企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人材採用“ウラ”“オモテ”

社会人教育と転職

時にはブランクととられることも
学び直してキャリアアップを狙う人たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

政府も「働き方改革」に本腰を入れて取り組むなど、労働や雇用を取り巻く状況は大きく変わろうとしている。その一環として注目されるのが、人材が流動化しやすい社会、つまり転職しやすい環境をいかにつくるのか。国も職業訓練の充実には力を入れる方針だが、欧米では一般的な「ホワイトカラーが大学などで学び直すことでキャリアアップする」ことに関しては、日本はまだまだ立ち遅れているのが現状だ。

大学院で勉強しなおしたい

「マーケティングの仕事を希望しています。これまで営業職として培ってきた経験を、きっと生かせると思うんです」

人材紹介会社を利用する場合、これまでのキャリアをそのまま生かせる転職先を希望するケースが大多数だ。しかし、いわゆる「キャリアチェンジ」を希望する人も時にはいる。この日転職相談に訪れたEさんもそんな一人だった。

マーケティングや経営企画は、ホワイトカラーの職種の中でも特に人気が高い。企業側もそういった部門の増員を行う際には、自社の他部門から希望者を異動させるのが一般的だ。求人を出す場合は、他社でマーケティングや経営企画をすでに経験しているバリバリの即戦力を求めることが多い。そのため、未経験者を紹介できるケースはきわめて少ないのが実状だ。

Eさんも、そういった状況をある程度予想していたようだった。

「大学院で本格的にマーケティングを勉強してみようと思っているんです。社会人経験に加えて学位があれば、キャリアチェンジは可能になりませんか?」

社会人教育と転職 Photo

しかし、その方法はあまりお薦めできない。まず、企業は大学(大学院)で学んだことをあまり評価しない。日本の教育機関が実社会で即戦力になれるような教育をしていないこともあり、企業側に「机上の理論と実際は違う」という先入観やプライドがあるのも確かだろう。だから、大学で専門教育を受けた人材を新卒で採用しても、入社後にまた教育しなおすのである。

会社を辞めて大学院に行くと、最低でも2年。しかし、その間にかかる学費や生活費に見あった評価はまず得られないのが現状なのだ。場合によっては、その期間を『ブランク』ととらえる企業もあるし、仕事に行き詰まって逃避したのではないかと無用な詮索をされるリスクもある。プラスになるどころか、マイナスの評価になる可能性も大いにあるのだ。

「外資系企業でもそうなんでしょうか? アメリカ人と結婚して現地で暮らしている私の姉は、大学に通い直して新しい仕事を見つけたのですが」

確かにアメリカでは、社会人が教育を受け直してキャリアアップする例が多い。しかし日本では外資系企業でも、学び直しを評価する企業が少ない。私がそう答えると、Eさんは落胆したような表情を見せた。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

人材採用“ウラ”“オモテ”
評価されづらい?「大学院卒」の転職
退職して大学院で学びなおすことで、転職の際に有利になるのか。留学や資格取得は? 人材紹介会社のコンサルタントが語る本音とは――。
2018/12/03掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
経験豊富なのに転職しにくい人材
多くの日本企業が、ジョブ・ローテーションによる人材の長期育成を行っています。しかし、それによって「専門性」のないキャリアになってしまい、転職しづらくなってしまう...
2018/11/02掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
スピードか、スクリーニングか
近年、人材紹介会社に求められる役割は多様化している。面接までの「スピード」を求められる場合もあれば、「スクリーニング」の精度を求められる場合もあり、同じ会社でも...
2018/10/05掲載

関連する記事

新居 佳英さん(株式会社アトラエ 代表取締役CEO):
「世界中の人々を魅了する会社を創る」を掲げ
日本全体の「人材の流動化」と「組織変革の支援」を担う
「役職の撤廃」「日本初となる全従業員に対する特定譲渡制限付株式の付与」「勤務時間や働く場所を管理しない、自由度の高い働き方」――。従来の会社組織の枠にはまらない...
2018/11/28掲載HR業界TOPインタビュー
人材採用“ウラ”“オモテ”
条件が異なる人材を紹介できるか
「医大の入試で女子受験生が一律減点されていた」というニュースが広く注目された。入試と同様に性別で機会を制限してはならない、企業の「人材採用」。ただ、人材紹介会社...
2018/09/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ” 
人材も東京一極集中
東京で働く優秀な人材を採用したいと思っても、なかなかうまくいかず苦戦を強いられる地方企業は多い。そんな中、採用成功に向けて、各社はさまざまな工夫を行っているよう...
2018/08/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ” 
「逆指名」からの紹介ルート開拓
人材紹介において重要な仕事のひとつが、紹介先となる募集企業の確保だ。求人情報は多いほどマッチングしやすいし、その時々の「旬」な求人をそろえるためにも、新規開拓は...
2018/06/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
センシティブな転職相談
一つの言葉にも配慮が求められる転職サポート
人材紹介会社に相談に来る人たちは、みな真剣に転職を望んでいる。しかし、業界や職種によっては、転職希望者に求人を紹介できないことも少なくない。焦る転職希望者は、コ...
2018/05/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
注目のHR Technology特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ 学びを可視化する ビジログ
<アンケートのお願い>人事コンサルティングに関する活用実態調査

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...