企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】フルサトテレワーク ふるさとテレワーク

「ふるさとテレワーク」とは、都市部に拠点を置く企業が、地方に人材や仕事を移して行うテレワークのことで、地方の移転先や委託先で都市部にいるのと変わらない働き方を実現する取り組みをいいます。地方に整備したサテライトオフィスやテレワークセンター、個人宅などで働くことを前提として、都市部の人材を地方へ長期派遣したり、U・Iターンを促したり、地方在住の人材を新たに活用したりすることを目的としています。総務省では、都会から地方へ、人や仕事の新しい流れを創出することで東京一極集中を是正し、地方創生に資するために「ふるさとテレワーク」の推進に取り組んでいます。
(2017/6/22掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふるさとテレワークのケーススタディ

地方でのテレワーク推進で介護離職にも歯止め
都市部から仕事を移し、新たな人の流れを創る

本来、時間や場所の制約を受けないテレワークは、子育て世代や介護との両立を目指す層にメリットの大きい働き方と言われています。しかし、これまで一般に定着しているテレワークの多くは、都市部の通勤圏に居住しながら、週に数日程度、在宅や郊外のサテライトオフィスで働くようなスタイルが主に想定されており、現状では時間や場所の制約から限定的にしか解放されていません。例えば、離れて暮らす故郷の親や家族に介護が必要になった場合、従来のテレワークの枠組みでは介護離職を防ぐための手立てにはなりませんでした。

また、都市部で生活する人々の地方への移住志向は年々高まっているものの、現地での仕事や就職先が限られていることが移住のネックになっていると言われています。こうした課題の解決策として位置付けられているのが「ふるさとテレワーク」。いつもの仕事がどこでもできる、都会での働き方をそのまま地方でも実現できる――テレワーク本来の特性を官民一体となって最大限に活用し、地方創生につながる、都会から地方への新しい人の流れを生み出すことが期待されています。大都市圏では人材確保が難しいベンチャー企業などにとっては、地方で働き手を確保できるメリットも少なくありません。

「ふるさとテレワーク」の普及を推進する総務省では、次の四つの事業モデルを想定しています。
(1)都市部の企業が地方に設置したオフィスに社員を派遣・移住させ、本社機能の一部をテレワークで担う。
(2)子育てや親の介護を理由に地方への移住を希望する社員がテレワークで勤務を継続する。
(3)クラウドソーシングなどを活用して、地方の企業や自営業者が都市部の仕事をテレワークで請け負う。
(4)都市部の企業がテレワークで働くことを前提に、地方で新たな人材を採用する。

総務省は「ふるさとテレワーク」に取り組む企業と地方自治体を支援するために、予算措置を伴う事業を実施しています。2015年には、都市部の企業が地方へ機能を移転することで社員の移住を促進する「ふるさとテレワーク地域実証事業」を全国15ヵ所で行いました。グーグルやミサワホームなどが北海道北見市・斜里町と、マイクロソフトなどが北海道別海町と組んで実証実験に参加。16年度からは企業や地方自治体に対して、サテライトオフィスなどテレワーク環境を整備する費用を一部補助する事業も進めています。同省の試算では、「ふるさとテレワーク」が全国に普及すれば、地方への移住人口は年間3万7000人に膨らみ、地域経済への波及効果は年間600億円余りにのぼる見通しです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

テレワーク
働き方改革が推進されるなか、時間と場所にとらわれない多様な働き方を実現する「テレワーク」の導入を検討する企業が増えています。新たな労働力の確保や優れた人材を獲得しやすいなどの理由から、その活用方法にも注目が集まっています。ここでは、テレワークの概要や利用するメリットと問題点、導入の一助となる助成金に...
サテライトオフィス
多くの企業が働き方改革に取り組んでいる昨今、「働く場所」としてのオフィスの在り方も見直されつつあります。通勤による時間的・心身的な負荷が生産性に影響を与えることが認識されつつあるなか、注目されているのが「サテライトオフィス」です。ここでは、サテライトオフィスの概要とともに、設置するメリット・デメリッ...
LO活
「LO活」とは、「LOCAL」と「就活(就職活動)」とを合わせた造語です。厚生労働省では、大都市圏の学生にとって地方での就職が選択肢のひとつとなるよう、普及していくとともに、地方での就職を希望する学生などを支援するため、地方=ローカルへの就活を「LO活」と名付け、今年度から地方自治体などと連携した地...

関連する記事

【解説】働き方改革で導入が進む?「テレワーク」ガイドラインの変更点と実務対応
2017年度、厚生労働省が開催した「柔軟な働き方に関する検討会」で取り上げられた「テレワークガイドライン」(正式には「情報通信技術を利用した事業場外勤務の適切な導入及び実施のためのガイドライン(案)」)についてご説明します。
2018/07/11掲載人事・労務関連コラム
「働き方改革」推進に向けての実務(4)テレワーク
注目が高まっている「テレワーク」がもたらす様々なメリットについて、具体的な実務と留意点をまとめた。
2017/03/31掲載よくわかる講座
ノバルティス ファーマ株式会社:社員満足度と組織の業績を両立させる「テレワーク制度」とは
2009年4月からテレワーク制度を導入している、ノバルティス ファーマ株式会社。多様な働き方を推進するために、テレワークという働き方が向いている人材に適用するのが同制度の大前提です。
2009/09/28掲載となりの人事部

関連するQ&A

テレワーク時勤務時間の規則について
テレワークを導入することになり、始業・就業時間を変更することになりました。 現状、休憩時間を除き1日8時間 始業10時 就業19時で固定ですが、 テレワーク時は5時から22時の間で1日8時間勤務。コアタイムなし。深夜勤務・休日勤務は基本禁止し、所属長の許可制にする予定です。 その場合、就業規則をどの...
テレワーク(在宅勤務等)について
いつもお世話になっております。 弊社においてテレワーク制度の導入プロジェクトが発足しました。 在宅勤務に限らず、サテライトオフィス勤務、フリーアドレス等様々な制度を検討しようと思っております。 導入目的の順位としては①多様な働き方による生産性向上②ワークライフバランスです。 そこで今回、現場の...
テレワークの考え方
当社は、機械の製造・販売業で、複数の製造事業所と営業拠点があります。 製造現場の技能員においては、クレーン・リフト等の生産設備を使用しますのでテレワークは考えられません。但し、介護や育児で出社しづらい一部の社員のことを想定し、テレワーク制度を設け、働き方改革を行いたいと考えます。しかしながら自宅勤務...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人事システムが人材マネジメントの基盤を作る! <br />
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

人事システムが人材マネジメントの基盤を作る!
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

地方の企業は厳しい経営環境にあります。地域経済をけん引する地方銀行では...


世界の有力ビジネススクールも大注目!<br />
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

世界の有力ビジネススクールも大注目!
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

会社の休み時間に、同じような経験や悩みを持つマネジャーが自主的に集まり...