企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『労政時報』提携

社員の本音がわかって期待どおりの効果はある?人事・総務担当者に聞く「自己申告制度」の課題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在の職務に対する満足度、異動の希望、職場への意見・提案などについて従業員に申告させる「自己申告制度」。多くの企業が導入し、能力開発、適正配置、現場のモラール向上など、さまざまな面で活用していますが、その一方で問題を抱えるケースも少なくありません。「従業員が自分の評価に影響することを恐れたり、申告しても無駄だと考えたりして、本音を書かない」とか、「申告しても異動などの希望が叶うとは限らないため、かえってモラールダウンを招いている」など……。実際、企業における「自己申告制度」の効果はどれほどあるのでしょうか。制度の実施窓口となっている人事・総務担当者を対象に、労務行政研究所が行ったEメールアンケートから探ってみます。

1990年以降に「自己申告制度」の導入が本格化した

「自己申告制度」を導入する狙いとしては、(1)担当職務への適性・満足度や異動希望を聞き、人事異動などの資料として活用する(2)各職場が抱える不満・問題点を把握し、職場環境整備・各種人事施策に反映させる(3)上司による指導・育成や、上司と部下のコミュニケーションに役立てる(4)改善案・提案を挙げてもらい、従業員の意見を経営施策や業務運営に役立てる――などが考えられます。まずは、今回の労務行政研究所のEメールアンケートに回答を寄せた人事・総務担当者の企業123社について、「自己申告制度」の導入状況を見てみましょう。表(1)をごらんください。

表(1) 「自己申告制度」を導入しているか?

表(1) 「自己申告制度」を導入しているか?

全体では「導入している」が74.0%と、ほぼ4社に3社が「自己申告制度」を有しています。これを規模別に見てみると、500人以上で82.6%、500人未満で63.0%が導入しており、規模が大きいほうが高い導入率となっています。

「自己申告制度」を導入している企業について、その導入年を見てみると(表(2)参照)、1990年代前半(90~94年)が29.2%と3割弱を占めて、最も多くなっています。これに「95~99年」が23.6%で続き、合わせて90年代が過半数(52.8%)を占めている。以下、「2000年以降」(20.8%)、「85~89年」(19.4%)、「84年以前」(6.9%)となっており、90年以降に導入が本格化したと言うことができます。

表(2) 「自己申告制度」を導入したのはいつ?

表(2) 「自己申告制度」を導入したのはいつ?

大半の企業が「異動・配置希望」「現職務の評価」を尋ねている

「自己申告制度」を導入している企業は、それをどのくらいのサイクルで実施しているのでしょうか。表(3)をごらんください。

表(3) 「自己申告」の実施回数は?

表(3) 「自己申告」の実施回数は?

「自己申告」の実施回数は、4社に3社(75.0%)が「年1回」で最も多く、「年2回」が14.8%でこれに次いでいます。「その他」として6.8%が「年3回」「隔年」などとしているほか、「特に決めていない」(3.4%)も見られます。

実施時期を見ると、10月(16.3%)、3月(13.0%)、1月(10.9%)で10%を超えています。人事考課との連動や年初での実施を念頭に置いているものと思われます。

次に、表(4)をごらんください。

表(4) 「自己申告制度」でどんな内容を申告しているか?

表(4) 「自己申告制度」でどんな内容を申告しているか?

※注「(8)本人の家庭状況」とは、「家族構成」や「知っておいてほしい個人事情」など。「(11)目標管理における設定目標」は、目標管理を実施している場合のみ。「(13)その他」の内容は、「職場の人間関係、性格の自己分析等」「過去の主な職歴、所有資格」「退職予定」など。

「自己申告制度」の実施目的や期待する効果を踏まえて、各社が工夫を凝らしているのが、申告書においてどのような項目を申告させるか、です。この申告内容を尋ねたところ(複数回答)、「(1)異動・配置希望」が93.3%と最も高く、これに「(2)現職務とこれに対する評価」が80.9%で続いています。

異動・配置は、本人の意向を踏まえて行うと円滑に進み、その確認には自己申告のかたちが適していること、現職務に関する意識は、職場における本人の状況把握の基本となることなどから、大半の企業が申告項目として取り上げているものと思われます。

最近では、社員のプライバシー情報に関する取扱いが問題になっていますが、「(8)本人の家庭状況」(53.9%)や「(10)本人の健康状況」(47.2%)など、会社業務とは直接関係しない、個人的な項目は比較的低い割合となっています。

「効果を上げている」43%、「効果は上がっていない」37%

では、「自己申告制度」は各社で効果を上げているのでしょうか。表(5)をごらんください。

表(5) 「自己申告制度」の効果は?

