偶者控除等申告書
  3. 保険料控除:保険料控除申告書
  4. 住宅借入金等特別控除:住宅借入金等特別控除申告書

(1)(2)(3)は「所得控除」にあたるので、税額を計算する前の所得から差し引きます。(4)の住宅借入金等特別控除は、「税額控除」にあたるので、所得控除を引いた後に計算した税額から差し引きます。

住宅借入金等特別控除における制度の変遷

住宅の購入に対して税を優遇する制度は、1972年度の税制改正によって「住宅取得控除制度」ができたのが始まりとされています。当時は新築住宅のみが対象で、現金・ローンは問いませんでした。控除期間は3年間で、控除額は床面積を基準に算出していました。

現在のように、住宅ローンに対する控除となったのは1978年度の税制改正時で、控除期間3年、最高控除額は3年間で18万円でした。その後、経済政策の一環として控除額や適用期間が拡大されていきました。

実は、住宅借入金等特別控除は2005年以降入居分からは廃止予定とされていましたが、2004年度の税制改正によって控除額を縮小しながら継続されることになりました。ところが、その後の景気悪化を背景に、再び控除額が拡大されています。

現在は2014年4月1日~2021年12月31日に入居した人に対して、一般住宅は年間最高40万円(※)、認定住宅(「認定長期優良住宅」「認定低炭素住宅」)は年間最高50万円となっています。なお、入居日が2022年1月1日以降については、2020年1月現在は未定となっています。

※2014年4月1日以降入居でも、契約が増税前(5%)あるいは消費税が生じない売買だと限度額が変わります。

2. 住宅借入金等特別控除申告書の書き方

住宅借入金等特別控除を受けて2年目以降の従業員は、年末調整時に住宅借入金等特別控除申告書に必要事項を記入し、借入金年末残高等証明書とともに勤務先に提出します。年末調整の担当者は、借入金年末残高等証明書と照らし合わせて申告書の内容を確認し、記入に誤りがある場合は従業員に書き直してもらう必要があります。
従業員が提出する住宅借入金等特別控除申告書は、上半分が申告書、下半分が控除証明書になっています。ここでは、住宅を新築、または購入したケースについて見ていきます。

以下、書き方は住宅借入金等特別控除申告書の項目を見ながら確認してください。

国税庁「令和元年分 年末調整のしかた」p.102より転載

「給与の支払者の法人(個人)番号」

法人の場合は法人番号を記入します。個人事業者の場合はマイナンバーの記載は不要です。なお、2013年より前に入居した人の申告書には、この欄がありません。余白に記入します。

「あなたの個人番号」

マイナンバーの記載は不要です。従業員が記入している場合は、マスキングします。

(1)「新築又は購入に係る借入金等の年末残高」

C欄に、借入金年末残高等証明書の「年末残高」欄に記載されている金額を記入します。借入金年末残高等証明書が複数ある場合は、合計します。

(2)「家屋又は土地等の取得対価の額」

「控除証明書」のロ欄の金額をA欄、ホ欄の金額をB欄にそれぞれ記入します。また、横のC欄に合計額を記入します。

(3)「家屋の総床面積又は土地等の総面積のうち居住用部分の床面積又は面積の占める割合」

「控除証明書」のハ、ニ、ヘ、トの数字を、A欄とB欄の所定の場所に記入し、計算して居住部分の割合(%)を算出します。A欄とB欄の数字が同じ場合はC欄にそのまま記入します。同じであることがほとんどですが、異なる場合は申告書に同封されている「年末調整で住宅借入金等特別控除を受ける方へ」を参照してください。

(4)「取得対価の額に係る借入金等の年末残高((1)と(2)の少ない方)」

(1)のC欄と(2)のC欄を比較し、少ない金額を(4)のC欄に記入します。

(5)「居住用部分の家屋又は土地等に係る借入金等の年末残高((4)×(3))」

(3)のC欄の数字と(4)のC欄の数字をかけ算し、(5)のC欄に記入します。

(11)「(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算の基礎となる借入金等の年末残高((5)+(10))」

新築または購入のみの場合は、(5)のC欄の数字をそのまま記入します。中古住宅を購入し、リフォームをした場合などは、(10)の欄にも数字が入るケースがあるので、(5)+(10)の金額を記入します。

