企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

キーパーソンが語る“人と組織”

人事の常識や社内の慣行にとらわれない!
人と事業をつなぐミッションに挑み続ける
“ソフトバンク流”人事改革

ソフトバンク株式会社 人事本部 副本部長 兼 採用・人材開発統括部 統括部長 兼 未来人材推進室 室長

源田泰之氏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
源田泰之氏(ソフトバンク株式会社 人事本部 副本部長 兼 採用・人材開発統括部 統括部長 兼 未来人材推進室 室長)

日本の人事部「HRアワード2019」企業人事部門 個人の部 最優秀賞に輝いた、ソフトバンク株式会社 人事本部 副本部長の源田泰之さん。ソフトバンクの採用・人材開発の責任者として、ソフトバンクグループの後継者育成機関「ソフトバンクアカデミア」や新規事業提案制度「ソフトバンクイノベンチャー」、HRテクノロジーを活用した採用など、さまざまな施策を打ち出して、成果をあげています。「HRカンファレンス」や『日本の人事部』にもたびたび登場するなど、人事のオピニオンリーダーとして知られる源田さんに、これまでのキャリアの軌跡やソフトバンク人事部門の展望、日本の人事が抱える課題についてお話をうかがいました。

「HRアワード2019」の受賞結果はこちら

プロフィール
源田泰之氏
ソフトバンク株式会社 人事本部 副本部長 兼 採用・人材開発統括部 統括部長 兼 未来人材推進室 室長

(げんだ・やすゆき)1998年入社。営業を経験後、2008年より現職。ソフトバンクグループ社員向けの研修機関であるソフトバンクユニバーシティおよび後継者育成機関のソフトバンクアカデミア、新規事業提案制度(ソフトバンクイノベンチャー)の責任者。SBイノベンチャー・取締役を務める。孫正義が私財を投じ設立した、公益財団法人 孫正義育英財団の事務局長。孫正義育英財団では、高い志と異能を持つ若者が才能を開花できる環境を提供、未来を創る人材を支援。教育機関でのキャリア講義や人材育成の講演実績など多数。日本の人事部「HRアワード2019」企業人事部門 個人の部 最優秀賞 受賞。

人事の仕事は事業戦略と密接につながっている

「HRアワード2019」企業人事部門 個人の部 最優秀賞 受賞、おめでとうございます。受賞されたご感想をお聞かせください。

受賞の一報をいただいたときには、心底驚きました。今回は個人の部で受賞しましたが、私一人ではなく、ソフトバンクの人事チーム全員でいただいた賞だと認識しています。受賞にあたって評価いただいたのは、ソフトバンググループの後継者育成機関「ソフトバンクアカデミア」の立ち上げや、新規事業提案制度「ソフトバンクイノベンチャー」の企画推進、HRテクノロジーを活用した採用など、ソフトバンクの人事として取り組んだ事例がメインです。私が行ったのは、人事部門がアグレッシブに取り組んできたさまざまなケーススタディを社内にとどめることなく、社外に発信したこと。ソフトバンクの人事チーム全員で取り組んだからこその結果だと思っています。

あらためて、源田さんのこれまでのキャリアについてお聞かせいただけますか。

私はもともと人事畑ではなく、営業畑にいた人間なんです。1998年、営業としてソフトバンクに入社しました。10年ほど経ったある日、「営業の人材育成を担う部門に異動してみないか」と打診されたのですが、まさに青天の霹靂(へきれき)でしたね。正直、営業が好きで結果も出しているのになぜ異動しなければならないのかと思い、「営業を続けたい」と主張したのですが、「このまま営業に残ったら、今の10倍の業績をあげられるか」と問われました。「営業として今の10倍稼ぐことは無理でも、自分より優秀な営業を10人以上育てたら、そのほうが会社への貢献になるのではないか」と言われ、人事の仕事にチャレンジすることを決意しました。

人事部門へ実際に異動してみて、いかがでしたか。

源田泰之氏(ソフトバンク株式会社 人事本部 副本部長 兼 採用・人材開発統括部 統括部長 兼 未来人材推進室 室長)

