企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ジェロントロジー ジェロントロジー

「ジェロントロジー」(gerontology)とは、ギリシャ語で「老人」を意味するgerontと「学問」を表す接尾辞‐ologyを組み合わせた造語で、日本語では「老年学」あるいは「老人学」「加齢学」と訳されます。高齢者や高齢化について、多様な見地から探求するために提唱された新しい学問領域のことで、既存の「老年医学」が高齢者の健康面に特化するのに対し、ジェロントロジーは健康だけでなく、高齢者の福祉や社会参加、メンタルケア、年金問題などを広く守備範囲とするのが特徴です。医学や社会学、生理学、心理学、経済学、法学、工学、建築学といった多くの異なる学術分野を横断し、高齢者や高齢化にともなう諸課題の総合的な解決を目指します。
(2015/7/31掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェロントロジーのケーススタディ

高齢化問題を学際的に探究する「老年学」
シニア人材マネジメントの新しい指針に

「ジェロントロジー」という言葉は、1903年にロシアの免疫学者でノーベル生理学・医学賞を受けたイリヤ・メチニコフによって初めて提唱されました。まだ100年程度の歴史しかない新しい学問ですが、その内容は多岐にわたります。

当初は医療・介護の分野を中心に、人間の老化現象、すなわち加齢変化(エイジング)を身体的・心理的・社会的な側面から解き明かすための研究が行われていました。しかし時代の要請を受けて、より幅広い俯瞰的な見地から、高齢化とそれに起因する問題全般の解決を志向する機運が次第に高まり、現在のような多くの学術分野を横断、再統合する学問領域に進化していったのです。

ジェロントロジーには、中高年の集団に内在する問題――たとえば生きがいや社会参加などに関する科学的研究や、科学だけではその解決の手立てを確立できない分野の学問、すなわち哲学や文学、歴史学、宗教学なども含まれます。さらにはビジネスの視点から、企業がシニア層の人材をどう戦力化するか、シニア層の顧客をどう獲得するか、といったテーマについて考察する「産業老年学」も、ジェロントロジーの新しい領域の一つとして注目されています。

現在、この領域の研究は欧米が先行しており、アメリカでは40以上の大学にジェロントロジー専門の博士課程が設けられています。これに対し、日本では桜美林大学大学院に老年学専攻があるだけ。その他には、東京大学が2009年に設置した高齢社会総合研究機構で本格的な研究を行っている程度です。

しかし世界最速ペースで高齢化が進行する日本社会において、ジェロントロジーを学ぶ必要性は今後、否応なしに高まってくるでしょう。職場にあっては、雇用延長や定年後の再雇用、再就職などにより、60歳代以上の人材の増加が予想されます。30、40代のマネジャーにとって、自分の親くらいに齢の離れた“年上部下”を管理するのは悩ましいところですが、彼らが活躍できる環境を作れなければ、企業の大きな成長阻害要因になりかねません。ベテランの知識や経験を活用しながら、貴重な戦力とするには何が必要か。『60歳新入社員の伸ばし方、活かし方』の著者で、産業ジェロントロジー研究会代表を務める崎山みゆき氏は「60代の心身の変化、つまり『老化』をきちんと理解した上で、コミュニケーションを取ることが重要だ」と指摘しています。ジェロントロジーの知識がマネジメントの必須科目になる日もそう遠くないかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
見える化
「見える化」とは、企業活動の現状、進捗状況、実績などをつねに見えるようにしておくこと。問題が発生してもすぐに解決できる環境を実現すると同時に、ビジネスの現場をそもそも問題が発生しにくい環境に変えるための、組織内の体質改善や業務改革の取り組み全般を指します。
人活支援サービス
「人活支援サービス」とは、豊かなスキルと経験を有するミドル人材を成熟産業から成長産業へ円滑に移動させる“橋渡し役”となる人材サービスのことです。経済産業省は人活支援サービスを提供する新たな産業の振興を目指して、今年度から「多様な『人活』支援サービス創出事業」をスタート。同省から委託を受けた人材サー...

関連する記事

「博士」の採用に二の足を踏む企業
中途採用に重要な要素の一つにタイミングがあります。優秀な人材がいたとしても、社内に空きがないと採用できません。逆に採用したくなった時には良い人材の応募がないということはよくあるもの。もう一つは決断力です。平均的にレベルの高い人材を採用するか、多少バランスは悪く...
2013/02/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
キャリアアドバイザーの腕の見せ所 求職者のキャリアの幅を広げる「提案型紹介」
未経験でもキャリアを活かせる!?理系人材への「提案型紹介」
2010/11/29掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
「人口減少」と「団塊の世代の大量定年」は、企業の人事戦略にどのような影響を与えるか?
国立社会保障・人口問題研究所の2002年1月の推計では、日本の総人口は「2006年をピークに減少していく」と見込まれています。しかし昨年8月に発表された厚生労働省の「人口動態推計」(2005年上半期)では、統計開始以来、初めて減少を示し、もうすでに日本の人口が...
2006/03/13掲載人事・労務実態調査

関連するキーワード

新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ボブ・パイク 参加者主体の研修テクニック 働くパパママ育休取得応援奨励金

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想<br />
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

社員一人ひとりの健康づくりを支援することによって、医療費の適正化と生産...