無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

有賀 誠のHRシャウト!人事部長は“Rock & Roll”
【第16回】メンター&ロールモデル(その4)

株式会社日本M&Aセンター 常務執行役員 人材ファースト統括

有賀 誠さん

有賀 誠のHRシャウト! 人事部長は“Rock & Roll

人事部長の悩みは尽きません。経営陣からの無理難題、多様化する労務トラブル、バラバラに進んでしまったグループの人事制度……。障壁(Rock)にぶち当たり、揺さぶられる(Roll)日々を生きているのです。しかし、人事部長が悩んでいるようでは、人事部さらには会社全体が元気をなくしてしまいます。常に明るく元気に突き進んでいくにはどうすればいいのか? さまざまな企業で人事の要職を務めてきた有賀誠氏が、日本の人事部長に立ちはだかる悩みを克服し、前進していくためのヒントを投げかけます。

みんなで前を向いて進もう! 人事部長の毎日はRock & Roll だぜ!――有賀 誠

皆さん、「あのときの上司の一言が自分のキャリアを決定づけた!」というような経験をおもちではないでしょうか。今回は、私にとってのそのような瞬間を共有したいと思います。

forではなくwith

私は38歳で初めての転職を経験しました。日本の鉄鋼メーカーから、60万人の社員を擁する当時世界最大の企業であったゼネラル・モーターズ(GM)へ。初めての人事の仕事でもあります。ビジネス・スクールの同窓である中島豊氏(現在、日本板硝子CHRO)に声をかけてもらってのことでした。そのときの上司がアメリカ人のSallyさん。以下は、オファー・レターにサインをする場での彼女の一言です。

「本来であれば、年恰好が似ており、出身校まで同じであるYutakaとあなたの二人を採用することはなかったでしょう。限られたマネジメント・ポジション(日本法人の人事部長)への内部競争が、組織にとって健全なものにならないというリスクがあるからです。ただ、バックグラウンドをよく見てみると、Yutakaは純粋な人事のキャリア、あなたは生産や営業や経営企画を経験してきている。その違いから、それぞれがこの会社で活躍できるという確信をもつことができたので、オファーを出すことにしました」

スタッフを採用する時点で、目先のポジションを埋めることだけではなく、一人ひとりの成長や中長期的な組織の成功を考えている点に感動をおぼえました。優れた経営(特に人事の)リーダーとは、このような姿勢と視座をもっているのだと学んだ瞬間です。

その1年後、Sallyさんの後任としてDebbieさんが着任することになりました。職場に挨拶に来られたとき、お母さまを帯同されていました。私は自己紹介の中で、“I will be working for Debbie(私はDebbieの下で働きます)”と申し上げました。極めて標準的な表現です。ところが、お母さまは、次のようにおっしゃったのです。

“No, you will be working with Debbie(いえ違います。あなたはDebbieと一緒に働くのですよ)”

このようなお母さまに育てられたからこそ、素晴らしい人事のリーダーになるのだなと納得してしまいました。

GMから分社独立をしたデルファイという自動車部品メーカーにて、グローバルCHROのKevinさんが来日をされたときのこと。幹部社員に対しては厳しい姿勢と応対であったものの、若手と語るワークショップでは身を乗り出すようにして笑顔でうなずきながらコミュニケーションをはかっていました。

当時の私は人事マネージャーで、幹部と若手の中間くらいであったかと思います。グローバル組織のエクゼクティブというものは、自身の言動が周囲にどのような影響を及ぼすのか、常に考えながら、よい意味で「演技」をするのだなと教えられました。そのKevinさんがアジア歴訪を終えて米国へ帰る際、オフィスから送り出すエレベーターの前で、手書きのカードを渡してくださいました。

「私の訪日のホストをしてくれて、どうもありがとう。すべてが完璧で、多くの気づきや学びを得ることができた。マネジメントや社員からのフィードバックにより、君と君のチームがとても良い仕事をしてくれていることもわかった。今後の活躍に大いに期待をしている。Keep in Touch!」