人事には、営業とはまた別の面白さがあると感じました。営業の仕事は、自分自身がどの程度会社に貢献できているかが明確です。どれだけのコストがかかって、どれだけの利益を生んでいるのかが数字でわかるわけですから。一方、人事の仕事は成果を定量化しにくい。ただ、定量的にあらわせないもののなかにこそ仕事の醍醐味(だいごみ)がありますし、成果や貢献度をいかにして測るのかという面白さもあります。研修や面談をきっかけに、仕事の楽しさに気づく人がどんどん増えていったり、キャリアの考え方が大きく変わって飛躍していく人が出てきたり、プロジェクトのキーポジションに適切な人材をアサインしたことで事業も人も大きく成長したり。採用や教育、異動、制度づくりなどを担う人事は、社員の人生に与える影響が大きいですよね。営業のときよりも、もっと‟個人”に向き合う機会が増え、一人ひとりのキャリア開発や自己実現を応援していく楽しさを知りました。

また、「人事の仕事は事業戦略と密接につながっている」と気づいたことも大きかったと思います。ソフトバンクの人事のトップである青野は、「人事の仕事とは、人と事業をつなぐこと」だと常々言っていますが、経営理念や事業戦略を実現させるために、人と組織をどうつなぎ、どう支援できるかが私たちの腕のみせどころです。会社の事業戦略へのインパクトがとても大きなポジションだと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

人事の常識や社内の慣行にとらわれない!
人と事業をつなぐミッションに挑み続ける“ソフトバンク流”人事改革
日本の人事部「HRアワード2019」企業人事部門 個人の部 最優秀賞に輝いた、ソフトバンク株式会社 人事本部 副本部長の源田泰之さん。ソフトバンクの採用・人材開...
2020/01/16掲載
労働力不足を乗り越え、人材の活性化を実現
「ミドル・シニアの躍進」を実現するために人事が行うべきこととは
人手不足が続く中、いかに生産性を維持・向上させていくかが多くの企業にとって課題となっています。そこで注目されるのが「ミドル・シニア」層。経験豊富で社内事情も熟知...
2019/12/09掲載
宇田川元一さん:
組織のわかりあえない対立を読み解く
ナラティヴ・アプローチで人事が果たしうる支援とは
組織にはいろいろな関係が存在しています。上司と部下、経営と現場、営業と企画、製造と開発など、実に多様です。互いの考えが合致し、持ち味を発揮したなら、仕事は円滑に...
2019/10/18掲載

関連する記事

働き方改革から学び方改革へ
キヤノンが実践する人生100年時代に必要な「変身力」の育て方
人生100年時代に、ビジネス環境の目まぐるしい変化。今や一つのスキルだけで一生食べていける時代ではありません。技術の進歩に応じて、従業員も知識や経験を増やし続け...
2020/02/12掲載となりの人事部
武田雅子さん:
失敗を成長のチャンスとする企業風土を醸成して「全員活躍」を実現
いま注目の人事リーダーが取り組む、カルビーの人事改革とは
『日本の人事部』のインタビューやイベント「HRカンファレンス」にもたびたび登壇するなど、人事のオピニオンリーダーとして知られる、武田雅子さん。長年にわたって株式...
2019/01/30掲載キーパーソンが語る“人と組織”
ソフトバンクグループ
“300年以上成長し続ける企業”を目指すソフトバンクグループの
人材育成戦略(後編)
300年以上成長し続ける企業を目指すという、ソフトバンクグループ。研修を内製化することも、そうしたビジョンと一貫した人材育成戦略があったからこそ。『後編』では、...
2014/10/31掲載となりの人事部
ソフトバンクグループ
“300年以上成長し続ける企業”を目指すソフトバンクグループの
人材育成戦略(前編)
300年以上成長し続ける企業を目指すという、ソフトバンクグループ。研修を内製化することも、そうしたビジョンと一貫した人材育成戦略があったからこそ。『前編』では、...
2014/10/27掲載となりの人事部
【用語解説 人事キーワード】
LMS
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...