企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

田中潤の「酒場学習論」
【第9回】釜石「岬」と、会社は誰のもの?

株式会社Jストリーム 管理本部 人事部長

田中 潤さん

Jストリーム 人事部長  田中潤の「酒場学習論」

古今東西、人は酒場で育てられてきました。上司に悩み事を相談した場末の酒場、仕事を振り返りつつ一人で呑んだあのカウンター。あなたにもそんな記憶がありませんか。「酒場学習論」は、そんな酒場と人事に関する学びをつなぎます。

ラグビーワールドカップの会場にもなった、釜石市の「鵜住居復興スタジアム」近くの海辺に一軒の旅館があります。名前は「宝来館」。ここの女将から、津波に襲われた際のお話を都内のセミナーでうかがう機会がありました。「宝来館」に行き、現地でもう一度お話を直接うかがいたい。そう思い、昨年の転職間際の一週間の有給休暇は、東北・三陸への旅に決めました。

「宝来館」に一泊して女将のリアルな話を再度うかがい、数十年ぶりに見た海から昇る朝日のありさまを胸に刻んだ上で、せっかくなので釜石市内にもう一泊します。夕暮れ時から良き酒場を探すための街歩き。そこでたまたま目についた一軒が「岬」でした。

津波にも負けなかった堅牢な建物。夕暮れ時に素敵な風情を魅せています。

津波にも負けなかった堅牢な建物。夕暮れ時に素敵な風情を魅せています。

酒呑みをひきつけずにいられない、魅力ある外観です。その日のはしご酒の二軒目でお邪魔し、浜千鳥の燗酒にいろいろと肴をいただきました。ウニが美味かった。「さて、次に行くか」と勘定をしているところで、常連らしき方が「カレーちょうだい!」と発する声が耳に入ります。

地元の蔵「浜千鳥」が提供する酒場ブランドの燗酒で。

地元の蔵「浜千鳥」が提供する酒場ブランドの燗酒で。

燗酒とカレーをあわせるのが何よりも好きな私。つい「えっ、カレーがあったんですか」と声が出ます。オーダーをした常連さんがこの店のカレーについて語ってくださいました。「ここでカレー食べないようじゃ、もぐりだな」。もぐりも何も、こちらは通りすがりの初顔です。どこにもカレーの表示などありません。お話を聞くにつれて「これは食べたい」と心が激しく揺さぶられます。結局、5軒目にまた「岬」に戻ってきて、念願のカレーでその日を締めることにしました。

実に辛い、そして美味い。カレーと一緒に出てくる白い飲み物は牛乳です。牛乳とあわせると口の中で辛さがややマイルドになります。そして、それを燗酒と合わせます。至福の時です。そして、このカレーにまつわるストーリーが何といっても素敵なんです。先ほど常連さんから聞いた話を、あらためて大将からうかがいます。かなり酔っていたので、細かいところが違っていたらごめんなさい。

カレーは何食分かを一度に一鍋仕込みます。その日にいただいたのはちょうど、とあるロットの真ん中くらいのカレーだったようです。いずれ、そのロットの最後のカレーが供される時がきます。そうすると大将は次のロットのカレーを仕込むことになります。そして、次のロットのカレーをどのくらいの辛さで仕込むか、この味の決定権を持っているのは、前のロットの最後のカレーを食べたお客さまなのだそうです。何とも素敵なお話じゃないですか。お店の皆でカレーの味をリレーしているのです。たいていのお客さまが「もう少し辛くね」というので、どんどん味は辛くなり、今のカレーに至っているとのことです。

これがカレー。生卵、牛乳でマイルドにして、燗酒をあわせて味わう。

これがカレー。生卵、牛乳でマイルドにして、燗酒をあわせて味わう。

こういうお話がうかがえるのは、まさに知らない街の知らない酒場にお邪魔する楽しみです。絶対にいつかリピートしてみたいという印象に残るカレーでした。次にお邪魔できる頃には、どんな味のカレーになっているんだろう。もしもロットの最後のカレーにあたったら、自分はどんなカレーを頼むだろうか。よくよく考えると、この役割はすべての他のお客さまに対して重大な責任をもつ役割だな。そのとき、自分はそのプレッシャーに耐えられるだろうか……などと妄想は続きます。

