企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

労働関係・社会保険の改正項目を一元整理

社会保険労務士

安部敏志

3.65歳以上を対象にした在職定時改定の導入

そして、在職老齢年金制度の施行日と同じ令和4年4月1日から、65歳以上を対象に在職中から年金額改定を毎年行い、早期に年金額を増額させる「在職定時改定制度」が導入されます。

現在の退職改定制度では、老齢厚生年金の受給権を取得した後に就労した場合、資格喪失時(退職時・70歳到達時)に、受給権取得後の被保険者であった期間を加えて老齢厚生年金の額が改定されますが、この場合、就労したことによる年金額の改定の効果が資格喪失時にしか見えない、という問題点があります。

在職定時改定制度では、在職中から年金額の改定が毎年行われるため、働いている間に年金額の増加を実感でき、高年齢者の働くモチベーションの向上が期待されます。

4.高年齢雇用継続給付の改正

さらに、令和7年4月1日から、企業の高年齢者雇用の賃金額の決定に影響を及ぼす「高年齢雇用継続給付」の改正が施行されます。

高年齢雇用継続給付には、以下の高年齢雇用継続基本給付金と高年齢再就職給付金の2種類があり、現在の支給額は、各支給対象月に支払われた賃金の額に、100分の15を上限として賃金の低下率に応じて変わる支給率を乗じた額ですが、令和7年4月1日からは支給率の上限が100分の10になります。

●高年齢雇用継続基本給付金
基本手当(再就職手当など基本手当を支給したとみなされる給付を含む)を受給しておらず、原則として60歳時点の賃金と比較して、60歳以後の賃金(みなし賃金を含む)が60歳時点の75%未満となっている人を対象とする給付金

●高年齢再就職給付金
基本手当を受給した後、60歳以後に再就職して、再就職後の各月に支払われる賃金が基本手当の基準となった賃金日額を30倍した額の75%未満となった人を対象とする給付金

5.企業実務上のポイント

「高年齢労働者、特に定年後の再雇用労働者のモチベーションが低くて困る」という相談は多いのですが、定年前より賃金が低く、評価されず昇給も見込めないという状態でそれを求めるのは酷です。

60歳定年の企業の場合、高年齢者雇用確保措置であれば5年間モチベーションが低い状態のままということであり、企業にとっては大きな損失ですが、これが70歳まで10年間続き、さらに労働力人口の変化により社内の高年齢労働者の割合が高くなってくることを考えると、企業は真剣に高年齢労働者の活用を考える必要があります。

そのため、令和3年4月1日施行の70歳までの高年齢者就業確保措置を見据え、企業は、正社員と同様に、等級制度や人事評価制度の導入・運用を早急に開始すべきでしょう。

また、令和4年4月1日施行の在職老齢年金制度の支給停止基準額の改正により、企業は賃金額の設定の際に年金の支給停止に配慮する必要がほぼなくなるため、人事評価の結果に基づき昇給させるなど、高年齢労働者の処遇のあり方を改めて検討すべきです。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務関連コラムのバックナンバー

この事例ではどう判断される?
テレワーク時の労働災害
テレワーク時にどのような労災が生じやすく、また、どのような対策が有効であるか解説します。なお、テレワークの形態では在宅勤務が圧倒的に多いようですので、本稿では在...
2020/09/16掲載
ハローワーク新システム開始!
人を集める求人票の書き方
今、人手不足はあらゆる業種で大きな問題となっています。特に中小企業では、大企業のように求人募集に割ける費用にも限りがあり、人手不足に頭を悩まされている企業も多い...
2020/05/22掲載
今春から改正健康増進法が全面施行!
企業がどこまでできる!?仕事中・私生活上の喫煙制限
令和2年4月1日に改正健康増進法および東京都受動喫煙防止条例が全面施行されます。これに向けて企業および官公庁の喫煙対策が加速しています。「喫煙した職員にその後4...
2020/03/06掲載

関連する記事

職場のモヤモヤ解決図鑑【第5回】
副業を認めたいのに就業規則に記載がない! 何から始めればいい?
自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決...
2020/09/10掲載編集部注目レポート
副業・兼業を「認めていない」企業が6割近く
従業員の「副業」「兼業」を認めているかどうかを聞いたところ、最も多かったのは「認めていない」で6割近くを占めました。肯定・黙認の割合は37.0%ですが、この約半...
2020/09/01掲載人事白書 調査レポート
「働き方改革」推進に向けての実務(5)副業
副業経験が、人材の成長につながる?少しずつ解禁に向けて動き出した「副業」への対応の現状と課題。
2017/03/31掲載よくわかる講座
106万円の壁~社会保険料の負担OK企業が増加~
2016年10月、社会保険の適用範囲が拡大されました。社会保険の対象となる労働者が増えれば、その分企業側の負担も増えます。そのため、適用基準以下になるように、労...
2017/01/13掲載新卒・パート/アルバイト調査
アルバイト・パート採用の「法的留意点」
法律上の労使関係でいえば、アルバイト・パートと正社員は全く変わらない。トラブルを事前に防ぐ適正・かつきめ細やかな人事労務管理のポイントとは?
2016/07/29掲載よくわかる講座

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

事務職派遣を検討中の担当者様へ 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「2010.4 改正労働基準法」施行を前に、<br />
人事担当者が考えておくべき「人事管理システム」とは?

「2010.4 改正労働基準法」施行を前に、
人事担当者が考えておくべき「人事管理システム」とは?

来る2010年(平成22年)4月1日、いよいよ「労働基準法の一部を改正...