企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第8回】
ウィズコロナのいま、求められるキャリア開発支援とは?

法政大学 教授

田中 研之輔さん

タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ

令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事という仕事で関わる<同僚たち>へのキャリア開発支援。このゼミでは、プロティアン・キャリア論をベースに、人生100年時代の「生き方と働き方」をインタラクティブなダイアローグを通じて、戦略的にデザインしていきます。

タナケン教授があなたの悩みに答えます!

プロティアン・ゼミも第8回を迎えました。緊急事態宣言もあけて、日常の暮らしが戻ってきていますね。これからの働き方は、新型コロナ禍で一気に導入の進んだテレワークと、職場での対面ワークとの「ハイブリッド・ワーク」になっていきますね。

さて、質問です。

Q. あなたは自らどのようにキャリア開発をしていますか?
人事としてどのようなキャリア開発支援をおこなっていますか?

いかがでしょうか?

今回は、ウィズコロナの時代に必要な「キャリア開発(Career Development)」について考えていきます。「キャリア開発」とは、「キャリア(Career)」と「開発(Development)」を掛け合わせた言葉です。

キャリア(Career)という言葉は、よく耳にするようになりましたね。「人生100年時代のキャリア」という文言をみる機会が新聞紙面やネット記事でも増え、キャリアという言葉が意味する内容も、近年、広く認識されるようになってきました。

キャリアとは、ビジネスの実績や成果のみを指すのではなく、働き方や生き方の全てを含む「軌跡」を意味します。「軌跡」というと「これまでたどってきた道=過去」のことが想起されると思います。しかしキャリアでは、「これからたどっていく道=未来」のことも考えていきます。

つまり、キャリアとは「過去」―「現在」―「未来」をつなぐ「軌跡」として理解しておくようにしましょう。プロティアン・ゼミでもこのキャリアの視座に基づき、これまでを振り返り、今を見つめ、これからどうしていくかを連続性の中で捉えてきました。

一方で、開発(Development)という言葉は、システム開発、事業開発、土地開発など、さまざまな日常的場面で用いられています。開発は「何かを創り上げていく」という「プロセス=過程」に重きが置かれた言葉として用いられていますね。キャリアの考え方にひきつけて述べるなら、ただ単に「これからたどっていく道」をイメージするだけでなく、「より良くしていくための道」を構想していく手段が開発になるのです。

 「過去」―「現在」―「未来」の軌跡からなる「キャリア」と、これから「何かを具体的に創造」していくという「開発」という言葉をかけあわせているのが「キャリア開発」です。

キャリア開発には、次の二点の狙いがあるのです。

(1)あなた個人がこれまで培ってきたビジネス経験を活かして、これからのキャリア形成をより良くしていくこと
(2)組織があなたのビジネスパフォーマンスを恒常的に上げていくこと

つまり、キャリア開発とは、<個人と組織>をつなぐ実践的な考え方なのです。

このようにキャリア開発を難しく捉える必要はありません。あなた自身がこれからの自分自身のことを企業に任せないこと。自ら主導権を握りキャリア形成をしていくための方法としてひとまず、イメージを膨らませておいてください。

誤解をしてはならないのは、次の点です。

キャリア開発とは、自分だけよければそれでいい、というような身勝手な考え方ではありません。組織にキャリアを預けないとしても、まずは、いま雇用されている職場であなた自身がベストなパフォーマンスを発揮するための準備であり、心構えであり、具体的な取り組みなのです。

言い方を変えるなら、「あなたらしさをしっかりと発揮しながら、組織内での関係性も大切にしながら働き続けていく」手助けとなるのが、「キャリア開発」なのです。

【第8回】 ウィズコロナのいま、求められるキャリア開発支援とは?