コロナ渦で、多くの酒場が大変な苦労をされています。そんな酒場を支えているのが、常連を中心としたお客さまです。酒呑みたちには、それぞれ自分の好きな酒場があります。他の酒場とは何が違うから好きなのか、きちんと言語化するのは難しいのですが、おそらく、そここそが自分の酒場だという明確な感覚があるのでしょう。

時に「あの酒場で育てられたなあ」と思うこともあります。「酒場が人を育てる」ということは間違いなくありそうです。そして、その反対で「人が酒場を育てる」、さらには「街が酒場を育てる」ということもあります。そう考えると、酒場は誰のものだろうという気持ちになります。もちろん、登記上のオーナーという存在はいるわけです。でも、単にそういうものを超えた、ある種の公共性がよい酒場には感じられます。

釜石の「岬」のカレー。これは一体全体、誰のものなのでしょうか。お店のものでもある、味を決めた前のロットの最後のカレーを食べたお客さまのものともいえるかもしれない、でもやっぱり店全体の、大将も常連客も自分のような一見客も、つまり店に関わるすべての人のものなんだろうな、だから自分には「いい話」だと聞こえたんだろうなと思います。出逢った常連さんが言っていました。「俺は一回も味を決めさせてもらったことがないんだけどね」。

古くて大切な議論である「会社は誰のものか」。株式会社であれば株主のものというのが正解ではあります。それはわかっていても、この古くて大切な議論がしばしばなされるのは、お店とお客さまのような関係が、企業と従業員の間に成り立つからではないかと思います。

人と人がある空間に集うと、そこは「場」になります。単なるSPACEが、集まる人にとって何か大切な感情を伴うPLACEに変ります。酒場と職場。いずれも、「場」がついている単語です。単なる法人ではなく、職場をも指す「会社」という言葉。多くの人が入社して、いずれ退社していく。ある期間、思いっきりの情熱とあふれる喜怒哀楽にまみれながら過ごす場所。自分を確実に成長させてくれた場所。「あそこは自分の酒場」というのと同じような感覚で、「ここは自分の会社」という気持ちが多くの人にはあるでしょう。

コロナ渦で多くのお客さまに酒場が助けられるのと同じように、会社も多くの従業員の助けなくして存続はありません。そこには、単なる雇用関係を超えたものがあります。こんな気持ちは昭和の時代から社会人をしている年代ならではのノスタルジーでしょうか。コロナ禍で急拡大したテレワークという働き方は、きっと新しいかたちで日本にも定着することかと思います。そんな社会でこそ、職場の「場」の機能はさらに大切になってくるように思います。

釜石の「岬」のカレーの味のバトンリレー。私たちが会社という場でやっていることも、それに近いものがあるように感じられました。人事担当者として構築した人事制度。その制度を多くの社員が活用してくれるわけです。「いい制度を入れてくれてありがとう」「なんかわかりにくい制度だよね」など、いろいろな声が上がります。私たちは、そういうさまざまな声を想定しながら、一生懸命に人事制度の味付けを考えます。「岬」のロットの最後のカレーにあたった人が、美味しいカレーを食べながら、次の味をどう指名しようか真剣に考えるように。私たちの会社という組織でも、仕事はバトンリレーされているのです。

夜の外観も美しい。近所のビジネスホテルから見下ろせる位置で出張客が吸い寄せられるとか。

夜の外観も美しい。近所のビジネスホテルから見下ろせる位置で出張客が吸い寄せられるとか。

■バックナンバー
【第8回】千葉「奈種彩(なたねいろ)」とリファラル採用」
【第7回】 素晴らしい酒場たちと「レジリエンス」
【第6回】銀座「しらたまや」とトランスファラブル・スキル
【第5回】銀座「バー嘉茂」とアイデアの創出・副業
【第4回】八戸の洋酒喫茶「プリンス」とエンゲージメント、リファラル採用
【第3回】「都橋商店街」「折尾」のRのある世界と、人事制度の運用
【第2回】国分寺「燗酒屋がらーじ」と、決める・決めてもらうのが私たちの仕事
【第1回】赤羽「まるます家」と酒場での学び


