無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

有賀 誠のHRシャウト! 人事部長は“Rock & Roll”【第36回】
「ジョブ型」に踊らされるな!(その3)
かつての「成果主義」狂騒曲に思うこと

株式会社日本M&Aセンター 常務執行役員 人材ファースト統括

有賀 誠さん

有賀 誠のHRシャウト! 人事部長は“Rock & Roll

人事部長の悩みは尽きません。経営陣からの無理難題、多様化する労務トラブル、バラバラに進んでしまったグループの人事制度……。障壁(Rock)にぶち当たり、揺さぶられる(Roll)日々を生きているのです。しかし、人事部長が悩んでいるようでは、人事部さらには会社全体が元気をなくしてしまいます。常に明るく元気に突き進んでいくにはどうすればいいのか? さまざまな企業で人事の要職を務めてきた有賀誠氏が、日本の人事部長に立ちはだかる悩みを克服し、前進していくためのヒントを投げかけます。

みんなで前を向いて進もう! 人事部長の毎日はRock & Roll だぜ!――有賀 誠

これまで、「ジョブ型」を題材に「バズワードに踊らされないこと」を提唱してきました。そして、「ジョブ型」の対極にあるのは「メンバーシップ型」ではないこともお伝えしました。

雇用関係が「メンバーシップ型」でも、職務アサインメントは「ジョブ型」という企業は多いはずです。両者は矛盾する概念ではありません。私は、「ジョブ型」と対になるのは、「メンバーシップ型」ではなく「職能型」だと考えています。

さて、思い出すのは、20年ほど前、今の「ジョブ型」と同じように人事の世界でもてはやされた言葉があったことです。それは「成果主義」です。

「成果主義」は失敗だったのか?

日本的経営の「三種の神器(終身雇用・年功序列・企業内労働組合)」に代表される従来の人事制度は、バブル崩壊以降、その限界が唱えられるようになりました。それらに代わる新しい仕組みが模索される中、多くの企業が評価制度として導入したのが「成果主義」です。90年代半ば、成果主義はまさに人事分野における最大の「バズワード」であったと言えるでしょう。ピーク時には、日本企業の8割以上が導入していたとされています。

しかしながら、日本企業における成果主義は必ずしもうまく機能せず、さまざまな問題点が指摘されるようになりました。そのため多くの企業で、一部または大きな改革が行われました。

1993年から日本企業の先陣を切って成果主義を導入し、その先進的な経営姿勢が注目を浴びた富士通は、2004年の年頭に成果主義の失敗を認めて、多くの企業の人事関係者に衝撃を与えました。2006年には三井物産が成果主義を撤回し、利益という結果ではなく、チームワークなどのプロセスの評価を軸にした新制度に切り替えています。

では、「成果主義」は本質的に失敗で、日本には向かない制度だったのでしょうか。

「成果」ではなく、「結果」だけを見てしまったことが問題

社員を評価する指標として、理論上ありえるものは「能力」と「成果」の二つでしょう。歴史的に、日本企業は前者を、欧米企業は後者を軸にしてきたと考えられます。長期的に「能力」と「成果」は正比例するはずですし、正しく運用されれば、評価軸はどちらでも問題ないはずです。

ところが、日本企業は「能力」を「職能(職務を遂行する上での能力、年数とともに上昇するはず)」と読み替え、結果として年功的な組織文化をつくってしまいました。ここに問題の根源があります。年齢や年次は、「成果」と正比例にはならないからです。

一方、「成果主義」を導入した企業の多くはその定義を狭く設定してしまい、「成果」ではなく「結果」だけを見ることで失敗したのだと私は考えています。売上や採用数だけを評価し、顧客満足度や品質を見落としてしまったのではないかと。あるいは、自己成績至上主義を促進するあまり、全体最適や顧客視点が不足してしまったのではないかと。

私は「成果主義」の典型とも言える米国企業でも働きましたが、それらの企業では「行動」や「プロセス」も、そして「リーダーシップ」や「チームワーク」も、「成果」の一部でした。行動成果(月間何人のお客さまと面談したか、部門横断プロジェクトに携わったかなど)や360度評価(会社のバリューを体現しているか、関連部署を支援しているか、リーダーシップを発揮しているかなど)も、「成果(Contribution/Achievement)」の重要な要素だったのです。

人事部門にも責任あり

上述の問題以外に、評価者の意識を変えるための十分な教育が行われなかったことがあるかもしれません。

伝統的な日本企業では、年功的に管理職に就いた人が多かったでしょう。しかも、直近は「なんちゃってマネージャー(部下がいない管理職社員)」であったかもしれません。そのような人にとって、自分自身がされた経験がない「成果主義に基づく評価作業」を行うことは極めて大きな難題であったはずです。望ましい結果や行動・プロセスを定量化し、それらを目標設定や評価のフィードバックにつなげ、さらには処遇との整合性・納得性にまで結び付けなければなりませんが、人事はそのために十分な評価者教育を実施したのでしょうか。