個人視点からのキャリア開発

個人の視点からのキャリア開発を考えるときに、参考になるのが「キャリア自律」という考え方です。

キャリア自律とは、社会変化に適合し、自ら主体的にキャリア開発をしていく継続行為の総体です。例えば、ミドルシニアのキャリアは定年後の生活の安定について考慮しておく必要があります。「ポストオフになり初めて給与明細を見たときのショックは大きかった」と、多くの当事者が心境を口にします。自ら主体的に成長していく意志を持ち、個人が自らのキャリア開発を理解し、主体的に準備・行動することが望まれています。

企業視点からのキャリア開発

キャリア開発は、組織が社内で実施する人材開発に加えて、個人が主体的に能力を高めていく行為の両方を含んでいます。

個人が主体的にキャリア開発について向き合うきっかけとなるキャリア開発研修は、入社後、定期的に実施されているわけではありません。これまでは新入社員研修や、階層別研修として実施されてきました。

日本的経営が歴史的転換を迎える今、社内教育制度も当然変化していかなければなりません。ですが、企業においては若手、中堅までを対象とした研修が依然として多いのです。キャリア中期からキャリア後期の研修が手薄なのです。それぞれの年代での役割・責任を明確にしたうえで、人生100年時代のキャリア開発を構築していかなければなりません。

個人にとっても、企業や組織に自らが雇用され得るに有能な人材として認められて評価され、自らの雇用を引き続き確保することは、何よりも重要課題です。その支援者として、企業・組織のインフラを社会と組織内部に作るべきと強調していますが、まだまだ道半ばです。

従業員個人がキャリアオーナーシップを持ち、社内外の広い選択肢を視野に入れてキャリア開発をすることが必要です。従来は入社後の終身雇用が前提であり、キャリアは会社が作ってくれますが、景気の悪化に対応できない、定年後は再雇用しか道がない、という制度設計でした。

しかしウィズコロナの時代には、「従業員は組織にキャリアを預けず、自らキャリアを開発する」「組織は社員のキャリア開発を支援する制度を整えていく」ことが必要です。

キャリア開発のきっかけ

キャリア開発は、次のような声を耳にしたときがスタートです。

「実務担当者となり、挫折感を抱いている」
「仕事の変化に困惑し、不満を募らせている」
「仕事がマンネリ化して、面白さや興味が見つけづらい」
「責任がなくなり、リーダーシップを発揮できない喪失感がある」
「会社に対する信頼や愛着が薄れ、会社からの期待や自分の存在価値や意義が見つけにくくなった」

これらは、ミドルシニア世代の心の内を代弁した語りです。サニー・ハンセンは著書『キャリア開発と統合的ライフ・プランニング』(2013)の中で、不確実な今を生きるための重要課題として次の六つをあげています。

(1)変化するグローバルな文脈の中でなすべき仕事を見つける
(2)人生を意味ある全体の中に織り込む
(3)家庭と仕事をつなぐ
(4)多元性と包含性に価値を置く
(5)スピリチュアリティと人生の目的を探求する
(6)個人の転換と組織の変化のマネジメント

大きく変化している社会において、個人のキャリア発達と組織のキャリア開発の相互作用が不可欠なのです。

図:キャリア開発支援の枠組み

(田中研之輔・浅井公一・宮内正臣 『ビジトレ:今日から始めるミドルシニアのキャリア開発』2020.p.220)

(田中研之輔・浅井公一・宮内正臣 『ビジトレ:今日から始めるミドルシニアのキャリア開発』2020.p.220)

しかし、未だに特定の組織内でのキャリア(Organizational Career)を中心に考える人が少なくありません。個人のキャリア開発までを組織に委ねた弊害が未だに解消されていないのです。

「発達(development)」は個人においては言葉通りの発達、組織においては「開発」を指します。個人と組織のdevelopmentが問われています。

ウィズコロナの幕開けは、キャリア開発の個人の取り組みを見直し、組織としても新たな人事施策を構築していく良きタイミングです。個人で今すぐ始めることができるキャリア開発については、第5回のゼミで取り上げています。