「年間所得の見積額」

おおよその額でかまいません。源泉徴収票などがあれば「給与所得控除後の金額」を記入しておきましょう。

(14)「(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額((11)×1%)」

(11)の数字に1%をかけ算し、控除額を出します。100円未満は切り捨てます。

3. 住宅借入金等特別控除の最新情報はここで入手

住宅借入金等特別控除は、最短では1年ごとに控除限度額や控除対象となる借入金の年末残高合計額が見直されています。最新情報は国税庁や財務省のホームページでチェックしておきましょう。

今後の改正にも注意が必要

住宅借入金等特別控除は、景気対策という観点から、たびたび改正が行われてきました。そのなかで、一度は廃止も予定されたことがあります。

2019年度の税制改正により、2019年10月1日~2020年12月31日に住み始めた住宅で、住宅の建築・購入に含まれる消費税の税率が10%だった場合、「住宅借入金等を有する場合の所得税額の特別控除の特例」が受けられるようになりました。

従来、控除を受けられるのは10年間ですが、特例により、この条件に当てはまる住宅に住んでいる人は11~13年目までの各年も控除を受けることができます。11~13年目の控除額の計算方法など詳細は国税庁、財務省のページで確認するとよいでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

年末調整
「年末調整」とは、1年間に納めるべき税金の過不足を計算し、適切な金額に調整することをいいます。源泉徴収の金額は、給与や扶養者数が変動しないものとして作成されています。また、年末には保険料などがまとめて控除されます。源泉徴収の金額が正確にわかる年末に実際に支払うべき税額を算出するため、年末調整と呼ばれ...
保険料控除
例年、年末調整の時期になると、従業員は各種書類の提出を求められます。企業に勤めている場合、毎月の給与額に応じて源泉徴収税が計算され、総支給額から差し引かれています。年末調整は1年間の給与総額をもとに適正な税額を再計算し、毎月差し引かれていた税額との過不足を精算するものです。
確定申告
確定申告とは、所得税を精算する手続きのことです。毎年2月から3月に行われ、個人が1年間全ての収入・支出、利益(所得)の金額や支払う所得税の金額を計算し、税務署に申告することで、源泉徴収された税金などとの過不足を清算します。個人事業主だけでなく、給与所得者であるサラリーマンも行わなければならないケース...

関連する記事

年末調整をするときに見ておきたい記事とQ&A
年末調整の際に確認すべき公的資料、年末調整の概要を解説したコンテンツ、人事のQ&Aからピックアップした特殊対応のケーススタディなどをご紹介します。
2019/12/10掲載編集部注目レポート
3. 社宅の効果・メリット
社宅の移り変わりから、社宅制度が否定されているのではなく、従来型の「福利厚生としての社宅」というスタイルが、実情に合わないだけだと分かる。今も企業の住環境を補助を期待する従業員は多い。本章では、社宅のさまざまなメリットを見ていこう。
2012/12/13掲載よくわかる講座
「給与計算」とは
企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソー...
2011/08/30掲載人事支援サービスの傾向と選び方

関連するQ&A

年末調整(住宅ローン控除)について
お世話になっております。 表題に関し、教えてください。 年末調整で住宅ローン控除を行う場合、前年と職場が異なる時は「年末調整のための住宅借入金等特別控除証明書」を提出させますが、仮に従業員が税務署からの証明書の発行を受けずに新しい勤務先で年末調整の処理を行うとどうなってしまうのでしょうか?
年末調整について
 年末調整の季節となりました。  今回初めて年末調整を担当することになりましたが、どのような点に注意して進めていけばよいかを教えていただければありがたいです。  税務署からは用紙が送られてきていますが、従業員には3種類(「扶養控除等(異動)申告書」「保険料控除申告書」「配偶者控除等申告書」)とも交付...
欠勤時の賃金からの控除
こんにちわ お世話になっております。 教えて頂きたいのですが、給与計算時に給与から欠勤控除する場合、一律、30分の1を控除するとして処理はしてもよいのでしょうか? どうぞ宜しくお願い致します。 前提条件: 日給月給制、所定労働日:20日~22日/月
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。