表(5) 「自己申告制度」の効果は?

※注「導入したことで、むしろ弊害が生じるようになった」とする回答はなし。
「その他」の内容は、「異動・配置の参考としては有効」「形骸化している」「導入の目的が不明確であったため、判断できない」など。

自社で実施している「自己申告制度」について、4割超(42.7%)が「導入意図どおりの効果を上げている」と評価する一方、「期待したほどの効果は上がっていない」との認識も37.1%に上っています。これを規模別に見てみると、500人以上では「効果は上がっていない」(42.1%)が「効果を上げている」(38.6%)を上回り、厳しい見方をしています。しかし、500人未満では、「効果を上げている」が50.0%と半数を占め、「効果は上がっていない」(28.1%)を大きく上回っています。また、約2割を占める「その他」の内容としては、「不満などのはけ口としても機能」や「どちらとも評価できない」といった意見が見られます。

さらに、「自己申告制度」を今後どうするかを尋ねたところ、94.3%が「引き続き実施していく(現状維持・制度改定を含む)」としています。「廃止・休止する予定」とする回答は見られません。「未定(「さらに経過を見てから判断」などを含む)」は5.7%で、大多数が「評価の善し悪しにかかわらず、制度自体は続けていく」意向を示しています。

注) *ここでは、労務行政研究所が2005年1月26日から2月16日まで「自己申告制度に対する人事担当者の本音アンケート」と題して行った、Eメールによる独自調査の結果を基に、「日本の人事部」編集部が記事を作成しました。同調査の詳しい内容については『労税時報』第3655号(2005年6月10日発行)に掲載されています。*同調査の対象は、労務行政研究所ホームページ上で「本誌購読会員ページ」(労政時報クラブ)に登録、あるいは同研究所調査に回答を寄せた人事・総務担当者のうち、任意に抽出した677人。そのうち123人から回答がありました。*表(1)(5)は、労務行政研究所の同調査の結果をもとに「日本の人事部」編集部が作成しました。また、表(2)(3)(4)は、『労政時報』第3655号に掲載のものを転載させていただきました。 ◆労政時報の詳細は、こちらをご覧ください→ 「WEB労政時報」体験版

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務実態調査のバックナンバー

労使および専門家の計452人に聞く2020年賃上げの見通し
~定昇込みで6495円・2.05%と予測。7年連続で2%台に乗る~
賃金交渉の最新動向がわかる!労・使の当事者および労働経済分野の専門家を対象に実施した「賃上げ等に関するアンケート調査」から見える2020年の賃上げ見通しは?
2020/02/20掲載
本誌特別調査 2019年度 モデル賃金・年収調査
上場企業を中心とした各社の定昇・ベアの実施状況や賃上げの配分状況、モデル賃金、年収・賞与の水準等について
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所では1967年から毎年、全国の上場企業を中心に「モデル賃金実態調査」を実施している。本稿では2019年度の集計結果から...
2019/12/16掲載
東証第1部上場企業の2019年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査
全産業212社ベースで74万7808円、対前年同期比0.1%減とマイナスに転じる
2019/10/29掲載

関連する記事

人材育成・能力開発制度の実際
人材育成・能力開発の目的・方向性・進め方について、プログラムの考え方と実施のポイントについて解説する。
2017/06/30掲載よくわかる講座
人事管理制度の実際
人事管理制度全般にかかわる「人事異動」「出向」「転籍」「退職」「定年制」「解雇」「昇進」「コース別人事管理」について紹介する
2017/06/30掲載よくわかる講座
安藤至大さん:
これから日本の「働き方」「雇用」はどのように変化し、
人事はどう対応していけばいいのか(後編)
働き方の多様化が進む中、どのような雇用形態・働き方が求められるようになるのか。また、「年功序列型賃金」「新卒一括採用」などはどうなっていくのか。労働経済学を専門...
2015/08/17掲載キーパーソンが語る“人と組織”
人事マネジメント「解体新書」第74回
多様な働き方が求められる時代、注目される“限定正社員”~具体的事例にみる制度の特徴と、運用面での工夫(後編)
『前編』では、「限定正社員」が求められる背景と、その雇用管理のあり方について見てきた。では、実際の企業の現場はどのような状況なのか? また、問題や課題に対してど...
2014/08/25掲載人事マネジメント解体新書
人事マネジメント「解体新書」第65回
「社内公募制度」「FA制度」で適材適所の人材管理を実現する(前編)
ビジネスや仕事のあり方が大きく変化・進展している現在、「社内公募制度」「FA(フリーエージェント)制度」が注目を集めている。 『前編』では、「社内公募制度」「F...
2013/08/19掲載人事マネジメント解体新書

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

QUICK REPLY

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは
new

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...