無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

いよいよ10月から施行!企業担当者が押さえておくべき
「年金一元化」の改正ポイント

社会保険労務士

高木 隆司

今まで共済年金と厚生年金に分かれていた公務員と会社員の年金は、平成27年10月1日、厚生年金に一元化(統合)されます。一元化による改正の影響は、制度が変わる公務員だけでなく、会社員にも及びます。今回は、会社の人事労務担当者にかかわりがあると思われる、いくつかの改正点をピックアップしました。いずれも執筆時点の情報によるものですが、直前に迫った一元化の影響を理解するとともに、業務に役立てていただければ幸いです。

1. 採用月に退職した従業員の保険料

(1)一元化前=保険料を納める

従業員が、採用した月の月末の前日までに退職してしまった場合、今までは厚生年金と健康保険の保険料を1カ月分納めていましたが、一元化後は厚生年金の保険料は還付されます。

【図1】採用月に退職(同月得喪)した従業員の保険料
【図1】採用月に退職(同月得喪)した従業員の保険料

例えば、4月1日付で従業員を採用すると、会社は、4月分からその従業員の健康保険と厚生年金の保険料を納めます。翌月の5月末日に口座振替などで納める4月分の保険料には、この従業員の分が含まれています。従業員負担の4月分の保険料は、5月に支払う報酬から天引きできます。

保険料は、加入者の資格を取得した月から、喪失した月(退職日の翌日=資格喪失日が含まれる月)の前月までの加入期間について納めますが、この従業員が例えば4月20日に辞めてしまった場合、4月分を納めることになっています。

加入者の資格を取得した月に喪失した同月得喪の月は加入期間とされるので、保険料を納めるのです。この保険料は、この者の厚生年金の年金額に反映されます。

この者が退職後、国民年金の1号加入者となった場合、4月分の国民年金保険料を納付しなければなりません。4月は厚生年金と国民年金の保険料を二重に負担しますが、それぞれの保険料はそれぞれの給付に反映されます。

なお、この者が4月中に再就職して、再び厚生年金の加入者となった場合、4月は再就職した会社での加入期間とされます。その前に同月得喪した会社が納めた保険料は、この者の年金給付には反映されず、会社が請求すれば還付されます。

(2)一元化後=保険料は還付される

一元化後、厚生年金の加入者資格を同月得喪し、その後、国民年金の1号加入者または3号加入者となった場合、その月は厚生年金の加入期間とされません。資格の取得や喪失は、一元化前と同じように届け出ますが、納めた保険料は還付されます。

これは、一元化前の共済年金の仕組みに合わせるもので、保険料の二重負担を防ぐためと言われています。還付される者がいる場合は、年金事務所から会社へ通知される予定なので、それに基づいて還付手続を行います。

国民年金の1号または3号加入者とされるのは、任意加入者を除けば、20歳以上60歳未満の者です。この例の4月が20歳前あるいは60歳以後の場合は、一元化前と変わらず厚生年金加入期間とされ、保険料は還付されません。

また、この者が死亡によって加入者資格を喪失した場合は、その後、年金制度の加入者にならないので、一元化後も4月は加入期間とされ保険料は還付されません。

この者が4月中に再就職した場合の仕組みは一元化前と変わりませんが、保険料の還付については、該当者がいることが通知される予定です。

このように、一元化後は同月得喪の月の厚生年金保険料は、原則として還付されます。会社が、従業員負担分の保険料を天引きなどで受け取っていたときは、退職した従業員に返還する必要があります。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

HR調査・研究 厳選記事のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
賞与(ボーナス)
標準報酬月額
ジェロントロジー
メリット制
打切補償
ESOP
2013年問題