企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人材採用“ウラ”“オモテ”

転職活動と電話

交渉やすり合わせに有効だが
増えてきた「電話に出ない人」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスにおいて、もっとも頻繁に使う連絡手段といえば「電話」。そんな時代は、過去のものになりつつあるようだ。電話から主役の座を奪ったのは、言うまでもなく「電子メール」である。近年では「いきなり電話するのは失礼だ」と考える人も少なくないらしい。人材紹介において、その場でスピーディーに調整や交渉、すり合わせができる電話は非常に有効なツールだが、電話を使うことに消極的な人が増えてきた現在、それ以外の連絡方法を模索する必要が出てきている。

「いきなり電話は失礼」という風潮

「面接を担当する部長が急に出張することになったので、Tさんの面接日を変更してもらえないでしょうか」

企業から、面接日の予定変更を依頼されることは珍しくない。しかし、この時ばかりは都合が悪かった。Tさんはすでに他の企業から内定をもらっていたのだが、比較・検討するためにもう一社の面接も受けてみては、と提案していたのだ。その面接日が遅れると日程的に厳しくなり、面接を辞退される可能性があった。

こんな時にはすぐ、「電話」で連絡しなければならない。企業側の事情を伝えるとともに、すでに内定の出ている会社にはどれくらい待ってもらうことができるのかを聞き、Tさんの意向も尊重しながら、すり合わせていく必要があるからだ。

さっそくTさんに電話をしたが、留守番電話になっている。折り返し電話をくれるようにメッセージを残し、夜には自宅にも電話してみたが、Tさんが電話に出ることはなかった。

翌日、Tさんから一通のメールが届いた。

「電話で話す時間がとれないので、用件をメールで送ってもらえませんか」

単に用件を伝えて済むのなら、最初からそうしている。しかし今回は、感触を探りながら説得、交渉していく必要がある。メールなら、何往復もやりとりすることになるだろう。タイムリミットが迫る中、それは避けたかった。

交渉やすり合わせに有効だが増えてきた「電話に出ない人」 Photo

しかし、最近は「電話よりメール派」の人が増えているのも確かだ。「相手の都合も考えずに、いきなり電話するのは失礼」と考える人は多い。電話に出られる時でも、用件のわからない電話には出ない、という人もいる。メールが普及する以前に社会人になった人は、基本的に「何はともあれ、まず電話」と教えられてきたし、メールがビジネスシーンで使われるようになってからも、「いきなりメールを送るのは失礼」と言われてきた。しかし、今ではその常識がまったく逆転しようとしている。

人材紹介の場合には、別の理由もあるようだ。メールならすぐに返信せずに、ワンクッション置くことができる。「話の主導権を握られたくない」と考える求職者にとって、メールは都合の良いツールなのだ。紹介会社のアドバイスはありがたいが、説得されたり、丸め込まれたりしたくない、と考える人は多いのである。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

地方移住と転職
夏休みなどの長期休暇が終わると、転職希望者が増える。人材業界では、昔からそう言われてきた。長い休みの間に、旅先や帰省先で自分を見つめなおす時間を持ったり、家族や...
2017/09/06掲載
多様化する採用ルート
売り手市場が続き、人手不足に苦しむ企業が増えている。何とか打開策を見出そうと、多くの企業が「ダイレクトリクルーティング」や「リファラルリクルーティング」に取り組...
2017/08/01掲載
キャリアチェンジ転職
「売り手市場」が続く転職マーケット。とりわけソフトウェア開発を中心とする技術職は、引く手あまただ。しかし、本人がその貴重なキャリアを活かした転職を考えていないこ...
2017/07/05掲載

関連する記事

40~50代の転職も増加中
長い間、「転職するなら35歳まで」と言われてきたが、この数年で「40代、50代でも経験重視で採用したい」というケースが徐々に増えてきている。人材紹介会社としては...
2017/05/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
若手採用のパラドックス
せっかく採用した新入社員がすぐに辞めてしまう、という悩みを抱える企業は少なくない。そのため“すぐにやめない人材”であることも選考のポイントとなる。人材紹介会社で...
2017/04/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
フルタイム以外の人材紹介
子育てや介護などでフルタイムは働けない人の場合、これまではパートタイマーのような簡単な仕事を選択することがほとんどだった。しかし、「短い時間でもキャリアを生かし...
2017/03/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
社会人教育と転職
「働き方改革」の一つとして、人材が流動化しやすい社会、つまり転職しやすい環境をいかにつくるのかという課題がある。欧米では一般的な「大学などで学び直すことでキャリ...
2017/02/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
有本隆浩さん(株式会社MS-Japan 代表取締役社長):
感性を研ぎ澄ませて時代の流れを読み、あとは行動あるのみ――
「管理部門特化型」の人材紹介で市場を創造
株式会社MS-Japanは、人材紹介会社としてはきわめてユニークな「管理部門に特化する」戦略によって、業界屈指の高収益・高付加価値を実現しています。同社の創業者...
2017/01/30掲載HR業界TOPインタビュー
中核を担う管理職を育成し、組織力を向上させる!管理職育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


『日本の人事部』ダイバーシティ&インクルージョン特集

D&I推進に取り組む企業様におすすめなプログラムをご紹介。ぜひ貴社のD&I推進にご活用ください。



『日本の人事部』管理職育成特集

管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

「企業が自社の「採用力」を高めていくためには、“自立した採用力”こそが...


「コンプライアンス」が企業に求めているものとは何か?<br />
~法令順守から「期待に応えること」へ

「コンプライアンス」が企業に求めているものとは何か?
~法令順守から「期待に応えること」へ

「コンプライアンス」という言葉が、盛んに使われるようになった。それは近...