組織での取り組みについては、NTTコミュニケーションズ社のキャリア開発支援の事例を書籍『ビジトレ』にまとめました。参考にしてみてください。

キャリア開発とは、形式的なプログラムではありません。変化に適合するビジネスシーンの現場で必要とされるきわめて実践的なアップデートなのです。


田中 研之輔さん(法政大学 教授)
田中 研之輔
法政大学 教授

たなか・けんのすけ/博士:社会学。一橋大学大学院社会学研究科博士課程を経て、メルボルン大学、カリフォルニア大学バークレー校で客員研究員をつとめる。2008年に帰国し、現在、法政大学キャリアデザイン学部教授。専門はキャリア論、組織論。<経営と社会>に関する組織エスノグラフィーに取り組んでいる。著書25冊。『辞める研修 辞めない研修–新人育成の組織エスノグラフィー』『先生は教えてくれない就活のトリセツ』『ルポ不法移民』『丼家の経営』『都市に刻む軌跡』『走らないトヨタ』、訳書に『ボディ&ソウル』『ストリートのコード』など。ソフトバンクアカデミア外部一期生。専門社会調査士。社外取締役・社外顧問を18社歴任。新刊『プロティアン―70歳まで第一線で働き続ける最強のキャリア資本論』。最新刊に『ビジトレ−今日から始めるミドルシニアのキャリア開発』


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった1
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんが参考になったでオススメしました
東京都 情報サービス・インターネット関連 2020/06/29

 

1件中 1~1件を表示
  • 1

編集部注目レポートのバックナンバー

テレワークを実践していく上での課題とは何か。また、その解決のために人事が考えるべきこととは【『日本の人事部』テレワーク記事まとめ】
テレワークという働き方が求められる中、従業員同士のコミュニケーションを活性化し、企業としての生産性を高めていくにはどうすればいいのでしょうか。ここでは、『日本の...
2020/08/06掲載
有賀 誠のHRシャウト! 人事部長は“Rock & Roll”
【第7回】人事部とリーダーシップ(その3):リーダーの姿勢
さまざまな課題を抱える、人事部長。常に明るく元気に突き進んでいくにはどうすればいいのか? さまざまな企業で人事の要職を務めてきた有賀誠氏が、課題解決のためのヒン...
2020/08/05掲載
タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第9回】
組織人でありながら、キャリア・オーナーシップを持つために――プロティアンの6タイプを意識しよう
令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事とい...
2020/07/27掲載

関連する記事

ライオン株式会社:
人事部門が社員を「学ばせる」研修はもう終わり
自律的な学びを後押しする「ライオン・キャリアビレッジ」の効果とは
eラーニングなどの仕組みを作っても、使われなければ意味がありません。Edテックという概念もあるように、昨今は学び方が多様化していますが、ベースになるのは本人の主...
2020/08/07掲載となりの人事部
タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第7回】
「新たな人事」にむけて: 新型コロナ対応でテレワーク中の社員に、人事が今こそ届けるべきメッセージとは?
令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事とい...
2020/05/25掲載編集部注目レポート
高橋俊介さん:
不確実性の時代に企業や人事はどう行動すべきか
「変化対応能力のある組織」をつくるダイバーシティとキャリア自律
グローバル化によるビジネス環境の急速な変化、少子高齢化にともなう人手不足、働き方改革への対応、さらには突然の大規模災害や感染症に備えての対策まで、企業はさまざま...
2020/05/08掲載キーパーソンが語る“人と組織”
タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第5回】
経験を積んだミドル・シニアは、どのようにして新しいことへチャレンジすればいいの?
令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事とい...
2020/03/26掲載編集部注目レポート
タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第4回】
本当は違う仕事をしたいとき、今の仕事とどう向きあい、何を準備すればいいの?
令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事とい...
2020/02/26掲載編集部注目レポート

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる<br />
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

日々の業務に熱心に取り組む社員の視野を広げ、より中長期的な目線でキャリ...