加えて考えられるのは、人事部自身が変われなかった可能性です。現場には「成果主義」と伝えておきながら、自らは「年次管理」や「分布管理」を継続していたということはないでしょうか。

いずれにしても、人事部門の責任は小さくありません。

成果主義とジョブ型:失敗の構図と予感
図「成果主義とジョブ型:失敗の構図と予感」

クリックすると拡大して表示されます

最後に

行動やプロセスも含んだ俯瞰的な「成果」と単純な「結果」をはき違えた帰結として、さらに、それを正すことができなかった人事部門の落ち度も加わって、多くの企業で「成果主義」は失敗の烙印を押されました。しかし私は、決して思想として間違っていたわけではなく、運用において失敗したのだと考えています。

そして今、「ジョブ型」についても同様のリスクを感じるのです。すでに本連載の中で、「ジョブ型」の本来の姿や、実態としての組織は「職能型」と大きく異なるわけではないことを述べてきました。それを理解した上で、明快な意図をもって「ジョブ型」を導入するのであれば、自らの首を絞めないように柔軟な運用を検討しておくべきです。

多くの日本企業において、本来は職務遂行能力によって処遇するはずの「職能型」の中、能力ではなく年齢や勤続年数に基づいて処遇をしてきてしまったという過ちが現存します。これを正す必要があります。ただし、繰り返し述べてきたように、「ジョブ型」はその答えではありません。修正すべきなのは、評価の座標軸です。年数を評価や処遇の要素から外すことであり、正しく運用するのであれば、基軸にするのは「能力(職務上発揮されているもの)」でも、「成果(行動やプロセスも含めたもの)」でも、どちらでも構わないのです。

どうか皆さん、「ジョブ型」に踊らされませんように! そして、かつての「成果主義」狂騒曲の轍(てつ)を踏むことのないように!

有賀誠の“Rock & Roll”な一言
「成果主義」狂騒曲を覚えているかい?
「ジョブ型」に同じ匂いを感じるのは俺だけかなぁ


有賀 誠さん(株式会社日本M&Aセンター 常務執行役員)
有賀 誠
株式会社日本M&Aセンター 常務執行役員 人材ファースト統括

(ありが・まこと)1981年、日本鋼管(現JFE)入社。製鉄所生産管理、米国事業、本社経営企画管理などに携わる。1997年、日本ゼネラル・モーターズに人事部マネージャーとして入社。部品部門であったデルファイの日本法人を立ち上げ、その後、日本デルファイ取締役副社長兼デルファイ/アジア・パシフィック人事本部長。2003年、ダイムラークライスラー傘下の三菱自動車にて常務執行役員人事本部長。グローバル人事制度の構築および次世代リーダー育成プログラムを手がける。2005年、ユニクロ執行役員(生産およびデザイン担当)を経て、2006年、エディー・バウアー・ジャパン代表取締役社長に就任。その後、人事分野の業務に戻ることを決意し、2009年より日本IBM人事部門理事、2010年より日本ヒューレット・パッカード取締役執行役員人事統括本部長、2016年よりミスミグループ本社統括執行役員人材開発センター長。会社の急成長の裏で遅れていた組織作り、特に社員の健康管理・勤怠管理体制を構築。2018年度には国内800人、グローバル3000人規模の採用を実現した。2019年、ライブハウスを経営する株式会社Doppoの会長に就任。2020年4月から現職。1981年、北海道大学法学部卒。1993年、ミシガン大学経営大学院(MBA)卒。

企画・編集:『日本の人事部』編集部

オピニオンリーダーからの提言

オピニオンリーダーからの提言

? このジャンルの新コンテンツ掲載時に通知します このジャンルの新コンテンツ掲載時に通知します
フォロー

無料会員登録

フォローすると、対象ジャンルの新着記事が掲載された際に通知します。
利用には『日本の人事部』への会員登録が必要です。

メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

HR領域のオピニオンリーダーによる金言・名言。人事部に立ちはだかる悩みや課題を克服し、前進していくためのヒントを投げかけます。

この記事を既読にする

無料会員登録

「既読機能」のご利用には『日本の人事部』会員への登録が必要です。
メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

  • 参考になった0
  • 共感できる1
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
オススメ1
最新順 人気順 古い順

*****さんが共感できるでオススメしました

群馬県 半導体・電子・電気部品 2023/01/24

 

1件中1~1件を表示
  • 1

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「有賀 誠のHRシャウト! 人事部長は“Rock & Roll”」のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
メンバーシップ型雇用
成果主義
ジョブ型雇用