企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事マネジメント「解体新書」

「働きやすいオフィス」の条件
~生産性とコミュニケーションを向上させるオフィスとは?【前編】 (1/3ページ)

2014/10/20
仕事の生産性・効率性を向上させていく上で、「働きやすいオフィス」であることは大変重要である。一方で経営の観点からすれば、業務がいかにスムーズに遂行されるかが重要となる。つまり、この両方がバランスよく機能展開されていることが、理想的なオフィスと言えるのではないだろうか。それでは、いま求められるオフィスのあり方とはどのようなものか、そこではどのような設計思想や機能が求められているのか――。「働きやすいオフィス」の条件について考えてみたい。
今求められる「オフィス戦略」とは?
◆「オフィス環境」が働くモチベーションを大きく左右する。転職のきっかけにも……。

近年、働く人の多くがホワイトカラー化している状況にあって、知的創造空間としての「働きやすいオフィス」に関するさまざまな取り組みが行われている。IT環境の進展、人と人とのコミュニケーションのあり方の変化とともに、かつては「経費」と見なされていたオフィスが、働く人のモチベーションに大きく影響することが分かり、経営に欠かせない「投資対象」となっているのだ。

ここで、コクヨファニチャーが20代の男女若手社員500人に対して実施した「オフィスのモチベーションアップに関する調査」(2010年)を見ていくことにする。「あなたは、オフィス環境によって仕事に対するモチベーションが上がったことはありますか」という質問に対する回答は、「ある」31.8%、「ややある」37.2%で、モチベーションの上がった人が合わせて69.0%と約7割を占めている。一方、「あなたは、オフィス環境によって仕事に対するモチベーションが下がったことはありますか」という質問に対する回答は、「ある」40.6%、「ややある」42.0%と、合わせて82.6%にも達している。いずれにしても、オフィス環境によってモチベーションが大きく左右されることがわかるが、特にマイナス要因の方が大きい点が目を引く。オフィス環境は、働く人のモチベーション管理において重要なテーマと言えるだろう。

事実、続く「オフィス家具や備品は、仕事に対するモチベーションを上げるのに重要だと思いますか」という質問に対して、「大変重要だと思う」34.2%、「やや重要だと思う」55.8%と合わせて90.0%の人がモチベーションアップに重要なことだと回答している。加えて、「オフィス家具や備品によって、業務効率が変わると思いますか」という質問への回答は、「大変思う」38.8%、「やや思う」53.0%と合わせて91.8%に達している。実に9割以上の人がモチベーションだけではなく、業務効率に対しても大きな影響があると回答しているのだ。

さらに注目すべきは、「あなたは会社のオフィス家具や備品に対する不満から、転職を考えたことがありますか」についての回答だ。「ある」3.2%、「少しだけある」15.4%と、合わせて18.6%と2割近くの人がオフィス環境に対する不満から転職を匂わす回答をしているのだ。これらの調査結果からも分かるように、オフィス環境を改善し、生産性・効率性を上げていくことは、単に労務管理のみならず、人事マネジメント上においても見逃せない大きな課題となっている。

■図表1:あなたは、オフィス環境によって仕事に対するモチベーションが上がったことはありますか(%)
ある 31.8
ややある 37.2
ない 31.0
■図表2:あなたは、オフィス環境によって仕事に対するモチベーションが下がったことはありますか(%)
ある 40.6
ややある 42.0
ない 17.4
■図表3:オフィス家具や備品は、仕事に対するモチベーションを上げるのに重要だと思いますか(%)
大変重要だと思う 34.2
やや重要だと思う 55.8
あまり重要だと思わない 8.2
全く重要だと思わない 1.8
■図表4:オフィス家具や備品によって、業務効率が変わると思いますか(%)
大変思う 38.8
やや思う 53.0
あまり思わない 6.6
全く思わない 1.6
■図表5:あなたは会社のオフィス家具や備品に対する不満から、転職を考えたことがありますか(%)
ある 3.2
少しだけある 15.4
ない 81.4
出所:「オフィスのモチベーションアップに関する関するアンケート」(コクヨファーニチャー:2010年)


この記事は会員限定です。会員登録(無料)をすると続きを読むことができます。
登録10秒!メールアドレスだけで簡単にご登録ができます
会員の方はこちら
次のページ
オフィスづくりにおける「課題」と「条件」
  • 1
  • 2
  • 3
  • 次のページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

  • 1

1件中 11件を表示

1. *****さん 商社(専門) 大阪府
環境重視・自由デスクへの動きも増すものと考えています。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人事マネジメント解体新書のバックナンバー

もう外部に頼るだけじゃない!「研修内製化」の秘訣とは(後編)
自社課題の解決と専門教育の体系化に取り組む2社の事例
「研修内製化」はコスト削減だけではなく、自社のニーズに合った教育ができるなど、さまざまなメリットが期待できる(前編参照)。「後編」では、自社課題の解決や専門教育...
2018/04/20掲載
もう外部に頼るだけじゃない!「研修内製化」の秘訣とは(前編)
近年、社外の教育ベンダーやコンサルタントに委託していた研修を、自社で内製化しようとする企業が増えている。自社内で研修のプログラムを企画し、社員が講師を務める、「...
2018/04/13掲載
人事マネジメント「解体新書」第110回
部下のやる気を引き出し、自律を促す「メンター制度」(後編)
新入社員を職場全体で育てていく、キーパーソンとしての「メンター」の役割とは?
近年の新卒採用は売り手市場が一段と進み、採用のミスマッチが顕在化したため、入社後のフォローの重要性が今まで以上に増している。しかし、配属先の現場では早期戦力化が...
2017/12/28掲載

関連する記事

従業員エンゲージメントを高めるヒントとソリューションサービス
企業価値の向上や良好な組織風土の形成を実現するキーワードとして、注目を集めている従業員エンゲージメントについて、「従業員エンゲージメントとは何か」をおさらいしな...
2019/04/26掲載人事支援サービスの傾向と選び方
定着率が高くても、注意が必要なワケ
採用難の状況にあって、従業員の定着は大変重要な課題です。 平成29年版パートタイマー白書によると、9割以上の企業が、パート・アルバイトに 長期継続して勤務してほ...
2019/04/17掲載新卒・パート/アルバイト調査
上司とのいい関係が部下のやる気アップに!
アルバイト・パートの定着率向上に欠かせない「部下と上司の間の信頼関係」。 部下やスタッフのモチベーションを引き出すにはどうしたらいいか、 信頼感とコミュニケーシ...
2019/01/21掲載新卒・パート/アルバイト調査
定着と労働条件の微妙な関係
パート・アルバイトとして働く1,600人への最新の調査によると、約4割が転職意向を持っているということがわかりました。空前の採用難時代。従業員の勤続意向を高め定...
2018/11/12掲載新卒・パート/アルバイト調査
山本 寛さん:
優秀な若手をひきつける「リテンション・マネジメント」
人が辞めない組織をつくりあげる極意とは
少子化に伴う労働人口の減少が進行する中、優秀な人材に長く組織で活躍してもらうための施策である「リテンション・マネジメント」が注目を集めています。特に企業の将来を...
2018/07/18掲載キーパーソンが語る“人と組織”
管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ


管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

今求められるコミュニケーション能力・マネジメント能力とは


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。