田中 潤さん(株式会社Jストリーム 管理本部 人事部長)
田中 潤
株式会社Jストリーム 管理本部 人事部長

たなか・じゅん/1985年一橋大学社会学部出身。日清製粉株式会社で人事・営業の業務を経験した後、株式会社ぐるなびで約10年間人事責任者を務める。2019年7月から現職。『日本の人事部』にはサイト開設当初から登場。『日本の人事部』が主催するイベント「HRカンファレンス」や「HRコンソーシアム」への登壇、情報誌『日本の人事部LEADERS』への寄稿などを行っている。経営学習研究所(MALL)理事、慶応義塾大学キャリアラボ登録キャリアアドバイザー、キャリアカウンセリング協会gcdf養成講座トレーナー、キャリアデザイン学会代議員。にっぽんお好み焼き協会監事。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

編集部注目レポートのバックナンバー

テレワークを実践していく上での課題とは何か。また、その解決のために人事が考えるべきこととは【『日本の人事部』テレワーク記事まとめ】
テレワークという働き方が求められる中、従業員同士のコミュニケーションを活性化し、企業としての生産性を高めていくにはどうすればいいのでしょうか。ここでは、『日本の...
2020/08/06掲載
有賀 誠のHRシャウト! 人事部長は“Rock & Roll”
【第7回】人事部とリーダーシップ(その3):リーダーの姿勢
さまざまな課題を抱える、人事部長。常に明るく元気に突き進んでいくにはどうすればいいのか? さまざまな企業で人事の要職を務めてきた有賀誠氏が、課題解決のためのヒン...
2020/08/05掲載
タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第9回】
組織人でありながら、キャリア・オーナーシップを持つために――プロティアンの6タイプを意識しよう
令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事とい...
2020/07/27掲載

関連する記事

酒場学習論【第10回】船橋「増やま」と人事制度設計のオリジナリティ
かつて私は、非常勤で代表をつとめていた千葉にある子会社のオフィスに、1週間から2週間に1日の割合で勤務していました。長時間の残業はありませんが、職場の仲間には一...
2020/07/15掲載編集部注目レポート
日本の人事部「HRアカデミー」開催レポート
現場・事業・経営と向き合い、戦略実現を支える~カゴメのHRBPの事例に学ぶ
HRビジネスパートナー(HRBP)とは、企業の経営層や事業部門の責任者を人と組織の面からサポートし、成果・実績を創出する人事のプロフェッショナルを指す。数々のグ...
2020/06/17掲載イベントレポート
タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第7回】
「新たな人事」にむけて: 新型コロナ対応でテレワーク中の社員に、人事が今こそ届けるべきメッセージとは?
令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事とい...
2020/05/25掲載編集部注目レポート
タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第6回】
新型コロナ禍によるテレワーク、今こそ問われる「人事」のアダプタビリティとは?
令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事とい...
2020/04/22掲載編集部注目レポート
キヤノン株式会社:
働き方改革から学び方改革へ
キヤノンが実践する人生100年時代に必要な「変身力」の育て方
人生100年時代に、ビジネス環境の目まぐるしい変化。今や一つのスキルだけで一生食べていける時代ではありません。技術の進歩に応じて、従業員も知識や経験を増やし続け...
2020/02/12掲載となりの人事部

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

無料ウェビナー8/25コーナーストーン主催

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


採用の進化を担う リクルートのRPO<br />
経営戦略に貢献する採用活動を実現

採用の進化を担う リクルートのRPO
経営戦略に貢献する採用活動を実現

リクルートキャリアでは、2011年から新しい価値――「採用の最適化」を...