大変に忙しいCHROが出張の合間をぬって手書きのメッセージをしたためてくれたことから、私は大きなモティベーションをもらいました。もちろん、それもパフォーマンスの一部(「計算」や「演出」)であったかもしれません。だとしても、私にとっては昇格や昇給よりも嬉しかったのです。

forではなくwith

お前はこの程度……

そのとき、私は社長室で猛烈に怒っていました。

40歳の頃、私はデルファイで経営企画と人事を兼務するマネージャーでした。あるとき、アジア・パシフィック部門の社長であったJimさんから「競合のX社が日本でどのような戦略展開をしているか、調べてくれ」という指示があり、私は一晩で調査・分析を行い、翌朝パワポ資料を持ってJimさんのところへ行きました。私の説明を聞き終えた彼は、面白くなさそうな表情で、「お前の力量では、この程度の分析が精一杯だろうな」と言ったのです。

なので、私は不満に思い、がっかりもしつつ、怒っていたわけです。

社長室を退出しようとドアを開けた私は、後ろから肩を叩かれました。握手を求めて手を差し出してきたJimさんが満面の笑みで言ったことが、"Congratulations! Great Job!"

その場で、新たにY社の分析も依頼されました。私がまた一晩でそれを仕上げたことは言うまでもありません。

そのしばらく後、私はDebbieさんの後任としてアジア・パシフィックの人事本部長に(上司はKevinさん)、そして兼務で日本法人の代表に(上司はJimさん)就任しました。今こうして思い出してみると、連続するストレッチ・アサインメントの中、多くの上司・上長の方々から愛とともに育てていただいたのだと痛感します。

GM/デルファイは、大組織であるがゆえの問題もたくさん抱えていましたが、名門グローバル企業としての懐や器も確かに保有していました。自分の価値観の多くの部分が、あの数年間に培われたのだと思います。

有賀誠の“Rock & Roll”な一言
パフォーマンスもリーダーとしての能力。
周りをノリノリにさせてこそのRock’n’Rollだぜ!


有賀 誠さん(株式会社日本M&Aセンター 常務執行役員)
有賀 誠
株式会社日本M&Aセンター 常務執行役員 人材ファースト統括

(ありが・まこと)1981年、日本鋼管(現JFE)入社。製鉄所生産管理、米国事業、本社経営企画管理などに携わる。1997年、日本ゼネラル・モーターズに人事部マネージャーとして入社。部品部門であったデルファイの日本法人を立ち上げ、その後、日本デルファイ取締役副社長兼デルファイ/アジア・パシフィック人事本部長。2003年、ダイムラークライスラー傘下の三菱自動車にて常務執行役員人事本部長。グローバル人事制度の構築および次世代リーダー育成プログラムを手がける。2005年、ユニクロ執行役員(生産およびデザイン担当)を経て、2006年、エディー・バウアー・ジャパン代表取締役社長に就任。その後、人事分野の業務に戻ることを決意し、2009年より日本IBM人事部門理事、2010年より日本ヒューレット・パッカード取締役執行役員人事統括本部長、2016年よりミスミグループ本社統括執行役員人材開発センター長。会社の急成長の裏で遅れていた組織作り、特に社員の健康管理・勤怠管理体制を構築。2018年度には国内800人、グローバル3000人規模の採用を実現した。2019年、ライブハウスを経営する株式会社Doppoの会長に就任。2020年4月から現職。1981年、北海道大学法学部卒。1993年、ミシガン大学経営大学院(MBA)卒。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「有賀 誠のHRシャウト! 人事部長は“Rock & Roll”」のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
アクセラレータープログラム
スポンサーシップ制度
オールド・ボーイズ・ネットワーク
リバースメンタリング
キャリア・プラトー
組織社会化